カテゴリ:うらかわ歯科エピソード( 17 )   

うらかわ歯科の新人君。CTレントゲン   

c0219595_12588.jpg

  うらかわ歯科の今年の一大ニュースは、年頭に、レントゲンシステムが最新のものになったことです。 
CTが撮れるデジタル機に入れ替えました。多大なる出費です。やれやれ。
 でも、入ってしまうと、もうあとには戻れません。すさまじい恩恵にあやかっています。CTなどは、ただ一言すごい!につきます。
IT技術で、骨格、歯もろとも、三次元に組み直して、目の前で、立体化して見せてくれます。今のドクターは、卒業したてで、こういうのが、あって当たり前になるのだから、ハッピーと言っていいのかもしれません。

だいたい、小さな一診療所がCTを持つなんてこと、世界広しと言えども、一部の先進国にしかありません。なんたって、世界のCTの半分以上は日本にあるそうで、私たちの常識は、世界の非常識と言われてもしかたありません。

 うらかわ歯科に以前あったアナログのレントゲン機は、業者に引き取られていきました。日本国にあっては、古い機械かもしれませんが、これも、後進国に持って行くと、現役ばりばりに活躍して、患者さんのためにたくさん貢献します。
 それに、後進国に持って行くんだったら、デジタル機器より、こういう昔からあるアナログ機器の方が、ずっと現実的です。パソコンの不調が少しでもあれば、まったく使えない代物になる繊細なデジタル機器は、日本にあってこそ、活躍できます。

 業者さんが、長年つれそった、うちのレントゲンを撤去して持っていく時に、こっそり、私は、レントゲンに手をおいて祈りました。
どうぞ、我が家のこのレントゲン君が、まだまだどこかで、たくさんの人の役にたつように。できれば、遠い国で、見ず知らずの人の病を治すお手伝いができるように。

 今頃、彼は、どこでどうしていることやら。
 まだまだ使えたあのロートルは、すっかり、うらかわ歯科医院では忘れ去られてしまいましたが、どこかの国で、今も大活躍してくれていたらいいな~と思います。

 しかし、素晴らしい機能のCTも、まだまだちょっと完璧に操作できてない私です。患者さんをセッティングしながら、
「え~っと、この設定で良かった~?」
とか、マスターの早い若いスタッフの手をとっております。

 時々、連携するパソコンがフリーズしたりして・・・サポートセンターに電話したり。機器の癖をつかむのにもちょっと手間がかかります。

 たぶん、皆さんが、定期検診においでになられるときは、スムーズになっていると信じましょう。(笑)
 でもね~。こんなベストな機器で治療をするのが、当たり前になってる日本人のドクターが、医療後進国に派遣されたら、たぶん、切り替えに随分時間がかかることでしょうね~。

by urakawasika | 2015-02-09 12:06 | うらかわ歯科エピソード | Comments(0)

春爛漫、行く人来る人   


桜がそろそろ終わりそうです。は~~~。さち先生なんかため息。春は別れの季節です。

 長年勤務してくれたみゆきさんが退職。ゆりこさんは、二人目を出産。当分仕事を離れます。いっぺんに、二人いなくなってしまうと、しばらく、立ち直れません。(泣)先日は、産後復帰したばかりのりかさんが、ご主人の転勤で遠くに行ってしまったばかりです。(持って行かれてしまった・・・・涙)

 春なのに・・・おわか~れなのね。って曲が昔ありました。ちょっと古いですが、この詩のの意味が



 私の年齢になると、なんか、いつも送り出してばかりです。
 若い時って、考えたら、いつも送り出されてましたよね。入学とか、卒業とか、就職とか、結婚とか、引っ越しとか・・・・・


 いつからだろう。いつも送り出すばかりに回ってました。人生とは、そういうものなのだな、と、桜の下で思います。ず~っと、送り出してばかりを繰り返して、最後は自分が天国に送り出される。人は、皆順送りとは言うけれど、確かに、来た道を対岸に渡って、昔通ってきたところを見ながら走っているような感じです。

 まあいいや。にこやかに、みんなの幸せを祈って、しっかり送り出してあげようっと・・・・

と思っていると、玄関に懐かしい顔です。2年前に、ご主人の転勤で、泣く泣く東京に送り出した、もとスタッフの茜ちゃんが、子どもさん二人をつれて、東京から福岡にがい旋してきました。
 お~、元気?
子ども大きくなったね。また下に赤ちゃんが生まれてました。福岡に遊びに来たついでに寄ってくれました。うるうる~泣。
c0219595_18562646.jpg


