<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

アメリカとイギリス。「機関車トーマスの国イギリス」   

 80年代、アバや、ビリージョエル、シカゴに、TOTO・・・色んな海外ポップスのレコードを聴いていた。
あの頃、私ときたら、英語で歌っている歌手は、すべてアメリカ人だと思っていた。・・・
 スウェーデンが生んだ偉大なアーティストの”アバ”だって、アメリカ人と、当時勝手に思い込んでいた。
 
 でも、最近、アメリカ人はアメリカ人で、たとえば、一番近いような気がしているイギリス人ともまったく違うということをつくづく感じるようになった。いや、アメリカとイギリスはまったく違う、と言うほうが正確だ。
 アメリカは、何と言われようが、大量消費の国だ。すごく早いリズムで、経済効率がすべてにおいて優先する。どこまでも、合理的に物事をスピーディーに進めていく。ここまでやるか、というくらいに、トラディショナルなものから放たれている。(そういう気がしている)

 アニメだって、「カーズ」や、「シュレック」、ディズニーアニメを見ると、そこは、カジュアルとフランクな世界、堅苦しいお行儀は抜きだよ! って言いながら、どこまで行くの?って感じがする。
 それに比べて、イギリスは、古き良き伝統も、お行儀よく守ろうとしているところがある。金融の中心になってきたと言っても、ロンドンは、映像で見る限り、まだまだトラディショナルで美しい。
 アニメだって、「機関車トーマス」 である。
どこか、ディズニーアニメにはない、のんびりとしたムードでお行儀が良い。

 イギリスでは、上質のコートを買って、代々孫末代まで使い込んでいったりするらしい。家具や骨董品的な日用雑貨も、結構、古いものが使いつがれたりしていると聞く。
 大量消費、大量廃棄、のアメリカ文化とは一線を画しているようだ。

 もうすぐ、冬将軍がやってくる。新婚当初、お小遣いをはたいて衝動買いしてしまったイギリス製の私のオーバーコートは、早20回近く冬を乗り切って、まだまだ現役である。(ま、12万円が半額という、ちょっとせこい買い物だったけど)

 確かに、イギリス製のこのオーバーコートは、何年たっても相当に暖かで、へたらない。仕立てが抜群である。思い入れもあるから、ちょっと高いクリーニング仕上げをオーダーするからかもしれないけれど。

 最近、アメリカ式の合理的かつ、消耗品的な暮らし方より、イギリス式の暮らし方がいいんじゃないかな・・・と思う。できるか、と言われると、ちょっと自信はないけど、良いオーバーを、長く大切に使っていくようなそんな暮らしをしたいと思っている私です。

 

c0219595_255162.jpg


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科 

by urakawasika | 2010-10-24 02:11 | Comments(3)

新聞を読まない私・・・時々読みます   

 私はいつの頃から新聞を見ないようになってしまった。忙しいこともその理由だけど、新聞の社会記事や政治記事になんとなくしっくりこない感覚をもってしまうようになったからだ。
 先日も、ある大手新聞の一面記事に、日本の病院の死亡率に約3倍もの開きがあった・・・と言うニュースがかかげてあった。

 いかにも大手新聞社の好みそうな記事だな~・・・。新聞はいつの頃からか、コンシューマー(責任のない、気楽な消費者)的立場が定着しているから、医療現場の疲弊とか、日本の安すぎる診療報酬とか、医者不足とか、本質的な政府の失策は軽く流すけれど、 ”われわれ消費者が不利益を被っている”  的な記事は渾身の力で書く。

 まあ、ターミナルといって、不治の病の患者さんが、最後を迎える病院もあるし、難しいケースばかりがお世話になる病院もあるわけだし、一概に死亡率と言ったって、同率に比べようもないような気がするんだけど、・・・とても盛り上がってうれしそうである。

 そういう理論が展開すれば、難しく厄介で、死亡率をあげそうな患者さんは、できればおことわり、と医療現場にも保身の構えがでてきそうなんだけど、そうなると、新聞一面ではしゃぐに違いない。「激震、重症患者たらいまわし・・・」なんてね。 もはや、新聞は、お茶の間世間話みたいなスタンスである。

 でも、私みたいに、すっかり新聞を読まなくなった人も、最近では多いらしく、新聞は存続の危機に面しているらしい。

 たしかに、私の周りでは、少数派ではあるけれど、ネットのニュースや信頼できるブログなんかをいち早く検索して、自分の判断力で時勢を読む人たちも出てきている。

 「こんなこと世論が許しません」・・・などとどこも同じ論調で大合唱している間に、ネットの世界では、「そんなこと誰が言ってるの?」みたいな、異なった意見が展開されてたりすることもある。

