個人情報、守秘義務・・・って、なんかな~・・・   

  ちょっと前から、義母の近所の、高齢のご婦人が施設に入居されました。90才を超えて、一人暮らしを続けていて、ご家族は遠方にいらっしゃいました。元気で、週に一度はプールに行ったり、カラオケの仲間と歌ったり、前向きな方でした。それが、少し認知症の症状を呈してきたことで、ご家族が、施設に手続きをしたようです。

 義母が時々施設を訪問していました。彼女は、家に帰りたい、と言いながら、正月さえ施設から出ることなく、毎週行っていたカラオケも何もかも、そこからは出れない様子だと、義母は、気の毒そうに、私に報告しました。彼女の家は、住人を失い、ひっそりとして、植木だけが伸び放題になっています。

 ある時、義母のところに彼女のカラオケ仲間の一人から電話がかかってきました。
「○○さん、どうしたんですか? 家の電話もなくなってるし、連絡がまったくとれないので、前通っていたデイケア施設に電話して問い合わせたんです。そしたら、守秘義務があるから、教えられない、って言われて・・・・」

義母はやれやれという顔をして、そのエピソードを話しました。
「守秘義務ね~・・・確かに、おれおれ詐欺とか、色んな人いるから、わかるけど、寂しい話ね。」

 なんせ私は、守秘義務だの、個人情報だの、そういうのを声高に言わない時代の人間なので、時代の必要にせまられて登場した最近の風潮に、ちょっとうんざりします。
もし、軽々しく、”個人情報”を電話口で教えて、誰かに訴えられたら、好意で教えた方が負けちゃうでしょうから、職員だって軽々しく教えられないのもよくわかりますが。

 でも、私なら、寂しく施設で暮らしているご婦人のために、電話口の相手をメモし、本人や、ご家族、同意を必要とする方に報告して、希望とあれば、またおりかえし、その方にお電話差し上げる、とかなんとか、エネルギーを人絞り、してあげたいな、と思います。

うちのスタッフだったら、絶対対応を注意するな、と思いました。

 個人情報、守秘義務。こういう言葉って、悪意の人たちがいなければ、そこまで、ぎすぎす舞台上に上がってくるような名詞ではないと思います。時代だから、しかたありませんが、本来、人間の交流って、もっとルーズでファジーなもの、遊びと余裕がたくさんある上着みたいなものだと思うのに、まるで、きちきち、一分のスキもない、かっちりしたスーツみたいに、最近は、ほんと生きにくい。そう感じるおばちゃまです。

ふと、その老齢のご婦人の家の、伸び放題の植木がカットされていました。聞くと、昔の友人が、何も言わずに、してくれていたそうです。そのことを遠方にいる若いご子息も知らぬまま、・・・・色んな思いがよぎります。


# by urakawasika | 2017-08-18 12:42 | 社会 | Comments(0)

「ありがとう」「すみません」言おう、キャンペーン希望   

昔より、ありがとうとか、すみませんとか、言ってもらえる回数が減った気がします。
立て続けにこんなことを体験します。

ある日、前を歩く高校生が落とし物をしたので、すかさず拾ってさしあげたら、
「あ」
と、言って行ってしまいました。

ある人に、たのまれていたある物を送って差し上げたら、やっぱり、うんともすんともない。

自転車が後ろから来て、もう少しでぶつかりそうになって、思わずよけました。自転車の彼は、私をじろっと見て通り過ぎていきました。

我が家の前で、接触事故があって、警察がやってきて、我が家の駐車場に何も言わずに車を停めて事故処理をしてました。私、そばにいますけど~・・・

自転車の親子連れのお子さんの自転車が、ころんでしまったので、駆け寄って、おこしてあげたけど、ママは、知らん顔で行ってしまいました。

やれやれ・・・・なんか疲れますね。「ありがとう」も、「すみません」も、言うだけは、ただ! だから、言えばいいのにな~。

前述の高校生の時は、振り向きざまに、きっと「ありがとう」と言うだろうと、疑いもしなかったので、こっちも、満面の笑顔で、
「落としましたよ。」

と声かけました。

私の笑顔だけが、宙を舞って、行き場をなくしていたっけね~。

こういう時って、こっちの気分も、とってもマイナスになって、その後の活動に影を落としたりします。そこで、ちょっと、ありがとう、とか、すみません、とか言って下されば、むしろ、良い気分が心をしめて、
「いやいや、こちらこそ。」
って感じになるんですけどね。

最近は、こういう気分の悪い対応は、もはやあたりまえ、と思うくらいにしてないと、こっちまで、気分的にまきこまれてしまいます。

昔も、こういうことはあったけど、確実に確率が上がってる。昔は、何も言わない、というのが、時々。今は、「ありがとう」、「すみません」、を言われるのが、時々。になってしまったようです。

 なんか、疲れますけど、自分は、ちゃんと言おう、子どもはちゃんと言える子にしつけよう。・・・スタッフも、言えない子が入ったら、ちゃんと言えるようにアドバイスしよう。
と思います。
ありがとう、すみません。心のこもった言葉は不思議です。それだけに終わりません。言葉は、花束のように、もらった人はとてもうきうき活力をもらいます。生きていく限り、言葉の花束をたくさんの人にさしあげたい、と思います。

交通安全キャンペーンみたいに、「ありがとう」「すみません」を言おうキャンペーン、国をあげてしたらどうなか~と思います。もはや、あたりまえとはいかなくなってる世の中です。