 うらかわ歯科にまた勤めた~い。なんて可愛いこと言ってくれるじゃないの。外交辞令でも、さち先生うれしいです。どこでもドアがあったらいいのにな~。

文才があれば、ここで短歌のひとつも作りたい心境です。
送り出す人も、送られる人も、めぐってきた春の風がやさしくふれます。人生桜は100回も見れないだろうね・・・毎年、色んな思いで見る花です。


c0219595_18564987.jpg

うらかわ歯科を離れても、どうかお幸せに!

by urakawasika | 2013-04-04 19:05 | うらかわ歯科エピソード | Comments(2)

春爛漫、行く人来る人   


桜がそろそろ終わりそうです。は~~~。さち先生なんかため息。春は別れの季節です。

 長年勤務してくれたみゆきさんが退職。ゆりこさんは、二人目を出産。当分仕事を離れます。いっぺんに、二人いなくなってしまうと、しばらく、立ち直れません。(泣)先日は、産後復帰したばかりのりかさんが、ご主人の転勤で遠くに行ってしまったばかりです。(持って行かれてしまった・・・・涙)

 春なのに・・・おわか~れなのね。って曲が昔ありました。ちょっと古いですが、この詩のの意味が



 私の年齢になると、なんか、いつも送り出してばかりです。
 若い時って、考えたら、いつも送り出されてましたよね。入学とか、卒業とか、就職とか、結婚とか、引っ越しとか・・・・・


 いつからだろう。いつも送り出すばかりに回ってました。人生とは、そういうものなのだな、と、桜の下で思います。ず~っと、送り出してばかりを繰り返して、最後は自分が天国に送り出される。人は、皆順送りとは言うけれど、確かに、来た道を対岸に渡って、昔通ってきたところを見ながら走っているような感じです。

 まあいいや。にこやかに、みんなの幸せを祈って、しっかり送り出してあげようっと・・・・

と思っていると、玄関に懐かしい顔です。2年前に、ご主人の転勤で、泣く泣く東京に送り出した、もとスタッフの茜ちゃんが、子どもさん二人をつれて、東京から福岡にがい旋してきました。
 お~、元気?
子ども大きくなったね。また下に赤ちゃんが生まれてました。福岡に遊びに来たついでに寄ってくれました。うるうる~泣。
c0219595_18562646.jpg


 うらかわ歯科にまた勤めた~い。なんて可愛いこと言ってくれるじゃないの。外交辞令でも、さち先生うれしいです。どこでもドアがあったらいいのにな~。

文才があれば、ここで短歌のひとつも作りたい心境です。
送り出す人も、送られる人も、めぐってきた春の風がやさしくふれます。人生桜は100回も見れないだろうね・・・毎年、色んな思いで見る花です。


c0219595_18564987.jpg

うらかわ歯科を離れても、どうかお幸せに!

by urakawasika | 2013-04-04 18:58 | うらかわ歯科エピソード | Comments(0)

アメリカへ行ったYちゃん   

  夏休みです。大学進学で遠くに行った子どもたち・・・(もう大人といった方がいい)が福岡に帰ってきて、うらかわ歯科を訪れてくれます。
幼稚園から来てくれてる子もいて、その成長ぶりに、驚きます。

Yちゃんは、アメリカの大学に進んだ才媛です。おっとりしているように見えるのに、受験をひかえて、いきなりアメリカの大学に行く・・・と言ったときはちょっとびっくりしたさち先生です。

 久しぶりに会うYちゃんは、なんだか女性らしくなって、Yちゃんなんて、気軽に呼ぶのもはばかられそうです。アメリカの話を根ほり葉ほり、診療そっちのけで聞き出すさち先生。何しろ、外国なんてめったに行けないさち先生は、話がおもしろくてたまりません。

「将来日本に帰ってくる?」

さち先生の質問に、Yちゃんは、少し考えて、
「たぶん、帰らないと思います。アメリカの方が暮らしやすいんです。日本では考えられないけど、みんなフレンドリーで、知らない人にも、すぐに声をかけてくれるんです。
たとえば、身につけているものを見て、知らない人が、それかわいいね・・・とかね。あっちに慣れると、日本はへんな感じです。」

