<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

今年の総括。さち先生流・・・   

c0219595_229429.jpg

うらかわ歯科医院もとうとう今日一日の仕事納めとなりました。
うちへお越しいただいた患者さんの皆様、関係者の方々、ほんとにほんとに、今年一年お世話になりました。

 今年はどんな年でしたか?
このにっぽん国はどうだったでしょうか・・・民主党が圧勝して、これで、日本は人民による人民のための国家になる、かも・・と思ったのはつかのまでした。(涙)
 今年が終わってみると、赤字国債はさらに増し加えられ、アメリカから、ゆすられたかられ、本当にエコかどうかよくわからないエコカーや、家電を代表する、一部の企業に税金がばら撒かれたかと思うと、子供手当てなんてばらまきがおこって・・・。
 
 で、かたや、セーフティーネットと思われた医療も福祉も、どんどん切り捨てられていく。別に、子供手当てが悪いと思いませんが、児童虐待に対する職員を増やしたり、保育園を整備したり、先にやってほしいような・・・。

 だけど、やっぱり情けないのは、今日のニュースで円高のことを言っておりまして、円が82円と超高値になって、政府が2兆円を出して市場介入したのに、あっという間に、1ドル80円近くまで、円高が進んだということです。
 
 つまり、2兆円の税金は、ぼろくずのようなドルをつかまされて、目減りして消えた、ということです。
 アメリカのドルは、刷り散らかされて、世界にばら撒かれて、何の価値もなくなって、もはや下降する一方の様子。それなのに、2兆円ものお金をつぎこんで、まだドルをささえる・・・この2兆円があったら、医療現場で過酷な労働をしいられている現場職員の待遇改善だってできただろうし、学校の耐震化にだって使えたかもしれない。

 これが、効果をあげました、というならまだ我慢ができますが、2兆円はドブの中へ・・・!

 ついでに言うと、アメリカ国債につぎ込まれた日本人の資産は300兆円にも上るとか。数字に弱い私だって、怒り心頭です。

 そして、こんな国民をばかにしまくったニュースなのに、あまりにさらっとおっしゃいます。

「2兆円の市場介入しましたが、その後すぐに、ドルは値を下げましたあ。」るんるん・・

 あたしがニュースキャスターなら、せめて、目に涙をためて、顔を怒りにあからめて。
わなわな震えながら言うんだけどね~。

 北朝鮮のニュースキャスターを見習いましょう、と言いたいくらいです!

来年は、どうか、もうアメリカに貢ぐことはしないでほしい。増税と、福祉切捨てに泣いている国民です。どうかどうか、政府の皆様私に免じて、そんなことはしないでね。

 ということで、今年も、へんなさち先生のブログということでしめさせていただきます。
皆様良いお年をお迎えください。
途方に暮れることなく・・・・

☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科




 
 
 

by urakawasika | 2010-12-29 02:38 | 社会 | Comments(2)

メリークリスマス、警固公園初体験・・   

c0219595_1053034.jpg

 やれやれ、福岡タワーの近所、博物館のすぐ前、という立地で開業させていただいている、うらかわ歯科なので、私は田舎の同級生に、買い物は、天神にあしげく通い、コンサートやイベントなど、しょっちゅう都会の暮らしを満喫しているように思われています。(東京大阪の方に、都会というのは、ちょっとはばかられますけど。私の田舎に比べれば、大都会ですから・・・)

 ところがどっこい。私は、福岡の商業地の中心、天神に行くことは、年に数えるほど。それも、学会や勉強会の会場が天神なので、やむおえず行くのであって、自主的に行くことは数年に一度かもしれません。
 まあ、先日もその数少ない1回がやってきました。
 女性ドクターの会、福岡女性歯科医師の会の忘年会が、なんと、天神のすこぶる中心地であったのです。

 12月に、あのあたりに近づくことは、私の中では相当タブー。人ごみ、きらびやかな電飾。渋滞・・・・考えるだけでも、逃げ出したくなります。でも、ぐっとこらえて、車で向かいました。
 街は休みの前だからなのか、クリスマスシーズンだからなのか、ボーナスをもらった人が多いからなのか、想像以上の人出。日本の、あるいは福岡の景気のために、私は喜んであげようと思いましたが、頭はくらくら。駐車場を探してまた右往左往。はじめていく会場を探してかぎりなくよたよた、うろうろ。

 ほとんど今年の苦行おさめ、のようでした。(ま、もちろん、忘年会はたのしかったですけどね)

携帯でメンバーに、ナビしてもらいながら、始めて歩くエリア。

 警固公園、というのに入り込みました。ここは、よく福岡のローカルニュースに出てくる公園です。
はあ。ここにあるんだ~・・・私は感動。福岡に開業して18年。はじめて地元で有名な、警固公園に足を踏み入れたのです。

