<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

ディズニーアニメ「カーズ」、”ルート66”の深いお話   

 c0219595_23391692.jpgうらかわ歯科の待合室で、男の子に人気のDVDは、ディズニーの「カーズ」。
 
 好きな車で、個人のキャラクターが計り知れるのが車なら、「カーズ」は、まさに車をずばり、擬人化したアニメだ。主人公”ライトニング=マックイーン”はタイトルを狙う真っ赤なスポーツカー。走りは最高だけど、なんたって鼻持ちならない、いやなヤツ。彼は、シカゴのレースを制して、次にカリフォルニアで行われる レースのために、一路シカゴからカリフォルニアに向かいます。ひょんなことから”Rout 66”沿いの、ラジエータースプリングスという町に足止めをくうはめになって、そこの仲間たちによって、”いいやつ”に変えられていく、という友情物語なのだ。

 実は、さち先生、このアニメを何の気なしに見ていたのだけど、その裏にある、アメリカ人なら常識の偉大な”Rout 66”のエピソードを知って、まったくこのアニメに対する認識が変わってしまった。
 あの、どでかいアメリカ大陸には、東海岸から西海岸までをつなぐ常識はずれの長い道がある。それがルート66と呼ばれる、ほかとはまったく意味合いの違う道路なのだ。

 全長3,755km、九州から北海道まで行ってもまだあまる、ロングロングロード!時のアイゼンハワー大統領が、第一次世界大戦の時、軍隊を西から東へ移動させるのに2ヶ月も要したことから、大陸横断道路の構想が浮上し、その結果できた道路なんだそうです。
 もちろん、その頃は、山も谷もこちらの都合で、がりがりと削り取ったり、埋め尽くしたりはできなかったので、けっこううねうねした道だったみたいです。
 ルート66は、アメリカのシンボルであり、また、多くの芸術や芸能の素材にもなって、アメリカの歴史とともに歩んできた”道”なのです。ジャズピアニストは”ルート66”という楽曲をつくり、小説家は、ひたすらルート66を西へ向かう物語を書き、映画では、沿線の町々を懐かしげにとりあげ、まあ、日本で言ったらなんだろ・・・かなり規模が小さすぎるけど、箱根街道、長崎街道、なんてくらいしか思いつかない。(比べるのははっきり言って無理です) 
 ま、とにかく、アメリカの母なる”道”なのです。

しかし、1950年代から、時代の流れは、この道の運命を終末へと向かわせました。もっと効率の良い、高速道路がそれに変わり、もはや、ルート66は歴史街道になってしまったのです。

 もう、今はたどることのできない道さえあり、カーズの中に出てくる”ラジエータースプリングス”も、ルート66とともに、幹線から置いてけぼりにされたさびれた町のひとつとして存在しているのです。

そういえば、ラジエータースプリングスの古老が、町の端を通り過ぎるハイウェイを横目に、華やかだった頃の昔話をするシーンがありました。この物語は、ルート66を知って見ると、まったく着眼点が変わってくるのです。

 ま、私は今頃こんなことを知ったわけだけど、ちょっとアメリカ通の人なら、常識のようで、幻のルート66をたどる旅、なんてサイトが色々ありました。「ルート66、700景」 ほう、私もいつか旅してみたくなっちゃいました。

 カーズを見ているぼうやが、ちょっと大きくなったら、うんちくを傾けてあげたらどうでしょう。

 ☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ


うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科 



 

by urakawasika | 2010-06-30 23:43 | この映画見てみて! | Comments(2)

ずぼらな私の歯磨き術   

 はっきり言って、私はずぼらです。ずぼら、というのは、標準語で言うと、どうなるのでしょう。・・・・
面倒くさがりや。だらしない・・・・うーん、やっぱり、ずぼらという言葉以外にうまく表現ができませんけど。
 歯医者さんに来ると、すぐに歯磨き指導というのをされます。虫歯や歯周病の原因は、プラーク、つまり細菌です。白いねっとりした歯垢をとって、顕微鏡で見てみると、小さなつぶやら、線のようなやつらが、うにょうにょ動いていて、思わずぎょっとしてしまいます。
c0219595_15582.jpg

 毎日の歯磨きは、そのうにょうにょくんを、一網打尽にして病気の原因をなくそうというものなのです。
 うちの衛生士くんたちも、うにょうにょ一網打尽大作戦の、指揮官みたいに、患者さんがたに、ちょっとえらそうに(あ、そんなに偉そうにはしてません) 歯磨き指導なるものをやっています。
「ここに、こうやって歯垢がたまりますから、毛先をななめにあてて、かき出す・・・あ、そうそう・・・」といった具合に。