 さち先生は、深くうなづきました。なぜなら、ちょっと前に海の中道に行ったとき、Yちゃんの言う、へんな感じをいやというほど味わったのでした。
子どもづれで、遊具で遊んでいるとき、周りに他の子どもがいたので、さち先生は話しかけたけど、知らん顔されました。おまけに、そのお母さんも、自分の家族以外はまるで、目の前にいない存在かのように、自分の子だけに意識をそそぎます。同じ遊具で、同じように遊んでいる子どもでも、自分の子ででないと、そう簡単には、声かけしません。

 それが、すべてとは言わないけれど、けっこうな人に共通する行動パターンでした。

 う~ん。あんまり感じ良くない・・・

 そうこうしているうちに、雨が降り出して、あずまやに避難。そこへ、若い男女が4人あとからかけこんできます。またもや、おせっかいなさち先生は話しかけます。
「雨、すごいね~。」
 若い子たちが、気持ちよく会話をしてくれるとも思えないけど、おばちゃん、話しかけずにおれないの・・・
すると、すごい感じの良いリアクション。
「子どもさんいくつですか~」
なんてことまで聞いてくれました。でも、よくよく聞くと、なんか発音がネイティブではない・・・そうです。中国からの留学生グループでした。九大に来ているんだそうです。

 やれやれ、留学生なんだね。外国で暮らすにはこれくらいじゃないとやってけないよね。
 日本人は、そもそも単一民族で、そうそうフレンドリーに働きかけなくても、あうんの呼吸で互いにわかりあえる・・・知らない人には、無愛想でぜんぜんフレンドリーじゃないのは、そういう理由があるのかな?

 日本国の外交見てても、誰よりお人好しの国のような気がするけど、一人一人は表面的にはこんな調子。・・・

 若いYちゃんが、アメリカがいいと感じるのも無理ないのかな?

ま、あと何年後もYちゃんの感想は同じかどうか、またまた帰って聞いてみたい気がするさち先生ですが、どっちにしても、おばちゃんの私くらいは、もっとフレンドリーに話しかけよう。知らん顔されても・・・と改めて思うさち先生でした。


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科 小児歯科

by urakawasika | 2012-08-17 18:38 | うらかわ歯科エピソード | Comments(0)

カラーコーディネート講座やりました。   

c0219595_1957368.jpg
 
久々に、うらかわ歯科医院患者さんサロンを催しました。このたびの企画はカラー・・つまり、色を学ぶ。色の専門家、カラーコーディネーターの森みやこ先生をお迎えして、自分にあう色講座をしていただきました。
 
 色といえば、色を人生の仕事としている絵描きさんなどは、けっこう長寿のかたが多いらしく、たとえば、90以上まで生きたピカソなんかは、その代表格で、他にもシャガール、小倉ゆうき・・・など、けっこう、長寿の有名画家の名前が浮かびます。

 これは、色のもつ癒し効果、長寿効果なのだとか。

 患者さんの有志10数名集まっていただきました。

 みんなおしゃれな方ばかりのようです。色の力を借りて、さらに美しくなりたい。女性の心は、いくつになっても美をもとめます。

 さて、色の分類で、春の色、夏の色、秋の色、冬の色というのがあります。こういう分け方は、なんとなく、イメージできますよね。あなたは、春の色がお似合いですよ。と言われれば淡いパステルカラーが似合う。夏といえば、明るい太陽の色がそれ。秋はしぶい茶色系。冬は寒色といわれる、青を基調にしたもの。

 私も、たぶん、出席者全員、そういう風に思っていました。

 しかし、森先生の話を聞いて、それが間違っていることがわかりました。カラーの世界では、まったく違う基準があったのです。

 同じ赤、といっても、春の赤、夏の赤、秋の赤、冬の赤があるそうです。

 つまり、赤青黄色緑・・・etc・・どの色も四季4つの分類がされているようです。

 それは、明るさや、くすみかたで、分けられているようです。あまりに、普段の色の分類のイメージと違うので、ちょっと難しかったですが、ほう!、そうなのか~、と思いました。
つまり、さち先生は、クリアーな冬の色が似合うと判定されましたが、それは、どの色でも、冬のトーンを使えば、似合うということで、あまり好きでない色でも、冬のトーンにすれば似合っちゃうことらしいのです。

 それは、私は赤が似合うけど、緑は似合わない、というような排他的なものではないのです。

 その証拠に、さち先生は、緑って、あんまり着ないのですが、緑もクリアーなタイプは顔にあててすっきり見えました。

 ちょっと、この夏は、嫌いだと思っていた色も、上手に似合うトーンを見つけてトライしようかな~。なんたって、この年になると、いつもかわりばえのない色の同じようなものばかり着ている、おしゃれからは、ほど遠いさち先生です。
 
