カテゴリ:聖書( 1 )   

飽き足りている者   

 
c0219595_18555670.jpg

 うらかわ歯科のスタッフトイレに、みことばカードをおいています。小さな箱に、聖書の有名な言葉を、カードに書いて立ててあるのです。
 トイレに入ると、たまに私は、くじのように、その中から一枚をひきます。
今日は
「飽き足りている者はハチの巣の蜜も踏みつける。しかし飢えている者には苦い物もみな甘い。」
 というメッセージでした。

 たしかにな~・・・・昔、うらかわ歯科では、子供の治療が終わると、値段にして、せいぜい100円にもならないような小さなおもちゃをあげていました。何年続けていたかな~・・・でも、なんだか、100均ショップなんかがどこかしこにもできて、そんなおもちゃなんて、ありがたくもないような社会になってきて、差し上げるのも、こっちが気が引ける感じがして、今ではすっかやめてしまいました。
 わが子を見ても、100均で水鉄砲を買ってきたかと思うと、ちょっと前に買った同じような水鉄砲は壊れてしまったのか、おしげもなく捨てています。

 家を見渡すと、ついつい買ってきてしまったどうでもいいようなものがあふれ、片付けの苦手な私なんて、どこからかたずけるべきか途方に暮れますよ。
 商売人は、どうやって買ってもらうか、知恵をしぼり、値段を安くしてけっこう良いものが、昔より、ずっと手軽に買えるようになったと感じます。それでこっちもついつい、欲望を掻き立てられていりもしないものを買ってしまって後悔したり。

 それで、本屋に行けば、断捨離とかいって、物を捨てて、シンプルな暮らしをしましょう、なんていう収納本がとっても売れてるという話です。

 でも、ささやかながらサポートさせていただく、ワールドビジョンジャパン(月々少しの金額で貧困地の子供たちをサポートする団体)で、私がサポートさせていただいている貧困地の子供さんの誕生日に、メッセージカードにそえて、封筒に入るだけの誕生プレゼントを贈るとき、こんなものもらっても、日本の子供はぜんぜん気にもとめないわな~と、思いながら、鉛筆やシール、消しゴム、ハンカチなんぞを、一生けんめい詰め込みます。そんなものが、貧困地のこの子たちには、とってもうれしいプレゼントになると知って、なんだか、送る私のほうがうれしくなってしまいます。

 まさに、聖書の言葉そのもの。”飽き足りている者はハチの巣の蜜も踏みつけ、飢えてるものは、苦い物も甘い。”

 せめて、今日の糧を与えられることを、感謝いたしましょう。

by urakawasika | 2016-06-11 18:06 | 聖書 | Comments(0)