年越し派遣村の湯浅誠さんの講演会に行きました!   

 昨年はリーマンショックからの流れで、さんざんな年でした。日本近代史上、第2の無血革命がおこって、民主党政権になったのも印象的でした。年末、鳩山さんが、「仕事も寝るところもない人は、どうぞ、ここを用意してます。」 といったのが、年越し派遣村。 湯浅さんは、ここの村長をしました。(記憶に残ってます?)
c0219595_23593927.jpg

 ホームレス支援を長年やってきた功績を買われて、内閣参与という役職についたのです。・・・

 さち先生は、彼の講演会に行ってきました。湯浅さん、学生さんみたいだけど、立派なアラフォー世代。Tシャツとジーンズといういでたちで、ひょうひょうと会場に現れました。
 
 日本は、2006年から歴史的な人口減少社会に突入しました。ワーキングプア、なんて言葉もこの頃からで、貧困なんて言葉は、当時、湯浅さんたち以外まだ使ってなくて、マスコミの目に留まりました。
 貧困と貧乏は違う。貧困イコール無縁(友達も家族もないって意味ですが)というのも驚き。
 日本が右肩上がりだった頃。日本は、国の下に大きな企業があって、その傘の下に小さな企業も、家族も守られていたけど、今は、その傘がすぼんでしまった。どんなに努力しても、その傘に入れない人がいる。

 たとえば、10人イチロウがいても、半分は、絶対にタイトルがとれない、みたいなものだとか。
 リーマンショックの時、外国ではたくさんのデモがおこったけど、日本はとっても静かで、代わりに、自殺者がどっと増えた。死んでいく人たちは、自分の努力不足をせめて、自殺するときにおよんでまでも、「ごめんね」、と遺書にしたためた。

 これは、どういうことでしょう。湯浅さんは言っていました。生活保護や、失業保険から、もれていく人がたくさんいる。日本の制度は、点が、ぽつんとばらばらに存在していて、点と点の間は闇になっていて、そこに落ちている人々のセイフティーネットがない。だから、その闇を照らすシステム作りに、内閣参与にもどりました。

 湯浅さんが、強調していたのは、貧困対策には、これさえやればと言うスーパープロジェクトはない。・・・こまごまとしたことを地道にやっていって、決め細やかな政策を積み重ねていくしかない。(残念ながら)

 さち先生は、湯浅さんの特集番組ですっかりファンになっていたものですから、公演のあとは、彼の本をもって、「サインくださ~い。」とちょっとした追っかけみたいでした。(待合室にその本おいときます)
「東大卒業して、もしかして、普通の就活とかやってないんですかあ?どうやって食べていらっしゃったんですか?ご両親ってそのときどんな感じだったんですかあ~?奥さんっていらっしゃるんですかあ?」
 うちのあんちゃん(いい子の安藤先生)が苦笑するような、ミーハーな質問をあびせて、湯浅さんに笑っていただきました。
食べれたか、って?なんでも、ホームレスの方といっしょに、ちょっとしたなんでも屋さんみたいなことをしてたとか。(企業家としても才がありそう)

 いわゆるエリートコースから離れて、就活しなかったとき、ご両親の周囲に、「まことちゃんの話はするな」と言う暗黙の了解が存在していたとか・・。内閣参与ですもの。今は違うでしょうけど。

 湯浅さんかなり頭いいです。活動家に共通するむんむんの熱気は感じず、それがまた、今風。

民主党政権は、最近旗色悪いですけど、こんな方を、登用するなんて、やっぱりすごいんじゃないかな。と思った私です。 会場の皆さん、湯浅さんのお話に感銘を受けて、ここににわかにミーハーな、「福岡湯浅さんを守る会」が発足しました。(写真、美女ばかりでしょう)
 やれやれ、湯浅さん、翌日の大阪講演は大丈夫だったかしら。

☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ


 
福岡市早良区の矯正歯科 
 
 

by urakawasika | 2010-05-27 00:12 | この人語録 | Comments(8)

Commented by けい at 2010-05-27 20:50 x
さち先生...うれしそうです!