 でも、いつも診療で着ている、エプロンは、なんと自分にあうトーンでした。知らず知らず、うまく選んでいたんですね。

 

 


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科 小児歯科

by urakawasika | 2012-07-24 19:58 | うらかわ歯科エピソード | Comments(2)

うらかわ歯科の新年度   

c0219595_1644999.jpg

1ヶ月もブログを更新してないので、スタッフに、だめですよ~、と言われてしまいました。なんだか文章が書けないときもあって、ついつい更新をさぼっておりました。
さて、これは書かなくちゃ、というイベントが、ここ1ヶ月うらかわ歯科では目白おしでした。

 4年いっしょに働いてきた良子先生が、事情で退職されることになって、涙のお別れをしました。(残念ながら結婚退職ではありません・・・)良子先生のファンも多かったので、患者さんもがっかりしていらっしゃるかもしれません。癒し系のおっとりした女医さんでした。仕事もがんばってほしいけど、良い男性に巡り会ってくださいませ。さち先生応援しています!

 さて、かわって、秋月先生が、うらかわ歯科に加わりました。女医さん4名、院長1名という、少し、院長が肩身の狭い環境でしたが、秋月先生が来られて、ちょっと職場が雄々しくなりました。(?)秋月先生
は、なかなか頼りになる男子です。

 さて、その合間に、チーフ衛生士が結婚しました。明るく元気な職場の花の、みゆき衛生士。みんなでお祝いにかけつけました。

 お相手は、マラソンが趣味というヘルシーイケメン。みゆきちゃんが、おしゃべりなのと対照的な、寡黙な男性のようです。

ほんとにほんとにおめでとう!  院長、恥ずかしながら、ご挨拶に立ちました。さち先生、妻として、ちょっと心配だったので、前日に原稿チェックさせてもらいました。(笑)なんせ、過去に、院長はへたくそな挨拶をして、私ににらまれたことがあります。(笑)
 今回は、うんいいかな~。みゆきちゃんのエピソードも上手に織り交ぜていました。

 ま、でも、当日、あがってしまって、院長の声のトーンは下がり、あらら・・・暗い!

みゆきちゃん、ごめんね!立ちげいこチェックすべきだった。ま、でも、院長もがんばったんです。許してね!

でも、結婚式はいつ行ってもいいですね。空気が幸せに満ちてます。産休とるまで、今までどおり、働いてくださるそうで、ほんと、ありがとう!旦那様、家事の分担よろしくね。


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科 小児歯科
福岡市早良区の矯正歯科

by urakawasika | 2012-04-27 16:45 | うらかわ歯科エピソード | Comments(0)

お天気おねえさんになった奈々子ちゃん   

c0219595_17212052.jpg
 うちの奈々子職員が退職となりました。
 彼女の経歴はとってもユニークです。
桐朋学園演劇科を卒業して、お天気おねえさんを目指して、気象予報士の勉強中。なんで、そんな人がうちのうらかわ歯科医院に?ときっと思われることだと思いますが、秘書業務を募集しているときに、何を思ったか、彼女は面接にやってきました。
 とても、素敵な笑顔と、前向きな発言にすっかり、さち先生は魅了されて、採用させていただきました。

 直接患者さんにあたる業務ではなかったのですが、週に3日くらい、歯科医院に横たわる、いわゆる雑雑とした業務をこなしてくれました。大きな目と、透き通る声。さすが、桐朋学園演劇科です。

 そのうち、うらかわ歯科演劇隊を作りたいな~。と思いながら、月日は流れ、彼女も、仕事をしながら、目標へと着々と駒を進めていきました。

 さて、時は満ち、奈々子ちゃんも実力をつけ、なんと、待望のお天気おねえさんの道が開けました。

 奈々子ちゃんは、4月から、くまもと朝日放送の帯番組の天気予報を担当できることになったのです。

 4月から、熊本市民は奈々子ちゃんの顔を毎朝テレビで見ることになるでしょう。
 本当におめでとう。未知なる土地熊本で、色んな出会いがあることを祈ります。
 1年間、うらかわ歯科医院を手伝ってくれてどうもありがとう。
みんな応援してま~す。
 ま、慾を言えば、福岡の朝日放送が希望だったけど・・・ユーチューブにアップしてください。見たいです。

 忘年会で突然思い立ってやった、うらかわ歯科聖歌隊で、ナレーションをしてくれたのが昨日のことのようです。まったくハモらないうらかわ歯科聖歌隊で、ゆいいつ、優雅にナレーションをしてくれました。あの声は、もううらかわ歯科では聞けませんね。

 でも、そのうち、福岡局にも採用されて、福岡の顔となるかもしれません。
その時は、うらかわ歯科をよろぴくね~!!


