<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

息子の虫歯治療~家業とは・・・   

 歯科医の子供は虫歯がない、と思っている人は意外にいるようです。なんせ、偉そうに、歯磨き指導をしたりしている人だもの、実の子の歯はぴっかぴっかだと思われるのもしかたのないことといえば、そうかもしれない。
 しかし、現実は、皆さんの期待を裏切って申し訳ないけれど、決してそんなことはない。
 今日、とうとう、小さな我が息子の歯の治療をしました!

 なんせ、治療せねばと思いながら、どんどん夏休みがすぎて、やっと9月がちらつきはじめてあわてて診療室につれて来た次第。
 でも、待合室に座らせて、予約の途切れるのを待たせていると、なかなか順番が来ない。なんせ、ちゃんと料金をいただいて、お仕事させていただく方々を優先するのは当たり前。息子よ、もう少し待っててちょうだいね。・・・

 とうとう、息子は待合室で、宮崎アニメを鑑賞し終わってしまっていた。
 なんとか、患者さんが少し途切れた瞬間に治療いすに追い立てて、治療をはじめた。
 あー・・患者さんには、歯間ブラシを使ってあげてだの、フロスを使いましょうだの、偉そうなことを言っておきながら、私ときたら、もう眠い・・・とばかり、電導歯ブラシを、さっさと息子の歯にあてて、さあ寝ましょうね。なんて夜が多かったもんね。息子よ、ごめんね~。(電導歯ブラシというものは、ちゃんと使用するには、そもそも手用より、時間がかかるんですよ。)

 そうこうしていると、「患者さんが△人お待ちですう。」と受付の声。息子よ、今日はここまで。クリーニングは、ざっとでまたね。あとは家で磨いてあげるから。ほんじゃあ・・・

 でも、息子は、手抜きの歯みがきで終わらせる夜も多々あったけど、消毒剤入りの歯磨きを使っていたので、ま、ひどい虫歯ではなく、ほっ! (是非クリーンデンタルや、ラカルト、コンクールあたりを使ってください。ずぼらな母でも、ひどい結果になりませんよ。)

 しかし、ふと、プロ野球選手だった稲尾選手が、昔言ってたのを思い出します。
「うちは漁師だったので、いい魚は全部市場へ出してしまいます。残ったのを家族が食べるんです。」

 作家宇野千代も、かつて日本を代表する画家、東郷青治と結婚しておられていたにもかかわらず、
「いい絵は、みんな売ってしまうので、手元にはたいした作品がありません。」

 などと言っておられました。

 なるほどね~。わかる気がする。

 息子よ。これからは、友達の歯医者さんで、きちんと定期健診受けます?

 家業とは、けっこうこう言うものなんです。やれやれ。
 

 


 
☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科の
福岡市の矯正歯科

by urakawasika | 2011-08-22 23:26 | 我が家流 | Comments(0)

「一口30回かんで、食べましょう!」なんて、そうそうできない!   

 c0219595_15122969.jpg
先日、久しぶりに、患者さんサロンを開催しました。良い歯並びを作るにはどうしたらいいの? というテーマで、あれこれやってみました。
 
 横向き寝で、歯に体重をかけて寝ると、内側に歯がたおれこんでいくんですよ。だとか、最近の軟食では、どうして歯並びは悪くなるんでしょう。だとか・・・ちょっと御指南してしまいました。

  参加してくださったみなさん、ありがとうございます。
c0219595_15133357.jpg
 さて、歯並びを良くするノウハウ、として、良くかんで食べる、ということがあります。テレビでも、偉い学者さんが出てきて、「30回かんで食べましょう」・・・とハンでおしたようにのたまいます。
 確かに、そうなんです。良いかみ方で、しっかりかむと、かむ筋肉が鍛えられ、歯並びにも良いのです。・・・・が、しかし、皆様、30回かんだことってあります。やってみたらわかると思いますけど、食事中、最初から最後まで、30回かみかみやってたら、もう食事どころではありません。本日の夕食ではなくて、本日の夕トレ、になってしまうくらい、過酷です。  はい

 というのも、ここ、最近、さち先生は30回がみにトライしているのです。夕食時、30回、と心でとなえ、しゃべるのもままならず、目がすわり、ひたすらかんでいます。

 確かに、すごい。ドライマウスで早飲み込みの私の口の中にも、じわ~っと唾液が出てくるのがわかり、水で、押し流すように飲み込んでいたのが、水がいらなくなります。

 食べ終わると、こめかみがけっこう痛くて、筋肉痛になりそうです。顔のまわりもほかほか暖かく、顔の小じわだってとれるかもしれません。頭のめぐりもよくなりそうです。

 でも、やっぱり、これって現実的ではありません。食べ終わるのは、家族の誰よりも遅く、家族の会話に口をはさむこともできません。もごもご・・・と、ひたすら、かむマシーンみたいになってしまう。

 このテレビに出てくる、えらい学者さんは、自分で30回かめ、なんて言ってるけど、やってるような気がしません。だって、もしやってたら、「実際やると、こういう風に難しいので、現場はこういう風に工夫しましょうね、」って絶対言いたくなってしまうはずですもの。さらっとなんて流せない。

 というわけで、ここのところの、30回がみの実践を、みずからやってみて、皆様に、こういうアドバイスができるようになりました。

 まず、
 30回はいきなり無理です。20回から始めましょう。
 いっせいに全部の場所でかむのではなく、片方の奥歯だけに、食べ物を集めて、そこで集中して咬みましょう。疲れたら、反対側にうつします。絶対に注意してほしいのは、きちんと口をとじて咬むこと。口をあけていると、筋肉のトレーニング効果は半減です。

 それから、食事の最初10分くらいでいいです。最初にやると、比較的、そのあとも、いつもより、かもうとするようです。
 一人だけでやると孤独なので、最初の10分は、家族でやりましょう。

 子供のトレーニングとしてやるときは、お母さんは最初、食べずに、数えてあげましょう。

 どうですか。これだったらできそうでしょう。
 最近の子供さんは、ぽか~んと口をあけてる子が多いです。こういう子供たちは、べろを始め、口の周りの筋肉が弱いので、かみかみ大作戦が効果をあげますよ。

 

☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科


by urakawasika | 2011-08-02 15:05 | うらかわ歯科エピソード | Comments(2)