 ところが、私はずぼらです。実は昼ごはんのあと、いっせいにうらかわ歯科医院の歯磨きタイムが始まるのに、すぐ落ちこぼれます。やらなきゃいけない仕事にかまけて忘れる、というのは言い訳で、すぐに、確信犯的にさぼります。
 家に帰って、仕事が終わると、ブログを書いたり、本を読んだりして、その日のごほうびタイムを過ごしていると、すぐに眠たくなって、もう歯磨きなんて、さぼりたーーーーい、という気分になります。
 さすがに、夜は、サボると、ろくなことがないし、虫歯になっても、なかなか紺屋の白袴的に、治してもらえないので、いやいやながらまじめにやります。
 でも、どさっとふとんになだれ込みたい気持ちは改善できず、そのため、さまざまな、ずぼら的歯磨戦術が家中にこらしてあります。

 たとえば、洗面所に行くと、その日の気分で選べるように、4種類くらいの歯ブラシがスタンバっています。電動、手首のスナップをきかせてしなるブラシ。かなり体力があるときに使う小さなていねい磨き用ブラシ。それから、なんといっても、いっぺんに3本から4本磨ける、名づけて「馬ちゃんブラシ」(「もちろん、馬用ではありません。)これは、でかいので、テクニックのない素人には向きませんが、玄人を自負するわたくしめは、うまいこと、短時間にみがけます。

 そして、お風呂でやる気になったときのために、お風呂にもスタンバっている歯ブラシアイテム。お風呂で半身浴中に、歯ブラシが終わっていれば、あとは、すぐに眠れます。

 それから、寝室と居間の動線の途中、台所にもおいています。これは、最後のとりで・・・どうしても、どうしても歯ブラシをはしょって眠ろうとするときは、そこの歯ブラシをもぎとるようにつかんで、ちょちょっと水をつけると、そのままベットイン。おふとんの中でブラシだけでごしごし。終わったら、そのまま、枕元に放置して爆酔・・・ま、やらないよりはいいですよ~

 朝になったら、みんなに気づかれないように、枕もとの歯ブラシを証拠隠滅とばかりに、洗ってもとあったところにかえします。

 おかげで、なんとか、診療室では 「歯磨きもうちょっとですね」  などと、えらそうに女医ぶることができてます。ふふふ

 そういうわけなので、実はさち先生は、すごく几帳面に歯ブラシや、歯間ブラシをしている患者さんを、とっても尊敬しています。そして、私が続けられる習慣ならば、ほぼ誰でもできる、という信念をもっているのであります。だから、ずぼらでできてない人を見ると、わかるなー・・・とか指導を忘れて共感しちゃったりするのです。

 ふふふ。うらかわ歯科に来られたら、ずぼらの人に教える秘密兵器を伝授してもらえるかもですよ?
☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ


うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科 

by urakawasika | 2010-06-26 01:55 | 健康,体、病気 | Comments(4)

嘉門達夫替え歌メドレーを知ってる?   

 以前、まじめなビジネスの論文に、職場での笑いの効果、というのがあった。職場での笑いは、かなり、仕事の効率をあげ、職場の人間関係を良くし、チームワークをもたらし、企業躍進にもつながると、とってもまじめにうたっていた。
 つまり、釣りバカのハマちゃんは、実は職場の宝で、まさに、エリートサラリーマンたる素質十分だということになる。その、テレビで紹介されたお話を聞いて、とってもうれしくなったさち先生は、スタッフ評価のひとつに、おもろい!ということを入れている。うちの、Mちゃんはおもろい。思いっきり、天然ボケをやってくれる。そこをつっこんで思いっきり笑わせていただく。うーん、やっぱり笑うと、アルファー波が出ているみたい。
 あ、心配しないでください。患者さんに迷惑がかかるようなへまは、最近なくなりましたので、(以前はあったんかい?)