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科 小児歯科
福岡市早良区の矯正歯科

by urakawasika | 2012-03-02 17:23 | うらかわ歯科エピソード | Comments(4)

IP電話と前歯   

  IP電話、って知ってますか?つまり、電話ではなくて、インターネットの回線を使って、電話をするサービスです。

 インターネットは定額使い放題。だから、その回線で電話をすると電話使用料は特別かからないんだそうです。
うらかわ歯科医院は、このたびIP電話にかえてもらいました。おまけに、事業所用のスペシャルな電話器も入れていただき、ボタンがいっぱいついて、たくさんの機能がつくようになりました。

 さて、電話の工事に来られた男性二人のうち、一人がしゃべるのをまじまじと見ていたさち先生は、彼の説明も右から左に抜けていってしまいます。なぜって、彼は前歯が3本虫歯でぼろぼろになっているのです。歳はまだ20代の様子。気の良いしゃべりかたの彼は、笑顔がさわやか、と言ってあげたいけれど、なんせ、マンホールのふたが道路にあいているみたいな、危なっかしい口元。デインジャラスな気持ちになってしまって、どうも落ち着きません。

 ぱくぱく動く口の、そのマンホールをじっと見つめて、さち先生の職業病がふつふつと頭をもたげてしまいます。彼と話すうちに、けっこううち解けて、思わず、そしてやっぱり、おせっかいもののさち先生は言ってしまいました。

「どうしたと?前歯?ぼろぼろやん!」

 彼は、はっと我に返り、口を押さえます。
「時間がないんっスよー。」
「工事ぎっちりつまってるんやね。」
「はい、そうなんです。今年こそは治そうと思っているんですけど・・・」

さち先生はかわいそうになってきます。うちの工事1軒でも、かなり時間がかかっているし、今日だって、お昼ご飯も食べずに予定をこなしているようだった。
「まだ、若いんだから、はよ、治したほうがいいよ。でも、その前歯、どうも抜かないといけないと思うよ。だって、根までぼろぼろだもん。見るからに。」
「え~。やっぱそうですかあ。」
「うん。申し訳ないけど、虫歯もそこまで行くと無理だべ。」
彼はがっくりしています。

「ま、しかたない。土曜日の休みの日にでもおいで。予約入れとく?」

かくして、彼は、うらかわ歯科医院の工事に来られて、翌週から、患者として通うことになりました。

そういえば、さち先生昔のことを思い出します。
診療所の隣にガソリンスタンドがあった頃がありました。ほんとに隣です。そこのスタッフの子が時々うらかわ歯科にやってきてました。
でも、いつも、いよいよ痛くなった時だけ駆け込んできます。でも、またしばらくしたら、皆、中断していきます。不真面目な子というわけでもないのだけど、診療のために仕事を抜けてくることもできないほど、スケジュールが過密だったようです。もちろん、どの子の口の中もとっても悪かったです。

 なんか、隣なんだから、ちょっと抜けて出て来れそうなものですが、だめだったみたいでした。

 そうこうしているうちに、そのガソリンスタンドは撤退してしまいました。スタッフが、歯の治療にさえ通えないくらい働いていたのにね。なんだか胸がつまりました。
インターネットの彼は、がんばってハンサム君にしてあげよう。まだ独身みたいだし。がんばって通うんだよ!


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科 小児歯科
福岡市早良区の矯正歯科

by urakawasika | 2012-01-28 00:34 | うらかわ歯科エピソード | Comments(4)

あらら・・1年が終わっちゃう~   

 あらら。・・一年がもう終わろうとしています。
いつものことながらなんて早いのでしょうね。さち先生は、もうアラフォーと言うのやめようかな~・・・うん。来年からアラフォーはやめることにします。
 で、自称アラフォー最後の忘年会になりました。
c0219595_1713396.jpg

 他医院合同忘年会です。今年は、なんと、新しい試みとして、うらかわ歯科、にわか聖歌隊による「きよしこの夜」を合唱することになりました。さち先生の声かけで、集まったスタッフによる、ぶっつけ本番にほぼ近い聖歌隊でがんばって歌いました。