 すごい電飾。ロマンチックムードのカップルたちがくっつきながら、イルミネーションを堪能していました。家族連れも多く、パシャパシャ、デジカメのシャッターを押しています。

 なかなか、それは美しい光景でした。

 一人、ほとんど迷子状態のおばチャマは、そうゆっくりもしてられない。そうだ、ブログ用に、一枚、と思って、池に近寄ったら、いきなりがくっ! 足元不如意! 段差に気づかずに、思いっきりよろけて、デジカメを放り投げてしまいました。

 あ~あ。やっぱり、なれないことするからだよね・・・

 でも、本音を言うと、こういうきらびやかな電飾は、まるで、女性の厚化粧のように感じて、毎晩はちょっとね~、と言う感じ。

 ひねくれているわけではないのです。私だって、ずっとこうだったわけではありませんよ~。若い頃はハイヒールはいて、彼氏と街に出て、ネオンの下で、愛を語り合いたかったような気がします。たぶん・・・

 皆さん、電飾の下でも、おうちでも、あるいは、教会でも、お好みの場所でメリークリスマス。神様の祝福がありますように。

 

☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科



 

by urakawasika | 2010-12-24 10:57 | 福岡散歩 | Comments(0)

忘年会の頃になると・・・時をめぐる不思議   

 
c0219595_035513.jpg

c0219595_0384227.jpg

今年も忘年会、楽しくみんなでもりあがりました。皆様今年一年お世話になりました。

が、しかし・・・・12月も20日になった、なんて、はっきり言ってどうかしてる。
どうしてこうも、時間が経つのが早いのかしら。詐欺にあってるような気分です。
私は毎年いつの頃からか、この時期、同じようなことを口走っています。

 40歳を超えてから、あからさまに月日が猛スピードで過ぎていくようです。
 これは、地球の自転になんらかの異常が出現したのではないかと疑うくらいです。時計の秒針まで、狂ってしまったようで、ニュースでとりあげないのが不思議です。(冗談です)
 
 ”時”という概念は人にしか存在しないそうです。加えて、時の定義は、未だに確信をついたものがないそうです。科学の世界において、時という概念を、的確に言い表す表現がないというのです。
 これは、あの科学雑誌ニュートンに、そう書いてあって、私はびっくりしてしまいました。

 ”心” というものに似ているような気がします。わかっているようで、わからない。

 わからないことの多い”時”ならば、私の時が、子供たちのそれと性質を異にしていてもおかしくはないかもしれませんよね。
 人は、年齢とともに、多くのスキルを得たり、世界がちょっと広がったりしているかもしれないけれど、その分、時間を人質にとられて消耗しているのかもしれない。

 しかし、あの人類のベストセラー聖書には、”神は人に永遠への思いを与えられた” とあります。人の命は有限なのに、永遠への思いを与えられた、ということはとても不思議ですね。

 今年私は父を亡くし、有限な命しか、人には与えられてないのだな~とはっきりとさとりました。
もしかしたら、若い頃、どこかで、自分の命は永遠だと漠然と思っていたかもしれません。永遠とは神の領域です。そう思っていたころは、なんとおごっていたことでしょう。
 有限な命を認識することで、どこか謙虚になりますね。それから、今をどう生きるべきか、生がわかってくるような気もします。

 私にとって、年々短くなる1年は、それぞれ一人一人にも、異なった意味を持つにちがいありません。先を行く先輩を見て、あとに続く後輩を見ながら、暮れていく一年の終末です。
☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科



 

by urakawasika | 2010-12-21 00:44 | 季節 | Comments(2)

ウィキリークスと、CIA、どっちがより悪いんだろう?   

 
c0219595_21502375.jpg
今日はちょっとお堅いネタで・・・
 いくら、ネットがオープンソース(誰でもが無料で活用できる情報ソース)だといっても、ウィキリークスのような組織によって、国家機密がどんどん暴露される社会が来るなんて、想像もできませんでしたね。

 秩序がすべてなくなっちゃうんじゃないかな、と心配になります。でも、よ~~~く考えると、近代史はけっこう、一部の先進国と、一部のお金持ちと、一部の政治家によって、秘密裏にシナリオが描かれてきたようですから、どっちが、不健全かっていうと、よくわからないんです。