 ところで、笑いも、けっこう時代とともに変遷するものです。最近のは、やすし、きよしの頃のお笑いからするとかなり変遷をとげ、形も違ってどこが面白いのかなー・・・と言うのも多いです。学芸会レベルのものも多いし・・・もちろん、いけてるのもあるけれど。

 私たちの世代のお笑いのひとつ。嘉門達夫の替え歌メドレーを久々にユーチューブでチェックしてみました。
 
 「ちゃららー鼻から牛乳・・・・」 を知っている世代は年がわかっちゃいますが。彼の笑いは、ほーんと昭和の子供の定番です。人が給食の牛乳を飲んでる時に、すかさず、笑わせる、なんてこと、いたずら男子の定番遊び、そういうのが、いっぱい歌に乗せてありまして、はいはい、やってましたやってました。っていう、ある意味お行儀の良い、レトロな笑いです。かなりヒットした「ハンバーガーショップ」なんてのも笑わせていただきました。
 なんか、人を傷つけないいい笑いです。この人きっとやさしい人なんだろうなー、と思わせるものがある。めちゃメジャーという路線を走り続けてる人ではないのですけど、知らない人は知っててね、って感じです。嘉門まだまだ健在!

ティーンエージャーは笑えるかな?アラフォー以上はきっと大丈夫です。
どうぞ、嘉門替え歌メドレー、フォーク編


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ


うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科 

シルバークレイの贈り物、大切な人へのプレゼントブランチアンドリーフ

by urakawasika | 2010-06-22 02:29 | こんなの知ってます? | Comments(2)

W杯、日本vsオランダ戦   

サッカー、オランダに負けちゃいましたね。けっこういい試合してたのにね。残念!
 
 あ、でも久しぶりに、絶叫しました。ルールの細かいことはわかりませんが、まあ、足だけで、よくもあんなに器用にボールをパスするものですね。いやあ、肉体のほまれです。

 しかし、オランダという国、なかなかやりますね。

 オランダの人口は、せいぜい東京都くらいで、1600万人ちょっと。それなのに、サッカーは、相当な強豪チーム。上位候補のようですね。人口が日本の何分の一しかいない、小国でありながら、すごい選手がたくさんいます。これは、ワールドカップで上位に入るためには、人口の分母が多ければ、一定の割合で、優秀なやからが輩出するというわけではなく、やはり、その後の教育システムがかなり大きな役割を担っているということがうかがい知れます。ま、サッカーが国技みたいな国のようですから、分母は小さくたって、分子が相当でかいようですが。・・・人口だけなら、中国や、アメリカはかなり有利なはずですが、そう単純にはいかないところがとってもおもしろいです。

 それから、 オランダは、安楽死を最初に合法化した国としても知られています。まあ、それひとつを取ってみても、かなり、革新的な国で、国の規模の割に、世界的な大企業も輩出しています。どうも、保守的で動きの取れない、日本の対極をいく国かもしれない、と私は思っています。

 オランダで有名人というと、やっぱりゴッホですか。ちょっと絵画ファンなら、フェルメールもあげちゃうでしょう。ミッフィーの生みの親ディックブルーナさんもこの国のおかたです。
 アンネの日記のアンネフランクなんかも、そうですね。

 それから、試合を見ていて思いませんでした?彼らデカイ!
それもそのはず。男性の平均身長は180センチらしいですよ。まあ、よくもそんな人々を相手に、日本選手は互角に戦ったことでしょう。彼らををほめてあげたくなりますね。
 だって、下馬評では、オランダのワンサイドゲームという話だったのですから、負けてもこのたびは、すがすがしさが残ります。

 オランダは、今回の開催国でもある南アフリカ共和国とも、ずいぶん関係が深く、喜望峰を最初に命名したのだって、オランダ東インド会社のなんとかさんだって言うではありませんか。

 今回一点とられてしまいましたが、日本選手、なかなか健闘しました。おつかれさまー・・・次はきっと勝ってね・・・次の試合こそは、オフサイドが何であるか、知っておきたいわたくしでした。

☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ


うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科 

シルバークレイの贈り物、大切な人へのプレゼントブランチアンドリーフ


七夕トークご案内
 

by urakawasika | 2010-06-20 01:56 | 社会 | Comments(5)

ガンとアルツハイマーのおもしろい新説。   

c0219595_1548978.jpg
アルツハイマーの人はガンにかかりにくく、ガンの人はアルツハイマーにかかりにくい。

こ~んな学説が最近発表されたそうです。けっこう統計学的に信憑性が高いというので、ちょっとショッキングではありませんか。

ガンもアルツハイマーも、年を召してきますと、誰もが心配な病気。まるで、神様がちょっとしたゲームをしくんでいるような気になります。

あなたは、ガンにかかってアルツハイマーにならないのと、アルツハイマーになってガンにならないのとどちらを選びます?
こんな選択をせまられたら、思わずふえ~っとため息が出そうです。
 自己アイデンティティーを放棄するかわりに、ガンの恐怖から逃れるか・・・それとも、最後まで自己と向き合い、ガンをたまわるか・・・・

 すぐに答えなんか出るわけはありません。私なら・・・?そうだな~。70までならガンをとり、70過ぎたら痴呆かな~・・・?わかんない!

