<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

訃報 藤田まことさん。え?菅井きんさんって?   

 c0219595_045920.jpg
婿殿~、って必殺仕置き人でおなじみだった、藤田まことさんが逝ってしまわれました。
私が子供のときから、ず~っと、テレビに出てる人でしたもの。寂しいですね。必殺仕事人の中村主水(もんど)は、大好きでした。昼は、妻と姑から、昼行灯(ひるあんどん)とばかにされ、だめ亭主の代表のようにあつかわれ、夜になると、仕事のめっぽうできるアウトローに変身。悪者どもをめった切り!
 渋すぎるうう~。こういうのかっこいいよね~。大人気でしたね。もしかしたら、うちのお父さんも、家ではこうだけど、外では案外主水(もんど)かも・・・なんて、ふとパパのステテコ姿を見つめたりした人もいるかもしれません。
 永遠のヒーロー、銀幕のスターもやっぱり年をとって、人生に幕引きするんですよね、って、体で理解できるようになった、というのは、自分が年をとってしまったということですね。悲しいけれど。今をときめく、どんなスターも、永遠に続くことはないのですね。人生とははかないものです。

 一人しんみりしていると、突然稲妻のようにある疑問が降ってきました。「婿殿っ!」ってしわがれ声でヒステリックに叫んでいた、お姑さん役の菅井きんさんって・・・・い、い、いくつ?008.gif
藤田さんは76歳でなくなりました。ということは、90~?まさか

 ちょっと調べてみましたら、なんと、藤田さんより7歳だけ上でした。
ということは、婿殿ってやってた時も、たったちょっとだけ年上だった訳ですね。今は83・・・。すごい、大河ドラマに出てるなんて。(今にも死にそうな病気でふせっている祖母役で、龍馬に出てますよ。)

 悲しいかな若い時って、40代も、50代も、60代も、全部ひとくくりに、おばさんおじさんでしたから、そんなこと何も考えませんでしたけど、彼らは、けっこう同じ世代で、年の離れた設定の役をやっていたんですね。

 主水(もんど)亡き後、菅井きんさん、長生きしてほしいな~・・・そしたら自分がまだ若くいられるような気がします。
 
 大河ドラマ、菅井きんさんの映像は、ちょっとお宝ですよ。今度見るときは、心をこめて見ます。

面白ブログランキング。人気ブログランキングへ



うらかわ歯科のホームページ
シルバークレーの贈り物ブランチアンドリーフ 

 

by urakawasika | 2010-02-26 00:06 | 芸能ねた | Comments(4)

歯磨きのあとに食べる変なチョコ。(虫歯予防チョコ?)   

 
c0219595_10594115.jpg
  
バレンタインデー、日曜なので義理チョコの売れ行きは、例年より少なかったんじゃないかな?
 ごくたまに、バレンタインデーにかかわらず、チョコレートの差し入れをいただいたりします。そんな時は、持ってきてくださる方は
 「 歯医者さんにチョコをあげたらいけないんですけどお 」008.gif
 とちょっぴりいけないことをしているように、顔をしかめます。

 そんな時は、「 いえいえ、大好きです。虫歯がなくなったら、歯医者は失業しますから、大丈夫ですよ。」とありがたくいただきます。 実際、チョコレートって、おいしいです。歯科の仕事は、運動量はすくないようですが、かなりの緊張と緩和を延々繰り返す仕事。昼休み以外は、特に休憩もないし、使ってないみたいでも結構頭も使っているようだし、診療の途中にチョコレートをひとかけら口に放り込んで、疲れと低血糖から抜け出すことがあります。
 チョコひとかけらで、グーンと元気になります。そんなこんなで、けっこう、控え室にはチョコがおいてあったりします。

 チョコ イコール歯医者さんの天敵、というわけではないのです。でもやっぱり、チョコを食べたまま寝床につこうものなら、そういう生活を繰り返していたら、やっぱり、歯医者さんのお世話になる人が出来上がるわけで、チョコ イコール 虫歯予防、というわけにはいきません。

