低分子フコイダンがガンをやっつける! LMF研究会に参加しました。   

c0219595_16354253.jpg

 先日、LMF研究会というのに参加してきました。LMFというのは、低分子フコダインの略称で、九大を中心に研究されている ガンに効くという健康食品の名前です。

 この低分子のフコイダンというのは、あの納豆やねばねば食品に入っているというフコイダンを、膨大な研究のすえ、低分子化したもので、これを飲んでいる人のガンがどんどん小さくなるということで、研究会が立ち上がりました。
 縁あって、私は、歯科医でありながら、患者さんの癌が、サプリで治るのなら、こんないいことはない、と、参加することにしました。
 数人の歯科医をのぞいて、参加者はドクターばかり。

 ちょっとびっくりしたのは、そこに集まっている先生方は、従来の苦しい癌治療に固執することなく、患者さんに良い方法ならなんでも試す価値あり、と考える、頭の柔らかい先生方ばかり。そして、自院で、低分子フコイダンを患者さんに処方して、余命宣告を受けている癌患者さんが、どんどん改善していく症例をばんばん発表なさいました。

 そして、あるお話は、とても興味深かったです。ある女性の患者さんが、某先生のオフィスに来て、2ミリの胃ガンを見つけてもらったそうです。2ミリで見つかるなんて学会発表ものだそうです。
「これは、小さい! あなたは、絶対完治しますよ。よかったですね~。」
てなことを、患者さんに説明したそうです。しかし、彼女は、暗い顔をして、
「医者って、患者さんにほんとのことを言わないですよね。私って、ほんとは、余命わずかのガンなんじゃないんですか?」
としつこく食い下がったそうです。違う違う! と先生は否定するのですが、彼女の顔は暗いまま。
さて、その後、どうなったかと言うと、彼女は、1ヶ月後に全身転移してしまい、3ヶ月後には亡くなってしまったそうです。

 次に、片肺に大きなガンができてしまった男性の話をしました。彼は、幸い転移もないので、先生は、彼を説得して、肺を摘出しました。しかし、退院する頃になって、残った肺に転移していることがわかりました。男性は、おこって、もう病院に来なくなりました。
 それから、10年、彼は元気に生活していました。

 そうです、ガンとは、心の病気のような側面があるそうです。ここに集まる先生方は、誰も、余命宣告なんてしないんだそうですよ。
これは、最先端の医療だな~と、感心しました。

 この低分子フコイダンは、クリームにもなっていて、たとえば、舌ガンのように、表層に出ているガンには、直接塗ると、小さくなるのだそうです。抗ガン剤のようなメカニズムで細胞を破壊するのではなく、正常な細胞の力をどんどんアップして、自分の力で、ガン細胞を消滅させるのだとか。そのため、クリームは、口内炎や、傷のような、普通の皮膚の病気にも使えて、それを応用して、アトピー性皮膚炎なども、ステロイドなしに改善させている皮膚科の先生の発表もありました。

 なんだか、人を幸せな気分にする研究会でした。もちろん、うらかわ歯科で提供できるように、フコイダンクリームを取り寄せることにしました。

追伸
クリームは、手頃な価格なのですが、サプリは、5万円近くもするので、健康維持には使えないな~・・・と思いますが、ガンと宣告された方、是非試してほしいです。まがい物もあるので、注意してください。念のため、リンクしてみました。
ちなみに、高いな~と、あるドクターにもらしたら、今はやりのオプジーボなんかに比べたら、安いよ! と言われてしまいました。なるほど。
 普通のフコイダインではだめで、低分子にしたことで効果があるそうなので、ご注意



by urakawasika | 2017-09-16 16:44 | 健康,体、病気 | Comments(0)

<< 中年太りに酵素 個人情報、守秘義務・・・って、... >>