 でも、ガンもアルツハイマーも、どちらもまったく性質が違う病ではありますが、かなりやっかいな病気には違いありません。我が家も、そろそろ高齢の両親をかかえ、いつそういう病気と仲良くするメンバーが出ないとも限りません。両親とは言わず、中年という世代の私だって、いつどうなるか、神のみぞ知る世界です。
 考えてみれば、今の自分がもっているささやかな、プライドや、生活の喜びなんていうものだって、たまたま健康にささえられているだけのものだったりするわけです。
 人間、病気はさけて通りたいものですが、病気を担った時に、本当の生きる、という本質がわかるのかもしれません。自分の状態がよくても悪くても、生を受けて神様に存在させていただいた、ということの意義と目的はあると信じたいものです。時々、ちょっと天狗になりそうになったりしたら、さあ、あなたが、今、健康をとられたりしたら、どうなのかな?と思うようにしています。やれやれ、いきなり、自信喪失状態に陥ってしまう、自分がいます。

 なんと、人はもろいものなのでしょうか。
自分の幸せが帰属しているものなんて、とっても不安定なものなのです。

どんな状況でも、神様が生かしていてくださることの不思議な意味を感じて、感謝して、たんたんと生きていきたいものです。

 ガンとアルツハイマーの究極の選択を考えながら、改めて、人間のもろさと、生きる意味について、思いをめぐらせてる自分がいました。

☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ


うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科 

シルバークレイの贈り物、大切な人へのプレゼントブランチアンドリーフ



 

by urakawasika | 2010-06-14 15:49 | 健康,体、病気 | Comments(10)

4ギガ、ウィンドウズセブンの使い心地   

 c0219595_2454416.jpg
 さあ、待ちに待ったウィンドウズセブンが届きました。
 2ギガコアツービスタが、しょっちゅうフリーズするようになったので。あきらめて、マイクロソフトの手中に落ちるようでいやだったのですが、やむ終えず、4ギガ、コアセブン、という最高スペック(ヒューレッドパッカーのオンラインで、最高のスペックにカスタマイズ)で、注文させていただきました。今までも、ちょっとお金を出し惜しみして、スペックの低いものを買って、結局高くつくはめに陥っているので、メモリーや、CPUはあげられるだけあげて買います。
 ま、でも、ビスタで「ちっ、つかまされた!」という感触をもっていたので、まったく期待はしておりませんでした。
 マシンが届くと、いつもどおり、お引越しは大変です。たぶん手際の良い方法もあるのでしょうが、パソコンおたくになりきれない私は、普通どおり、外付けハードにデータを移し変えるやり方で、えっちらおっちら。
 たぶん、全部移した、と思っていても、たいがい何かがなくなっています。やれやれ。
 メールの設定も、新しいパソコンを導入する頃には、すっかり忘れてしまって、開通できないアドレスあり・・・。あーストレス。
 でも、最近は、いきなりインターネットがつなぐだけで開通するので助かります。
 
 ま、。とりあえず、最低限度使えるようにしてレッツゴー・・・・はやっ! 最初はちょっと使い慣れないレイアウトに戸惑いましたが、過去経験したことのないインターネットブラウザ(エクスプローラーとかネットを見るあれです)の更新スピードです。やっぱ、こいつは頭がいいぜ!それに、プリンターを接続すると、ドライバーインストールを自動的にやり終えていたのもびっくり。キャノンのホームページに接続した覚えもないのに、どうも、ドライバーソフトが中に格納されているみたい。

 ビスタのフリーズの張本人だったパワーポイントも、さくさく動く。それになんといっても、ウィンドウズXPで使えるソフトはそのままインストール可能。ビスタとは大違いだ。ユーザー本位に造ってある。マイクロソフトにしては、めずらしい。
 あ、そうだよね。アップル社の収益がどうも今期はマイクロソフトをこえたらしいから、やっと独断場の企業優先主義を多少改めなくてはいけなくなったんだろうね。