 というのが、今までの常識でした。

 でも、世の中には、必ずそういう常識をくつがえして、みんなの鼻を明かしてやろうという人が必ずいるものなのです。そんな人が作ったかどうかはわかりませんが、歯磨きあとに食べる、虫歯予防のチョコレートというのが、この世の中には存在するのを知っていましたか? 私も最初は驚きました。からくりは、というと、キシリトールを使って、ほかにも、虫歯にならない人口甘味も入れて普通のチョコとほぼ同じ味に仕上げたようです。名づけて ”歯医者さんが作ったチョコレート”(歯科医院にしか売っていません)

 今までもキシリトールを使ったガムやキャンデーは、良く見かけましたが、やっぱり、これを作った人は、チョコじゃないといけなかったのでしょうね。でも、やっぱり歯磨きのあとに、チョコなんて、最初トライした時はいまいち、すわりの悪い気分です。

 でも、不思議、普通のチョコと変わらない味です。それから、できるだけ、口の中にとどめておくように、という説明を守ってもぐもぐ食べたあと、(何しろ高いしろものなので、そうそうすぐに飲み込む気にもなりません)だんだん、口の中がすーすーして、チョコを食べたあとにおこる、ねばねば感があるどころか、口の中がクリーンな感じがしてきます。予防というのは嘘じゃないみたい。)

 もうひとつ、と手を伸ばしてもぐもぐ。キシリトールは、体が分解できません。どっと、胃にもたれた感じ。やれやれ、一回3つぶまでにしましょう、みたいな説明書きは、飾りじゃなかった。虫歯菌も、キシリトールがおいしいので、たくさん食べて消化できずに死んじゃうのですが、人間もたくさん食べると、虫歯菌の気持ちも少しわかります。(胃がもたれたり、うんちがゆるんだり、食べすぎはよくありません。)

 虫歯予防談義でもりあがっていると、体重が気になるわれらフォーティーズの皆さんは、いつのまにか、ダイエットチョコとしての利用の仕方にすり替わっていました。

 そっち行きますか~。確かにこの糖は吸収はしませんけど。食べ過ぎないようにしましょうね。ついでに言うと、糖尿病の方でもいただけます。
面白ブログランキング。人気ブログランキングへ



うらかわ歯科のホームページ

by urakawasika | 2010-02-19 11:21 | 健康,体、病気 | Comments(0)

「赤毛のアン」 を好きな男~茂木健一郎の不思議~   

 私は、女の子と男の子の二人の子供がいます。2回目の出産で男の子を生んだおかげで、女性と男性の脳について、とても考えるようになりました。
 男の子を見ていると、まるで宇宙人のように、理解不能な時があります。男女両方生んでいらっしゃるお母様の患者さん方に聞いても、ほぼ口をそろえて同じことをおっしゃいますので、まんざら私だけの意見ではなさそうです。
 
c0219595_029465.jpg何と言いますか、男の子って、一つをぐっと深くさまようようなところがあって、そんな時に、総合的に横に考えを広げて云々することがとても難しいようです。
 横方向に話を広げようとしたりすると(しかも、脈絡なく広げようものなら、致命的に)、CPU(パソコンの演算中枢)がいきなりフリーズしたり、かーっとヒートして怒り出したりするようです。
 女の子の場合、ああでもないこうでもない・・・と好き勝手な方向に話題の中心が飛んで、やがて収集がつかなくなっても、ちゃんと、それなりに落ち着くところへ落ち着いて、結論があろうがなかろうが、別に、CPUに負荷はかからないようすです。