それは冗談ですが^^ 湯浅さん素敵な方ですね。
人の為に一つのことをずっとやり続けるなんて..
世の中まだ捨てたものじゃありませんね。
貧困・の意味も初めて知りました。
どんなに努力しても...おそろしい現実です。

私は アルピニストの野口さんの講演に行ってみたいです。
Commented by さち先生 at 2010-05-28 09:20 x
 湯浅さんいい感じだったです。なんか、名誉欲とか金銭欲とか、ちょっと欠落してる感じがいいですね。スナフキンみたいでした。知り合いの先生にメールをいただき、週刊誌で、湯浅さん、寄付金使途不明みたいな、スキャンダルを書かれたと教えてくださいました。
 ほんと、ちょっと偉くなると、すぐに、そういう風な意地悪をする外野って、いるんだなと思いました。

 野口けんさんも素敵ですよね。彼は、めちゃくちゃインターナショナルなので、これからの日本を背負っていくいい人材でしょうね。マッチョでたくましいし。
Commented by けい at 2010-05-28 14:43 x
せんせい~:;
昨日の夜やっとBOOK2を読み終わって..
入り込み過ぎて身体がつらくなり~..(本が重いせいなような気も..)
マッサージに駆け込んでしまいましたよ~..。
どこが賛否両論なのか?..
まだ3を読んでいませんが 村上春樹 言いたいことが
めいいっぱい詰まった力作だと思いました。
あと何回か読みたいけど返さなくちゃ..。

スナフキンみたい!まぁすてき!!
有名になると悪いことも付いてきますね。
真実は本人にしかわかりませんよね。


Commented by 酒井@医科事務局 at 2010-05-28 19:35 x
遊びにきたら写真載ってて・・・痩せなきゃ(><)←これが第一感想でした。鏡は、結構自分に都合よくうつるけど、写真は現実を見せられて結構残酷ですね(^^;)

さて、先日は総会にて大変お世話になりました。

実は私は業務ではなく、個人的に行きたくて勝手に行ったんです。

そう招かれざる客だったんですね(^^;)

でも図々しさのおかげで浦川先生ともお話できて、守る会にも入会することができ嬉しいです!感謝です(^^)

ところで!!スナフキン!!私もそう思いました。

外見も中身もスナフキンの臭いがします~

私も事務局として、できることを一個一個やっていきたいです。

先生お疲れ様でした。

Commented by urakawasika at 2010-05-29 00:22
けいさん。読んだのね。おもしろかったでしょう。青豆ちゃんかっこいいでしょう。ハードボイルドなのね。彼、主人公の・・・えっと~(名前忘れるなって)彼、好みでした?
でも、怖かったでしょう。私、夜ミステリー読めない人なので、結構、夜中に読んでる時は、トイレ行けなかったもの。(基本的にミステリーはアガザでも、怖い)
 けいさんおすすめの奥田英朗を取り寄せたので、しばらくBook3には行けないと思います。お先にどうぞ!
Commented by urakawasika at 2010-05-29 00:30
 酒井さん、セルフイメージ高いのね~。十分かなり美人ですよ。さち先生なんか、最近捨ててるもんね。写真うつりなんか。あたしがこれで何が悪い!みたいな・・・ははは。
 スナフキンが通じて良かった。年代的に難しいかな・・・と思ったけど、共通認識であるのは非常にうれしい!
 スナフキン、見たいな~。BSとかで見れるんですか?ミイがいいよね。ねえムーミン、って歌ってた人までは知らないだろうね。ここまで共有したいってのは、無理なお願いでした。
Commented by けい at 2010-05-30 23:26 x
はい、怖かったです。
青豆が部屋に行く時は 心臓がドキドキして
何が起こるのか恐怖でした。ほんとミステリーのような。。

今日、文庫で新しく出た奥田英朗の「家日和」を読みましたよ~
家族の短編なので、涙もろい私はちょっと涙でした。
でも普通の人は別に泣かないだろう。

空中ブランコシリーズ、趣味に合うと良いのですが^^♪
Commented by さち先生 at 2010-06-01 19:57 x
やっぱり怖いですよね。ミステリーなら謎とけるはず・・・ブック3ではとけるのかな~
けいさんの好きなワンダーランドはけっこう謎ときしてくれましたよね。あんな感じになるのかな?

<< 普天間に思うこのごろ 開業医のお仕事 >>