 まあ、総合では、かなり合格。

たぶん、アポロが月に行った時の、スーパーコンピュータの何十個分の賢さなのではないだろうか。・・・なんだかおそろしいよ。

でも、こんなマシーンが15万以下の値段で買えてしまうのだから、パソコンに、診療報酬なんかまったくない歯科医院としては、とってもありがたいのだけれど、この価格は、何がどうなってこうなるの?という気もする。

 なんて、考えていると、中国にある、とある有名パソコンの生産工場では、年間に何十人も自殺者が出いているらしいことがわかった。なにしろ、巨大な町ひとつが、パソコン生産を担っていて、そこは、何万人もの労働者が、ろくに故郷にも帰れず集められて、日々、非人間的な状態で、パソコンの製作にあたっているらしい。

 つまり、私がセブンをさくさく動く、こんな値段で(昔は30万はしていたからね)・・・と喜んでいる裏で、泣いている人がいるということです。
  なんだか、手放しで喜べなくなってしまいました。

☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ


うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科 

シルバークレイの贈り物、大切な人へのプレゼントブランチアンドリーフ
 
 
 
 
 


 

 

by urakawasika | 2010-06-10 02:52 | パソコンのお話 | Comments(6)

診察券のお笑い   

「こんにちわ~」
患者さんが来院すると、まず最初に診察券を出していただく。もちろん、初診のときではなく、2回目以降の話だけど・・・
 うらかわ歯科の診察券は、数年前から、リライティングカードなる、うすい磁気カードになっている。予約をとっていただいた最新の時間を磁気でカードに書き込むのだ。つまり、ヤマダ電機で渡されるあれと同じで、上書きしていくシステム。ちょっとしたメッセージもその都度書き込めるので、導入した当初は進化型だった。
 ま、そういうものを導入すると、すごく経費もかかるので、どうかと思ったのだけど、インターネットで予約できるシステムをさがしたら、たまたまそういう付属品がついていて、好むと好まざるにかかわらず、いっしょに導入させられた形になってしまった。

 でも、そのおかげで、ちょっとした笑えるネタを生んでいる。。
患者さんが、何気に取り出す診察券が、時として、〇〇美容院、とか、居酒屋〇〇屋、みたいな、カードになっているときがあるのだ。
 色味がうらかわ歯科に似ていることばかりではない。まったく間違いようのないようなデザインの時もある。
思いっきりポイントのつくカードだったりすることもある。

 私は、間違いカードの内容で、笑いのランクをつけている。一番多いのは、単純に他の診療所と間違っている場合。〇〇眼科、とか〇〇耳鼻科・・・なんてやつで、紙のものもある。〇〇歯科、という時は、ちょっといかしたコメントを考える。
 「え~っと、そこは、うちより繁盛している歯医者さんですよ。」なんてね。
でも、まだ、これは、同業者もので、関脇程度。

 次は、まったく違う業界もの。前出の美容院とか、居酒屋など、けっこうバリエーション多彩である。この辺になってくると、わりと、ちょっと噴き出す。
「すみません、これ、違いますよ。うちのはポイントつかないやつなんです。」などと、笑いを取りに行く。
患者さんは、一瞬、診察券と思って出したカードを見て、大笑い。こちらも、のっけから笑わせてもらってどうも、となごむ。このあたりになると、大関がまじる。

c0219595_23424271.jpg  先日、ついに、さち先生が決定した横綱が出現した。
「〇〇楽器店」、これは愉快!幸いにも、現場に立ち会ったさち先生は、思わず、
「え~っと、これは違いますね~」とにんまり!
デザインもあんまり似ているとは言えないのもおかしい。「あ、」と彼はひとこと言って、カードを引っ込めた。

 楽器店か~・・・楽器されてるのかな?ギターかな?いやいやトランペットかもしれない。もしかして、すごいピアノの奏者だったりして。わー、スーツを着こなしておいでになる彼が、実は日曜日はクラブで弾き語りをしていたりしたら、なんて謎めいているのかしら・・・・
思わず、笑いにかまけて、聞き出すのを忘れてしまった。残念。だって、次にこられた時に、楽器されるのですか?ってお聞きすれば、あの〇〇楽器のカードを私が一瞬のうちに、厳しくチェックしたことがばれてしまうではありませんか。それは、ちょっと女医のメンツが・・・・・・
まあ、でも、とてもストーリー性に富む素敵なカードです。

なんだか、そういうことが時々あると、うらかわ歯科医院の診察券も、ポイントがついて、粗品なんかあげなくちゃいけない気分になってきます。ま、でも、今のところ、ポイントはつきません、です。すみません。

☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ


うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科 

シルバークレイの贈り物、大切な人へのプレゼント
ブランチアンドリーフ
 
 
 
 
 
 

by urakawasika | 2010-06-05 23:44 | うらかわ歯科エピソード | Comments(4)

普天間に思うこのごろ   

 最近ニュースをつけると、普天間・・・という言葉が聞こえてきます。沖縄の人たちの犠牲はいかばかりか考えると、どうにかならないのかな~・・・と思います。
 でも、ひとつ不思議なのは、なぜ、怒りの矛先が、アメリカに向かわないのだろう・・・ということです。アメリカよ帰れ~、と言う方が、第二の普天間が生まれることもなく、ハッピーじゃないかと思うわけです。なぜ、アメリカのアの字も出てこないのかしら?・・・アメリカよ帰れ、なら、鳩山さんだって、もう少し、アメリカに交渉の仕方もあるというもの。

 「普天間がうんとは言わないんだよね。こじらせたら、アメリカさんに出て行って、なんて言わなきゃいけないよ。どうしたものか・・・。それに、思いやり予算なんかつけちゃったら、普天間は手がつけられなくなる。まだいるつもりなら、普天間の手前、せめて、借地料くらいは、払ってもらえないかね・・・」なんてね。移転するにしても、借地料くらいはとれるかもしれない。
 でも、そういえば、なぜか、日本では、口をつぐんだように、誰一人アメリカ攻撃をしません。

 考えてみれば、日本は、ありったけのお金をつぎこんで、馬鹿の一つ覚えみたいに、アメリカ国債を買さわされてきました。アメリカ国債というのは、アメリカ政府が他の誰かに借りる、国の借金で、言い換えれば、「おう、金貸せやい・・」みたいな感じ。(笑)
 サブプライム前は、空前のドル高。異常に高いアメリカ国債を、山ほど買わされて、ドルが90円を切る今となっては、国債の価値は半値同然。日本国民の資産は、一瞬のうちに、半分になってしまっている訳ですよ。
 その頃、アメリカにぼられたお金で、金でも買っていれば、今は日本だって暴騰がとまらない金を売って、福祉なんかまかなえたんではないかと思います。
007.gif
c0219595_23175840.gif


 年次改革要望書、というアメリカと日本で交わされる、互いにさまざまな申し入れをする、という建前の、アメリカからの命令書があるのをごぞんじですか。毎年秋に出される、日本の政策の骨子になってしまう、内政干渉的な文書です。小泉政権も、この命令書どうりに、郵政民営化をはたし、郵政に眠る巨大な国民資産を、アメリカが吸い取る仕組み作りにがんばって、ブッシュにほめられました。

 日本は、家庭にたとえるなら、お金をあずかる、お母さんが、やくざにおどされ、お金をむしられているのに、息子の太郎君や、次郎君、また花子ちゃんたちが、お父さんが、晩酌をするから、「学費が足りない」、「お母さんの美容院代がもったいない」、なんてことを言っているようなものなのです。

 そして、メディアで、アメリカ国債を買わないようにしよう、なんて向こう切って、言おうものなら、そういうコメンテーターは、即、メディアから抹殺されていきます。だから、年次改革要望書、なんてものがある、という報道も、あるわけがありません。
 民主党政権は、アメリカにびびりながらも、「もうこれ以上は、アメリカ国債は買わないようにしましょう・・・」とつぶやいたりするし、アメリカ国債だって売る、くらいの気概を持ちましょう、なんていう元気な議員さんもいるようなので、たぶん、アメリカの手下みたいな、メディアから、メッタ切りにされているんじゃないかな?
 最近の、民主党バッシングを見て、私はそう感じています。アメリカにひたすらお金をつぎこんできた自民党政権に戻ったほうが、アメリカはやりやすいし、もっともっと、日本を食い物にできるわけだから、どんなきたない手を使っても、民主党をつぶしたいんじゃないかな。

 民主党の政策も、良いとは決して言えないけれど、現在おきていることの、本質を見たいものだ、と思うこのごろです。たぶん、私は、あとから振り返ると、日本の将来を決めてしまう、エポックな時のハザマにいるでしょうからね。

☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ


うらかわ歯科のホームページ
シルバークレイの贈り物、大切な人へのプレゼントブランチアンドリーフ
 
福岡市早良区の矯正歯科 
 
 
 
 

by urakawasika | 2010-06-01 23:25 | 社会 | Comments(6)