 それと関係あるのかどうかわかりませんが、今まで、男性で、赤毛のアンを座右の書にあげる男性など見た事も、もちろん会ったこともありません。申し添えると、身近な男性に、源氏物語を絶賛する人も、同じように会ったことがありません。
 源氏も赤毛も、我が夫などは、すぐれた古典と認めはするけれど、よくできた少女漫画、などと烙印を押す始末。
 そうそう、先日、NHK深夜の、語学講座の中に、赤毛のアンを英語で読む、という企画の番組がありました。毎日、その時間帯の語学講座をそうなめにしている知り合いの男性ドクターも、「赤毛のアン」、だけは、「何が楽しいのやら、意味不明」 ともらしていました。

 c0219595_0301318.jpgもちろん、私だって、うちの女性ドクターのあんちゃんだって、赤毛のアンは大好き。あんちゃんなんか、アンの娘リラ・・・と続く、全編、読破していました。
 源氏物語も読んだ女性なら、かならず、楽しいうんちくをたれるのが、私たち女性の読書好きというものです。

 だから、脳学者の茂木健一郎さんが、赤毛のアンのコアなファンで、学生時代に、すべてのシリーズを英語で読破し、カナダのプリンスエドワード島にまで何度も足を運んだ、ということを知って、とても驚きました。


 彼は著書で、天才とは、コンセプト脳と、ディテール脳がともにきわめて優れていること、と書いてありました。つまり、指揮者にたとえて言えば、すべての音を聞き分けて、楽団としての総合的なできを判断しながら、ひとつ、ひとつの楽器の音について、深く理解し、そのパートだけでも、かなりの完成度を持っているようなことだというのです。
 横にも縦にも、果てしなく広い、ということなのでしょう。

 男性脳、女性脳を、縦横で表現すれば、茂木さんは、男性脳的深さも、女性脳的広さも、兼ね備えている、ということなのでしょうか。それとも、女性的な脳の男性なのでしょうか。

 それとも・・・・歯科医という職業の、周りにいる男性に限って、赤毛のアンを読めないのでしょうか・・・

とても謎です。もし、赤毛のアンが大好き、という男性がいたら、どんな人なのか観察してみたいです。男と女の間にある、深くて埋められない溝が埋まる手がかりになるやもしれません。

 大きな溝のひとつ。我が夫婦は、ほとんどその愛読書がかぶったことがなく、夫の本棚を見ても、いまいち食指が動かず、もちろん、逆も真・・・・・
 当然、たまる一方の本に、狭い我が家が侵食される結果は、溝が作り出した功罪といえましょう。

ブログランキングクリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ
うらかわ歯科のホームページ

シルバーアクセサリー シルバークレーの贈り物ブランチアンドリーフ 

by urakawasika | 2010-02-09 00:00 | 男と女 | Comments(6)

コンカツ(婚活) ~女医さんの場合~その2   

 コンカツ、いい言葉です、と前回のブログに書いたのには、わけがあります。(前ブログ参照)
 私の20代、どこを探してもそういう言葉は転がっていません。就職活動という言葉はありましたし、受験勉強という言葉もありましたから、当然、受験も就職も、前向きに努力していくのが当たり前とみんな思っているわけです。

  でも、いざ、結婚というと、そこだけ、努力で達成するものではなくて、上からご縁が転がってくるものだと信じていたのです。つまり、ある意味”待つ”ものだ・・・と。

 能動的行動をあからさまに絶賛する人もなく、結婚しようとがんばっていても、表面は涼しい顔をしなくてはなりません。ずっと付き合っている彼氏がいても、”自由恋愛”だから、結婚するのどうするの? しないのなら、あたしはあたしの人生設計があるから、悲しいけどお別れするしかありませんね、なんてことも、いまひとつままなりません。
c0219595_23474319.jpg


 ところが、「コンカツ」、っていうだけで、なんだか、そこんとこ、思いっきり解禁されたみたいな気になるわけです。”言葉”、の威力はすさまじいものですね。言葉がなければ、概念がない・・・言葉があれば、逆に言うと概念ができる。