 新聞って、本来ジャーナリズムが正常にはたらいている限りにおいては、政府の暴走を止めたり、国家を救ったり、民衆の弱者を救済したり、民主主義の原点をになう原動力にもなるものだと期待したいけど、医療の記事だけとっても、あの悪名高き記者クラブで、談合のようにして政府からもらったちょうちん記事を、何の調査もなくそのまま流す様子だし、あとは追って知るべしか~期待うすになってしまう。
 やっぱり、新聞がその存在意義の真髄を失ったら、当然危機にも直面するんじゃないかな・・・・と思ってしまう。

 でも活字好きとしては、新聞に再生を願いたいところです。
 きっと、すごい人々がたずさわっているんだと思うので、がんばってほしいものです。・・・


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科 

by urakawasika | 2010-10-17 23:59 | 社会 | Comments(3)

アイパッドと本 ~電子書籍と紙の本~   

 マックのアイパッドは医療界には、まだまだたいした影響を起こしているようには見えません。

 でも、アイパッドの出現は、出版界には恐怖をまきおこしているようです。電子書籍の可能性が飛躍的に伸びたからです。

 アイパッドは、グーテンベルク印刷機によって幕を開けた出版界を駆逐してしまうのでしょうか?CDに、レコード盤と長岡針(レコード針の独占企業)が駆逐されたように・・・・
フランス文学者の鹿島茂さんが面白いことを書いてました。

 映画によって舞台演劇は駆逐されたか?テレビによって映画は駆逐されたか?
答えはノー。大衆文化的、消耗品的作品の多くは、テレビに取って代わられたけど、芸術性の高いもの、いわゆる消耗品的ではないもの、それは立派に存続した。
 逆に、映画であるなら、映画館で流行ったものだけが、確実に、テレビ、DVDで,もてはやされる現象がおこっている。

 こういう経験を踏まえると、電子書籍は、内容は2の次。
大衆文化をむさぼりつくす媒体になる。でも、すぐれた作品や、電子書籍で読み飛ばしていくのはちょっと難儀な研究所や専門書などのコアなものはやっぱり本として残る。

 まあ、要約するとこんな意味のことを言われていました。

 となると、書籍になる、ということは、ある意味ステータスだということです。

  でも、本は今よりずっとレアになるので、価格も上がり、ちょっとした古書市に並ぶお宝本みたいな位置づけになるかもしれません。

 そうなると、「私の作品は”本” になった」 という言葉のニュアンスは、アマチュアがとりあえず作家になれた、という程度の意味から、私の作品は殿堂入りした・・・みたいな意味合いになるかもしれませんねー。

 本好きには、気になる行く末です。

アイパッド、ちょっと気になります。ま、でもたぶん、買っても使いこなせなないだろうし、そーっと模様眺めしているさち先生でした。


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科 

by urakawasika | 2010-10-09 23:17 | 社会 | Comments(2)

わたせせいぞう 「ハートカクテル」 がなつかしい!   

  うらかわ歯科の下のローソンに行くと、よくコンサートのポスターなんかが貼ってある。知らない人がほとんどで、ポスターのキャッチコピーで、は、この人たちが〇〇っていう人なのか~・・・みたいなことが多い。
 あるとき、なんだかストリートギャングみたいな、がらの悪いグループのポスターが貼ってあって、よく見ると、”エグザイル” と書いてあった。
 
 
c0219595_0104074.jpg
やれやれ、大人気のグループでした。ファンの方には申し訳ないけど、こういう集団が、診療室に入って来たら、ちょっと”やばいぞ” って思っちゃうよね~。とっても人気があって、踊りもうまくて、本人たちはきっと、才能にあふれているのかもしれないけど。(すみません、ファンのかた!)

 久しぶりに、どこからか出てきたハートカクテルのコミックブックをぱらぱらとめくると、これさえも、古典になってしまうか~・・・とため息が出た(昭和62年出版ですって!)。

 今や、わたせせいぞう氏が描く、ハートカクテルの世界は絶滅してしまったかのようです。
何しろ、昭和最後の時代は、まだまだ、石津謙介も(日本のトラッドやアイビーのさきがけデザイナーです)、まだ風格を保っていたし、トラッドやらアイビーやらは、駅前商店街がまださびれきっていないのと同じように、健在でした。
 いかした男たちは、金ボタンのダブルの紺ブレに、つややかなネクタイをしめて、きれいに髪をとかしつけてにこやかに微笑んでいました。ちょっとしたハンサムなら、キザ!と思いながらも、女性の視線を集めていました。

 今や、ファッションは、着くずす・・・なんて表現さえもあてはまらないほど、ルーズになり、アイビートラッドなんて、すっかり死語になってしまった。

 ハートカクテル・・・ なんとお上品で、優雅な世界。、今見れば、格調高い。トレンチコートをトレンチコートらしく羽織り、女性は女性らしくエレガントでもある。ハートカクテルのカップルをあの頃は、ちょっと斜めに眺めていた私がうらめしい。

 今となれば、こっちのほうがわかるよな~。エグザイルはおばちゃまにはわかりましぇーん。
c0219595_0111082.jpg

☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科 


 

by urakawasika | 2010-10-02 00:20 | 書評 | Comments(2)