<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

IP電話と前歯   

  IP電話、って知ってますか?つまり、電話ではなくて、インターネットの回線を使って、電話をするサービスです。

 インターネットは定額使い放題。だから、その回線で電話をすると電話使用料は特別かからないんだそうです。
うらかわ歯科医院は、このたびIP電話にかえてもらいました。おまけに、事業所用のスペシャルな電話器も入れていただき、ボタンがいっぱいついて、たくさんの機能がつくようになりました。

 さて、電話の工事に来られた男性二人のうち、一人がしゃべるのをまじまじと見ていたさち先生は、彼の説明も右から左に抜けていってしまいます。なぜって、彼は前歯が3本虫歯でぼろぼろになっているのです。歳はまだ20代の様子。気の良いしゃべりかたの彼は、笑顔がさわやか、と言ってあげたいけれど、なんせ、マンホールのふたが道路にあいているみたいな、危なっかしい口元。デインジャラスな気持ちになってしまって、どうも落ち着きません。

 ぱくぱく動く口の、そのマンホールをじっと見つめて、さち先生の職業病がふつふつと頭をもたげてしまいます。彼と話すうちに、けっこううち解けて、思わず、そしてやっぱり、おせっかいもののさち先生は言ってしまいました。

「どうしたと?前歯?ぼろぼろやん!」

 彼は、はっと我に返り、口を押さえます。
「時間がないんっスよー。」
「工事ぎっちりつまってるんやね。」
「はい、そうなんです。今年こそは治そうと思っているんですけど・・・」

さち先生はかわいそうになってきます。うちの工事1軒でも、かなり時間がかかっているし、今日だって、お昼ご飯も食べずに予定をこなしているようだった。
「まだ、若いんだから、はよ、治したほうがいいよ。でも、その前歯、どうも抜かないといけないと思うよ。だって、根までぼろぼろだもん。見るからに。」
「え~。やっぱそうですかあ。」
「うん。申し訳ないけど、虫歯もそこまで行くと無理だべ。」
彼はがっくりしています。

「ま、しかたない。土曜日の休みの日にでもおいで。予約入れとく?」

かくして、彼は、うらかわ歯科医院の工事に来られて、翌週から、患者として通うことになりました。

そういえば、さち先生昔のことを思い出します。
診療所の隣にガソリンスタンドがあった頃がありました。ほんとに隣です。そこのスタッフの子が時々うらかわ歯科にやってきてました。
でも、いつも、いよいよ痛くなった時だけ駆け込んできます。でも、またしばらくしたら、皆、中断していきます。不真面目な子というわけでもないのだけど、診療のために仕事を抜けてくることもできないほど、スケジュールが過密だったようです。もちろん、どの子の口の中もとっても悪かったです。

 なんか、隣なんだから、ちょっと抜けて出て来れそうなものですが、だめだったみたいでした。

 そうこうしているうちに、そのガソリンスタンドは撤退してしまいました。スタッフが、歯の治療にさえ通えないくらい働いていたのにね。なんだか胸がつまりました。
インターネットの彼は、がんばってハンサム君にしてあげよう。まだ独身みたいだし。がんばって通うんだよ!


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科 小児歯科
福岡市早良区の矯正歯科

by urakawasika | 2012-01-28 00:34 | うらかわ歯科エピソード | Comments(4)

2012年、日本の近代史になっていくこの1年   

  2012年がやってきました。2000年問題がどうのこうの言ってた世紀の節目は、先日のようですが、月日はまるで、アウトバーンを走る車のようです。
 私のお正月は、実家で池上彰さんの、日本の近代史授業をずーっと見てました。

 池上彰さんは、ジャーナリストですが、近代史の解説をさせたら天下逸品。どんな授業よりもおもしろくなります。大学授業の中継が、テレビで連続何十時間もあっておりました。

 思い起こせば、ベルリンの壁の崩壊。さち先生は、確かあれを、山口大学の口腔外科で聞きました。衝撃的だったです。今考えれば、鉄のカーテンと言われた時代が、ずっと続いて行くんだと思っていました。アメリカとソ連がしきる2大勢力が、世界を覆っていた時代が、あんな形で崩れていくんだとは誰も考えられなかったでしょう。職場の先輩が、ドイツを訪れて、壁の一部、小さな石ころを買ってきたのを覚えています。
 子供のころ、中国の指導者”毛沢東”も、新聞やテレビでよく目にしていました。中国の記憶は、人々はみんなカーキ色の人民服でした。
 そして学生だった頃、新聞では、毎日のように、カンボジアのポルポト政権下で繰り広げられていた虐殺の記事が、シリーズ化されていました。

 池上さんが語る近代史に、自分の歴史を重ねて、固唾をのんで見ていました。私は、出てくる史実の多くを、生でテレビで見て、その時は、びっくりしたり、意味がわからなかったりしながら、ごく普通に、たんたんと日々を暮らしていました。
 私が、たんたんと、毎日寝て起きて、食べて、人生を進めて言ってる間に、世界ではこんなことがおこって、まさに今、あのころとはまったく違う世界になってたことを実感しました。

 社会の変化、進歩に私の人生もまきこまれながら変化してきたのですが、毎日食べて、寝て、家族や友人に囲まれていました。

 これって、すごくありがたいことなんだなー、とじんわり思いました。

 ポルポト政権下で虐待された方もいたし、中国共産党のもとで、苦渋の人生を送った方もいたわけなんですからね。いえ、今も、同様の人たちが世界にはいっぱいです。

 今この時もまた、世界は動き、神の時間は進んでいます。その中で、平凡な一日一日をおくれている人がいたら、やっぱり、心から感謝しましょう。

 今年は、あとから振り返ったら、どういう意味がある年になるのでしょう。モザイク画のように、小さなパーツにすぎないこの1年から、全体を見ることはできませんが、平凡な一日が地球の多くの人たちにおとずれることを祈ります。

by urakawasika | 2012-01-14 12:27 | 社会 | Comments(0)