 若い女性の先生と話をすると、「今コンカツちゅうなんです!」とすがすがしくのたまうではありませんか。今や、女性は仕事も結婚も、出産も、どれもこれもこなしてこそ、と思っている若い女医さんが多いみたいです。もはや、結婚も受験勉強と同じ、きちんとがんばって達成するものになりました。心のパートナーを見つけて、豊かな人生を送ってくださいね。後輩たちよ。

 教訓!
なんか行動がギクシャクするときは、それをサポートする前向きな言葉を作るのがいいですねえ。是非やってみましょう。

”始めにことばありき” 「新約聖書 ヨハネ福音書」   なるほど!真実です。

ブログランキングクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
うらかわ歯科へ
シルバークレーの贈り物 忙しい人のギフトショップブランチアンドリーフ 

by urakawasika | 2010-02-04 23:53 | Comments(0)

コンカツ(婚活) ~女医さんの場合~   

  コンカツ!いい言葉です。
結婚に対して、がむしゃらに、前向きに活動することは当然のことです! という、堂々たる響きがいいですね。 人生は一人で歩むより、気の合うパートナーと助け合って歩んでいく方がいい、と、宣言してどこが悪いのでしょう、といった響きです。実は、さち先生は、色々な場で、若い素敵な女性歯科医師の後輩たちのコンカツを一生懸命応援しています。

 若い女医さんたちのコンカツは、それはそれで大変です。

 まず、現役でも24才で卒業、歯科医師免許を取ったとはいえ、まだ技術はゼロ点スタート!過酷な労働に耐え、安月給に耐えしのび、一人前になる修行をしなければなりません。
うっかりすると、あっという間に、20代も過去のものになってしまうし、コンカツに力点ばかりおいて、仕事を中途半端にしていると、幸せな結婚生活に無事ゴールしても、熱いうちに打たなきゃいけない鉄は固まってしまい、仕事の熟練は男性ドクターから、とてつもなくおいていかれてしまいます。
 結婚も、仕事も、・・・と、がんばると、それはそれは並大抵のエネルギーではありません。

 最近は、東大生の女性にインタビューしても、夢は「お嫁さん!」という時代ですから、若い女性ドクターも、医療崩壊に瀕する世界でのキャリアアップも、現実はきびしい、ということで、まずは結婚、という人も多くなりました。大学時代からの彼氏とゴールインというパターンはいまだに多いものの、就職してパートナーを見つけるのは、どの世界でも結構至難の業です。
c0219595_0103288.gif


 よく、手に職をもった女性は、そんなに結婚をあせらずとも・・・というようなことを言われますが、実際社会で働くのは、本当にストレスフル。男だって大変なのに、女性だって、ぼろぼろになることも覚悟しなければなりません。とくに、前の記事で書いたように(どうぞ、一つ前の記事を参照してくださいませ)過酷な仕事の私たちは、普通よりもむしろ、甘えられるやさしい胸が必要と思われます。

 私も、色々若い先生に相談されます。私のささやかな経験くらいでも役立てば、と、ない知恵をしぼり、相談にのり、素敵な相手はいないかいつも心にとめている、といった具合なのです。

 おや、そんな時、ラジオから流れてきたこの曲。うわ~!これはすごい! これぞコンカツ究極のエッセンス! 忘れていた何かに響きますよ。 新沼謙治 「嫁に来ないか」   古い歌ですが、癒しの原点ですね!働く女性は、こんないやしにはかないません! 

  あれこれ、条件だの何だの言ってた彼女も、きっと決めちゃうでしょう。 なんか、今となっては、すごすぎる、そんな感じがしますね。彼も、この歌も。



クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
うらかわ歯科のホームページ

ブランチアンドリーフ
妻に贈るシルバークレージュエリーブランチアンドリーフ 

by urakawasika | 2010-02-02 00:16 | Comments(2)