 練習時間もほとんどとれず、自宅練習と、シフトのあうスタッフだけ、細々練習することほんの少し。パートも下が歌えるスタッフは約1名というおそまつさ・・・
 でも、がんばりました。
 ほんと、並び方もでたらめ。ハモらずばらばら・・・・

 ま、撃沈、といったところでしたが、やることに意義があるのです。今年は、まず、始めたことに拍手。来年は、この教訓をいかし、1か月前には練習を開始して、「アメイジンググレイス」あたりをトライすることにしましょう。

 やるのをいやがっていたスタッフも、やってみると、けっこう楽しかったようです。ほんと、まずは、何でも踏み出すことが大切。踏み出してみたらなんとかやれちゃうものです。

 ま、ばらばらの聖歌隊でしたが、こういう教訓をかみしめたさち先生です。

 子連れスタッフも多くなり、いっしょに参加した子供たちは、いつか、子供の時の思い出に、ママの職場の忘年会で遊んだ記憶が残っていることを願っています。
c0219595_17141529.jpg

 一年間。うらかわ歯科にいらしてくださった患者さんの皆様。業者さん、そしてスタッフ。スタッフの家族。幸多からんことを祈ります。

 今年は東北に大震災がおこって、日本の行く末も不安だらけです。身近な家族を失い、身を切るような思いですごしていらっしゃる方もたくさんおられると思います。
どうぞどうぞ。神様の恵みが限りなくありますように。

c0219595_17144494.jpg


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科 小児歯科
福岡市早良区の矯正歯科

by urakawasika | 2011-12-16 17:15 | うらかわ歯科エピソード | Comments(5)

人の情けに、ちょっと泣けました。   

 忙しさにかまけて、すっかり更新をさぼっていたら、なんと9月も真ん中に入ってきました。おそろし~・・・人生が短いと感じるお年頃のさち先生です。

 うらかわ歯科は2階にあります。残念ながら、ここのテナントはエレベーターがありません。年配の患者さんが、階段を上がってくるのが大変で、申し訳ない時があります。

 さて、食事がずっととれずに、弱ってしまったご年配のAさんが、介護する奥様に連れられて、入院先から車に乗せてもらって来院されました。以前来られた時と比較して、あまりにも、やせているのでびっくり。応急処置をして階下までお送りしました。帰りは、近くのご自宅にいったん帰られるというので、ゆっくり歩き出される後ろ姿を見送りました。
 
 ところが、しばらくして、奥様から電話が入りました。ご主人が、疲れて歩けなくなって、へたりこんでしまった。というのです。

 休み時間だったので、居合わせたスタッフ全員、あわててお二人がうずくまっている何十メートルか先にとんでいきました。
 ご主人は、地面でへばっておられました。体力が消耗しているようで、ほんの少しの距離も動けなくなってしまったようです。
 とりあえず、全員でご主人のやせた体をかかえて、少し先のご自宅へ運ばせていただきました。

 なんとか、おうちにお連れして落ち着き、ほっとしました。奥さんがとても恐縮されて、逆に、こちらが気の毒になってしまいました。

 でも、Aさんの一大事に遭遇して、思わず人の情を目の当たりにした私でした。。
 
 うちのスタッフ。電話を受けた受付スタッフは、まわりのメンバーに声をかけ、留守番をのぞいて、全員出てきてくれたのです。・・・その場に居合わせなかったスタッフも、あとからかけつけてきてくれました。みんな、心配でたまらなかったのでしょう。うわ~。うちのスタッフはやさしいなー。(え~、いつこんなに成長したの?ちょっとスタッフを見なおす。)


 途中、出会ったご近所さんのSさん。Aさんとは顔見知り。いっしょに家まで同行して下さって、私たちが帰った後も、しばらくAさん宅でお手伝いしていらっしゃった様子です。

 そしてびっくりしたのは、私たちがAさんを運んでいると、学校帰りの小学生が何人も寄ってきて、
「大丈夫?ここのおうちの人知ってるけどお・・」
と言って、心配そうに声をかけてくれたのです。

 きっと、Aさんの奥様もうれしかったんじゃないかと思います。
いつも、ご主人の介護をがんばっていらっしゃる、やさしい奥さん。Aさん、早く回復してくださいね。
 やっぱり、人は支え合って生きていくものなのですね。献身的な奥様にも、まわりの人たちにも、
ちょっと感動したさち先生でした。


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

by urakawasika | 2011-09-08 19:14 | うらかわ歯科エピソード | Comments(0)