61歳で、20以上若く見える宝田恭子先生のビューティーレッスン行ってきました   

c0219595_23554723.jpg
上は女性誌の今月号の特集記事
下:宝田先生は、もちろん真ん中です。私の方がかなり年下なのですが~~。 左も、美魔女のヒロエ先生です。昨日は、多少は勝負服だったんだけどね・・汗
c0219595_00093332.jpg
宝田恭子先生といえば、NHKの”あさイチ"で、美容整形なし、若返り舌体操だけで、モニターさんのほうれい線を1ミリも減らした、究極のアンチエイジング歯科医です。
さち先生、行ってまいりました! 宝田先生のビューティー講座。

宝田先生は、なんと61歳!見てびっくり、まあ、30代でも通りそう。顔だけならまだしも、首までまったくたるみもしわもありません。彼女は、日々診療も現役。中身は、気さくで人情家。素敵な方です。
しかし、その努力たるやすごい。朝起きたらラジオ体操をかかさず、アンチエイジング体操をたくさん編み出し、ご自身も、おこたることなく、実践されています。今や、女性誌のアンチエイジング記事では引っ張りだこの人気者です。みなさん、一度はどこかで目にしたに違いありません。

 実は、5年ぶりに先生にお会いするさち先生です。しかし、前回習った数々のアンチエイジング体操も、最初はがんばったけど、やがて忘れ去り・・・先生のエッセンスのいくつかは、今も私流に消化して、肥やしになり、いろいろなシーンで、活用しているとは思うけど。 なんか、まるで初めて講義を受けたような新鮮さです。やれやれ。

 まわりを見渡すと、受講生の多くは、”美魔女”風女医が目立ちます。・・・そんなことだろうと、私も気張って、勝負日用ワンピースを着て、慣れぬヒールをはいて参加した一日目でした。しかし、二日目は、すっかり疲れて、いつものかっこう。(写真)

 宝田先生の講義をしっかり実践されておられる美魔女風女医に混じって、
「う~ん。時間がない生活ですから、そうですね~。美容に回す時間は極力さきたいタイプなんですう。(汗)・・・着こなしのポイントですか?
診療ズボンからシャツが飛び出していないとか~。ボタン掛け違ってないとか・・・」
てなことを、懇親会で発言して、爆笑をかってしまいました。

しかし、宝田メソッド実習で、鏡の中の自分の顔が、いっきに生き生きして、笑顔もちょっと若々しくなって行くのを見ると、いやいや、宝田メソッドの生き証人宝田恭子その人を見ると、やっぱり、また、私もがんばろう・・・という気持ちがわいてきます。

「ヒアルロン酸注射は、やってる人のその部分が、どんどん固くなってるのを見たことがあります。やってるとこだけパンと張って不自然でした。やはり、私は、健康的に、バランス良く筋肉と骨と血管力で、若々しく輝く女性になりたいです。」

と、先生が言われたのに、私も深くうなずきました。今日から私も、ずぼらはやめ、日々、エクスサイズにトライするぞ~・・・皆さんに伝授するぞ~。


 私が忘れないうちに、どうぞ、みなさんお聞きくださいね。忘れない限り、なんぼでも教えますがな。

猫背さようなら~。消えるほうれい線、スッピン美魔女医! ファイト!(今度はいつまで続くことやら・・・)




by urakawasika | 2017-04-10 00:11 | 季節 | Comments(0)

春になると・・・ >>