<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

英語の勉強法   

 最初に言っておくのですが、さち先生は、英語がしゃべれません。外国人の患者さんとコミュニケーションしながら、治療することもあって、まわりの患者さんに、「先生すごいですね~」と言われたこともありますが、あれは、定型のいくつかの言葉を駆使して、気合いで話したようなふりをしていただけです。また、ボディーランゲージと、火事場のバカ力で、人間同士、なんとかななっている、という感じです。
 でも、また最近英語を勉強しています。というのは正確ではないかもしれません。
 家に帰って、20分くらい、ANAの機内誌の翼の王国を意味もわからず読んでいます。
あの本は、右からひらくと、日本語のページ、でも、左から開くと、英語と中国語の記事になっています。なんたって、グラビアがきれいなので、何を書いてあるか、写真でなんとなくわかります。もちろん、詳細はちんぷんかんぷん、に近いです。
 辞書なんてひきません。英語をマスターするためには、日本語を入れない、というのが、私の信じる英語勉強法なのです。
 つらつら、読んでいて、あんまり意味をとろうとか気負わず、子供が、ちょっと難しい絵本を想像しながら見る感覚で読みます。

 少なくとも、続けていると、英語を読むのが、苦痛ではなくなります。英語のリズムに慣れるのかもしれません。時々、英英辞典で言葉をひいたりしますが、日本語が入ってないので、ひいてよくわからないときもあります。

 でも、気にしません。別に受験勉強でもないので・・・

 しかし、この英語勉強法は、やってみると、脳のまったく、いつもと違うところを使うみたいで、仕事の疲れがいやされます。
 私の推測ですが、脳って、バランス良く色んなところを使うのがいいのではないかと思います。
 日本語を追い出して、でも、言語野のどこかが、活性化しているのだと思います。

 英語勉強というよりも、脳トレ感覚です。
 できれば、もっと簡単な教材がいいのですが、わかるほど優しいものだと、脳が妙にフル活動するので疲れます。この微妙にわかんない、BGM的な英語がいいのかもね。

 ☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科


by urakawasika | 2011-07-09 17:08 | さち先生ブログ | Comments(6)

厳しくすると病気になっちゃうのよ   

 おしゃべりさち先生は、診療しながらよくしゃべります。
患者さんのAさんとお話しして、なるほど~って思ったことは、こうやってつい書き留めてしまいます。
 「仕事大変ですよね」
とさち先生。
 「はい。なかなか大変です。だから若い人が続かなくって・・・」
Aさんは、しっとりした美人の看護士さんです。
 「端で見るより、医療現場は大変だもんね~(ちょっとため息)」
と私。
 「若い人は、厳しくすると、すぐ病気になっちゃうの。だから、あんまり厳しくもできなくて。私たちの頃は、責任ある仕事だし、厳しくてあたりまえ、って感じがまだあったんですけどね」
 「ほう!」

厳しくすると、やめる・・・というのは、ちょい昔のことで、最近の定番は、厳しくすると病気になっちゃう、か~。
 さち先生、最近の世相を、ずばり切って見せられたようで、なんだか興奮してしまいました。
 厳しくするとやめる、ってのは、私の世代。今や、厳しくすると、心を病んじゃう。ごもっとも!
なんだか、言葉にして言われると、妙に納得してしまいました。
 今や、心療内科は大流行。

 NHK朝ドラの戦時中ドラマ、「おひさま」を見てると、過酷なんだよね。泣いてても始まらないような、すごい日本があって、アフガニスタンも、イランも、日本の昔とかわらないのよね。

 でも、めけずに必死に生きている日本人がいて、その方々のおかげで、平和をむさぼっている現代人。どうも、ひ弱になりきっているようです。

 でも、震災の中、めけずに、なんとかふんばっている日本人がいます。
 心を強く、体も強く。少々のストレスにめげない自分を作りましょう。
子供は、ストレスに適度にさらして、抵抗力をつけましょう。

 なんだか、感心した会話でございました。

☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科


by urakawasika | 2011-07-02 01:04 | この人語録 | Comments(0)