 最近読んでいる”CIA秘録” (アメリカCIAの秘密文書の公開録)によると、CIA工作は、隅々に行き届いていて、大儀の戦争も、実は、ちゃーんと裏で操作されていて、アメリカの国益のために、ちゃっかりしくまれていた、なんてお話ばかり。たとえば、誰かさんが、プールサイドでワインを片手に、気まぐれに発した言葉から、何百万と言う人が餓死するような紛争がしくまれたりする。一般市民は背筋がぞっとします。

 そういう歴史の裏舞台は、言ってみれば、片方にかぎりなく振りきっているようなあんばいです。

 そんな認識をもつと、極端きわまりないなあ、と思うウィキリークスも、実は、単に、その反対側に、限りなく振り切った形だとも言えるのだと思います。
 ウィキリークスのような、極端なやり方でも、CIA秘録的、しくまれたシナリオのみが突っ走る世界よりは、健全なのだろうか、と思ってしまいます。

まあ、多面的に考えていくと、一面的に善悪がつけがたいと言うことだと思います。

 私は、ウィキリークス擁護論者ではもちろんありませんが、ウィキリークスは、今まで、一部のずるがしこい人間たちがしくんできた歴史に対しての、極端なアンチテーゼだと言えなくもないんだろうな、と思うのです。

 少なくとも、一部の権力をもつ人間のみが情報を握っていることにおいておこる、不健全性、と言うものに対して、初めて、かなり破壊的なやりかたで、刃がつきつけられたということかもしれません。権力者にとっても、国家秩序にとっても、歴史的にきわめて新しいクライシス(危機)であることは間違いない。

 いいとか悪いとか、一面的な判断を直ちに下すのではなく、このアンチテーゼに対して、確実に言える事は、多面的に考えることが大事なのではなかろうか、と思います。


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科

by urakawasika | 2010-12-12 21:51 | 社会 | Comments(2)

龍馬伝。美しい伝説   

 私は、今年久しぶりにこのNHK大河 ”龍馬伝”にはまっておりました。
c0219595_20163073.jpg

 
 龍馬は、大政奉還をなしとげ、さてこれから、と言うときに、中岡慎太郎とともに、死角に襲撃されて、若い命を散らせます。最終回はなんと痛々しかったことか。
 もちろん、うるるっとなってしまいました。

 日本の歴史は、きわめて優秀なひとかけらの人間が、自分を捨てて行動したことによって植民地にもならずにすんだのだ、ということがよく理解できました。(最近アメリカの植民地では?と思わないでもないけど)。
 自分のためだけの人生というのは、実は冒涜(ぼうとく)なのではなかろうか、この頃の志士の雄志にふれると、現代人の、個人主義的な発想が、実は正しくないのだ、と思わずにはいられません。
 
 うちの若いスタッフはあんまり見ていないようでしたが、こういう歴史を知らないで、現代をぬくぬくと生きるのは一つの罪ではなかと思ってしまいます。

 さて、しかし、この龍馬伝、今までの大河ドラマと決定的に異なる点があります。その1点において、絶対的に視聴者をひきつける違いがあるのです。秀吉をやっても、家康をやっても、龍馬に絶対に及ばない点。それは、人生の頂点で、いきなり彼のドラマが終わるという点なのです。まるでモルフォ蝶が、美しいままで標本になるように、彼の人生は永遠に色あせることがありません。

 いつもの大河ドラマなら、秋口くらいになると、どんな抱腹絶倒の成功物語でも、そろそろ、勢いにかげりが出はじめ、頂点についた人間特有の、保身とか、狡猾さとか、あんまり見たくない展開が待っています。おまけに、ヒーローのメイクにしわが入るは、かつらに白髪が交じるわ。やれやれ、歴史に ”if”はないように、奇想天外な進展もありません。そこから学び取るのは、盛者必衰の法則ばかりなり。

 その点、龍馬伝は、ぶつっと、すごい音をたてるような最終回です。もう泣くしかないし。福山だって、しわも、白髪もありません。

 これは、日本におけるジェームスディーンなのでしょう。
 ジェームスディーンも、愛車のポルシェで撮影所に向かうところを、運命の自動車事故が待ちかまえていて、ポルシェとともに伝説になりました。なんとも悲しいけれど、かっこいい・・・(ポルシェの写真がほしかったね。)

 龍馬に扮する福山雅治も、長崎から出てきた頃の、かっこいいけどちょっと お軽めのお兄さんから、押しも押されぬ役者魂を印象づけて、NHK大河の歴史に残るでしょうね。

 さて、龍馬伝のおかげで、これからは、上り坂の頂点で、12月の最終回を迎えるという大河ドラマの定番ができそうです。別に人生の終わりまでを描かなくてもよかったんじゃないか、ってNHKも気づいたはずです。



☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科 

by urakawasika | 2010-12-06 20:18 | 芸能ねた | Comments(4)