<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

春だ花粉だ。薬がほしい!   

 油断してました。しかし、今日、本日、私に、花粉症が到来しました。診療していると、唇の周りが微妙にかゆい・・そうこうしていると、軟口蓋(のどちんこのあたりの、やわらかい粘膜)もかゆくなって、指をのどに突っ込んで、ごしごし掻いてしまいたい衝動にかられました。

 おー・・・例年の何倍とか言っていた花粉です。とうとう暴れ始めたかー!。
去年の残りの抗アレルギー薬をごそごそさがして、一粒口に放り投げました。この抗アレルギー薬ってやつは、抗ヒスタミンのように、眠くなったりしない、すぐれた薬です。10年くらい前に開発されたんだと思います。アレルギー反応をおさえてくれて、良く効きます。しかし、飲み始めて何日かたたないと効いて来ないのがやや玉に瑕。

 私のアレルギー暦はかれこれ30年近く。しかし、私が薬を飲みだしたのは7~8年前からです。春になると、前出の軟口蓋がかゆい症状が少しあったけれど、昔は、喘息のような咳が出るのが主で、まさか自分のような、大味なヤツが花粉症なんて繊細な病になるわけはない、と思っていたのです。

 毎春咳が続くので、風邪と思って抗生剤なんかさえ飲んでいました。(もちろん効かない)。今考えれれば、5月くらいにはなおっていたので、なんか長引く風邪・・・と不思議に思いながらやり過ごしていました。

 ところが、四十路近くになって、咳もはげしくなるわ、のどもかゆいわで、これはおかしいな、と思っていると、友人の耳鼻科医が、あっさり、
「あんた、花粉症じゃないの?」

と言い当てました。まさか、と思って、耳鼻科に駆け込み、アレルギー検査をしてみると、なんとあっさり
「花粉症です。」
と言われてしまったのです。

 なんと、長い旅だったことでしょう。それから、優秀な薬のおかげで、そこそこ普通に生活できるようになりました。

 目がかゆいとか、くしゃみが出るとか、花粉症は典型的な症状ばかりではないのです。
先日も、歯茎がかゆい、とおっしゃっていた患者さんもいらっしゃいました。

 この時期、よくわからないへんな症状があったら、花粉症も視野に入れておいたほうがいいですよ。
そして、耳鼻科に行くといいです。やっぱり、花粉症は耳鼻科が得意なようです。


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科
hiひ

by urakawasika | 2011-02-26 02:15 | 健康,体、病気 | Comments(6)

ホテルヒルトンのバレンタイン   

 
c0219595_19194692.jpg

 このタイトルだと、ちょっと誤解されてしまいそうですが、ダイエーが経営していたホテルシーホークは、今や、ヒルトンになりました。
 うらかわ歯科医院が開業した時は、なんと、あのどでかいホテルは、まだ建築中でした。ホテルの高さは、今の半分。そして、あの頃は、バブルだってはじけたものの、今考えれば、まだまだまともな景気が市場を漂っていました。
 やがて、大きなファンファーレとともに、ホテルシーホークが完成。あのどでかいホテルは福岡の顔になりました。

 シーホークを横目に見ながら帰るさち先生は、ホテルの誕生から今に至るドラマを見てきました。

 窓の電気がいつもまばらにしかついていないのを心配してました。どこからか、ホテルのただ券なんかが巡ってきたりすることもありました。大丈夫なのかな~・・・と自分の病院こそ大丈夫なの?という私が心配してました。

 やっぱり・・・ある日ホテルシーホークは、経営難のため、日航に買われていきました。日航になって、ホテルの内装の趣味が良くなった、という患者さんの評判も耳にしました。そう、良かった良かった、と思ったのもつかの間。ある日日航は、歴史的経営的惨事に見舞われて、とうとう、ホテルはヒルトンに買われていきました。

 やれやれ、最後は、とうとう外国人に買われちゃったのね・・・・

 でも、ダイエーだった時代から、変わらなかったこと。それは、バレンタインデーになると、窓にハート型の照明がともります。
経営者は変われども、この日はかならず、ハートが百道の闇を照らします。バレンタインデーだけは変わらないんだね。
 
 と思いたいわたしですが、この激動の20年。チョコも友チョコにシフトしてるらしいです。義理チョコをもらう方も、あげる方も、なんとなくだるい様子の方々もいて、チョコはそろそろやめにしますか?


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科
hiひ

by urakawasika | 2011-02-18 19:20 | Comments(3)

毛皮売りの男   

開業して18年も経つと、まあ、色々面白いことがあります。
110番通報するようなことも1回や2回ではありません。ネタだけは豊富です。

 寒いなー。久々に、毛皮の美女を見ました。そうだ、毛皮といえば、ありました。開業して5年くらいした頃です。

 昼休みに、院の階段を上ってきた体格の良い若い男性。急患かしら、と思うと、どうも様子が違います。彼は、突然こんなことを言い出しました。

 「あの、突然なんですけど、ものすごくお買い得な〇〇の毛皮があるんだけど、買ってもらえませんか。」
(何の毛皮か今となっては思い出せない。何だったのだろう)
 は~?何を言ってんのお??、
目を真ん丸くしている私の様子にひるむこともなく、男は続けます。

 「僕は、船乗りなんです。北海道の沖で、ソ連の船と物々交換したんですよ。福岡で毛皮屋探して買ってもらう時間なくて、ここで買ってもらうと助かるんだけど。7万でどうですか?たぶん、後日毛皮屋に持っていってください、倍にはなりますよ。ちょい持ってきます」

 彼は、駐車場に車を留めているのか、白い毛皮と焦げ茶っぽい毛皮を持ってきた。動物がペッシャンコになったような形に、きれいになめしてある。北国の動物らしく、かなり毛が密集している。素人の私が見ても、大きくて立派なものだ。

 私は、その瞬間、我が家の、安っぽい食卓の下に、この毛皮が敷かれている図を想像して、プッと噴き出してしまった。まるで、グリコのおまけを金のお盆に載せたみたいな座りの悪さ。
 次に、私がその毛皮で作ったコートをまとっている図が出てきた。またまたはげしく吹いてしまった。たるのような毛のかたまりの上に、でかい頭がのっていた。

 「これって密輸です?」
とおそるおそる聞いてみた。彼はまったく平然としている。次の瞬間、西日本新聞の一面に、毛皮密輸の手助けをした歯科医捕まる。という記事が頭に浮かんだ。私が、うなだれて毛皮といっしょに記念撮影されている。

 7万円が14万円になるのか~・・・と気持ちが一瞬ゆれた。
しかし、次の瞬間、希少動物が絶滅するのも、こんな感じなのか。けしからん!とえらそうに憤慨し、妄想が終わった。

 男には申し訳ないけど、密輸の片棒担ぎでしょっ引かれるのもいやだし、毛皮に見合った食卓もないし、毛皮商にコネもないので、丁重にお断りしました。

 未だに毛皮を見ると、あの見事な毛皮を思い出します。結局誰のものになっているのだろうか・・・
あ、もし、毛皮売りの彼、ブログ見てたらその後を教えてくださいね。 んな訳ないか・・


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科

by urakawasika | 2011-02-11 00:49 | うらかわ歯科エピソード | Comments(4)