# by urakawasika | 2017-06-17 15:54 | 社会 | Comments(2)

61歳で、20以上若く見える宝田恭子先生のビューティーレッスン行ってきました   

c0219595_23554723.jpg
上は女性誌の今月号の特集記事
下:宝田先生は、もちろん真ん中です。私の方がかなり年下なのですが~~。 左も、美魔女のヒロエ先生です。昨日は、多少は勝負服だったんだけどね・・汗
c0219595_00093332.jpg
宝田恭子先生といえば、NHKの”あさイチ"で、美容整形なし、若返り舌体操だけで、モニターさんのほうれい線を1ミリも減らした、究極のアンチエイジング歯科医です。
さち先生、行ってまいりました! 宝田先生のビューティー講座。

宝田先生は、なんと61歳!見てびっくり、まあ、30代でも通りそう。顔だけならまだしも、首までまったくたるみもしわもありません。彼女は、日々診療も現役。中身は、気さくで人情家。素敵な方です。
しかし、その努力たるやすごい。朝起きたらラジオ体操をかかさず、アンチエイジング体操をたくさん編み出し、ご自身も、おこたることなく、実践されています。今や、女性誌のアンチエイジング記事では引っ張りだこの人気者です。みなさん、一度はどこかで目にしたに違いありません。

 実は、5年ぶりに先生にお会いするさち先生です。しかし、前回習った数々のアンチエイジング体操も、最初はがんばったけど、やがて忘れ去り・・・先生のエッセンスのいくつかは、今も私流に消化して、肥やしになり、いろいろなシーンで、活用しているとは思うけど。 なんか、まるで初めて講義を受けたような新鮮さです。やれやれ。

 まわりを見渡すと、受講生の多くは、”美魔女”風女医が目立ちます。・・・そんなことだろうと、私も気張って、勝負日用ワンピースを着て、慣れぬヒールをはいて参加した一日目でした。しかし、二日目は、すっかり疲れて、いつものかっこう。(写真)

 宝田先生の講義をしっかり実践されておられる美魔女風女医に混じって、
「う~ん。時間がない生活ですから、そうですね~。美容に回す時間は極力さきたいタイプなんですう。(汗)・・・着こなしのポイントですか?
診療ズボンからシャツが飛び出していないとか~。ボタン掛け違ってないとか・・・」
てなことを、懇親会で発言して、爆笑をかってしまいました。

しかし、宝田メソッド実習で、鏡の中の自分の顔が、いっきに生き生きして、笑顔もちょっと若々しくなって行くのを見ると、いやいや、宝田メソッドの生き証人宝田恭子その人を見ると、やっぱり、また、私もがんばろう・・・という気持ちがわいてきます。

「ヒアルロン酸注射は、やってる人のその部分が、どんどん固くなってるのを見たことがあります。やってるとこだけパンと張って不自然でした。やはり、私は、健康的に、バランス良く筋肉と骨と血管力で、若々しく輝く女性になりたいです。」

と、先生が言われたのに、私も深くうなずきました。今日から私も、ずぼらはやめ、日々、エクスサイズにトライするぞ~・・・皆さんに伝授するぞ~。


 私が忘れないうちに、どうぞ、みなさんお聞きくださいね。忘れない限り、なんぼでも教えますがな。

猫背さようなら~。消えるほうれい線、スッピン美魔女医! ファイト!(今度はいつまで続くことやら・・・)




# by urakawasika | 2017-04-10 00:11 | 季節 | Comments(0)

春になると・・・   

 春が来ると、来られる患者さんの多くが、新しいステージに入ったことを告げてくれます。
卒業、入学、転勤、一人一人にドラマがありますね。
私も、過去、卒業、転居、就職・・・・など、多くのステージを超えてきましたが、今は、うらかわ歯科で、日々診療にたずさわる、一見同じような毎日が続いています。
 まわりの方々のように、転居したり、職場が変わったりはしていませんが、振り返ってみれば、この場所で過ごす日々も、いくつかのステージがあったな、と思い起こします。まず、まわりのスタッフのメンバーが変わっていきました。結婚でやめた人も、個人的な理由でやめた人も、開業23年ともなると、数十人にのぼり、その後年賀状で、近況を知る人もいますが、今は、どうしておられるか、ぜんぜんわからない方もたくさんいます。

開業当初、二人だけしかいなかったスタッフの一人は、今もうらかわ歯科のメンバーです。お互いにいい年になってしまいました。人生のひとときを、いっしょに過ごしたというのは、やはり、すごいご縁なんだな、と思います。お互いにしっくりいかなくて、お会いして短い時間でお別れになる人間関係もありますが、それでも、やはり、出会いというのは、私の人知をはるかにこえたところで、神様の采配があると思っています。

だから、別れるときは、できるだけ、相手によくしてあげたいな、と、思う私です。

不思議とそうすると、次に出会う方は、良い方だったりするような気がします。目に見えない神様の手を信じているというのは、はたから見たらおめでたいように感じられるかもしれませんが、マイナスも、プラスになる力があります。

さて、4月から、うらかわ歯科の周りの街は、同じように見えても、近くの学校の構成メンバーが刷新され、マンションの住人もいれかわり、まったく別物になっているに違いありません。

去っていく人、また出会う人、どうぞ、おのおのに、神様の祝福がありますように。

# by urakawasika | 2017-03-13 10:34 | さち先生ブログ | Comments(0)