<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

時代はリサイクルショップ?   

   年末、近くの小さなスーパーが撤退してしまいました。そこはこぢんまりして、日々の食材を買うのにとても便利だったので、がっかりしてしまいました。
 しばらくすると、工事車両が入るようになって、新しい店舗がオープンしました。しかし、その店はスーパーではなく、なんと、リサイクルショップです。

 あー・・・残念。これからずっと、いちいち食品を買うのも、大きなスーパーの広い駐車場に車を停めて、広い店内を歩いて買い物しなければならないんだ~。

 がっかりしながらも、オープンののぼりにつられて、冷やかしに、そのリサイクルショップを訪ねてみました。こういう古物屋さんって、ちゃんともうかるのかな~。しかし、意に反して店内は大繁盛している模様でした。中古品を扱う店にしてはけっこうこぎれいな陳列で、レジには人が何人も並んでいました。
 
 店内をうろうろしてると、へ~、こんなものまである、とジャンル問わず、多岐にわたる商品が陳列されていました。冷やかしで行ったのに、私は思わず、ダウンジャケットを買ってしまいました。3000円の値がつくそのジャケットは、ほとんど新品。ダウンの質がさわっただけで良いのがわかります。新品を買ったらこんな値段では買えないなー・・・掘り出し物です!

 
 でも、考えてみると、スーパーがつぶれてリサイクルショップというパターンも、ここ最近の特徴かもしれませんね。昔はなかったですね。私が若かりし頃は、何かがなくなってスーパーができるというのは、よくありました。小売店がまだ幅をきかしていた頃、スーパーって、まだまだ時代の寵児でしたからね。そういえば、ここ10年くらい、大型電気店や、紳士服チェーンのあとに、ゲームや漫画を売る、ちょっとおばちゃまには怪しげに映るお店が登場してました。リサイクルの本屋さんや、中古車屋さんも、よくオープンしてるような気がします。 
 代わりに、大きな生活道路の周りからなくなっていったもの。良く考えると色々ありますね。写真のDPE。喫茶店。新刊を売る普通の本屋さん。小さなスーパーもそのひとつかもしれません。大型店舗に駆逐されていってます。

 それとともに、町の風景も少しずつ変わっていきます。

 私の子どもの頃は、戦後を十分に引きづっていて、生活用品のすべて、何でもほしい、と人々は希求していました。家に物が増えていくのは、豊かさの象徴だったかもしれません。しかし、今は、もはや、時代はデフレが長く支配し、身のまわりは、物であふれ、人に物をさしあげるのも、気を使います。今はニーズにあったものを手堅く手に入れて暮らす時代になったのかもしれません。

 物だけでは人は幸せにならないと、昔より、多くの人が気づいているのでしょうか。
 しばらく、リサイクルショップがもてはやされる時代が続いたら、今度はどんなお店が前の店を駆逐するのだろう。

 今のとこ、さち先生はまったく想像ができません。

それにしても、今年の冬は、このリサイクルダウンのおかげで、随分寒さ知らずにすごさせていただきました。


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科 小児歯科

by urakawasika | 2013-02-18 14:57 | 社会 | Comments(0)

女子柔道日本代表のトラウマ   

ニュースで、柔道女子の日本代表選手が、監督の暴力をJOCに訴えた、と報道されていました。

 第1報のあと、監督のパワハラは、そこだけの問題ではなく、広く、スポーツ界に存在してきた問題だとも報道されました。

 さち先生なんだか、このニュースが気になります。

 というか、このニュースで、忘れていたティーンエージャーの時の心の傷がちくっと痛みます。

 というのも、私は、中学高校と、自他ともに認める運動音痴でした。ドッジボールをやれば、友達は、私から離れる・・・それもそのはず、すぐに当てられてしまうので、共倒れになりたくない友達。運動会で走ればビリ。運動音痴がなんとかなるかもしれない、と思って入部したバスケット部は、1ヶ月くらいで退部。いつも体育の時間は、つらかったです。
 中学の時の体育の先生は、きっと色々思うとこあったかもしれませんが、特にいじめられることもなく、なんとかスルーしました。

 ところが、高校に入ると、体育教官に目をつけられ、どなられるか、無視されるか、のひどい仕打ちにあうようになってしまいました。その先生は、誰もがおそれる鬼教官。それでも、彼のお気に入りもけっこういて、楽しそうに、彼の指導を受けてる学友もいました。

 体育の時間は、私の恐怖の時間でした。恐怖を感じてるから、ますますぎこちなくなって、悪循環です。特に、持久走は最悪でした。どんなにがんばろうと思っても、すさまじく心拍数があがり、吐きそうになるくらいきついのです。そうたいした距離でもないのに、私だけ真っ青な顔で、一番後ろから悲壮な顔でゴールします。

 体育教官のどなり声は四方八方ににこだましました。あきらかに、なんだこいつは・・・という表情がありありです。

 その頃、私の体力は、体育だけではなく、学校の行き帰りの坂道でも、止まって休むほどになっていました。朝もきつくて起きられません。なんて、私はだめなのかな~。体力ないな~、と思っていじけておりました。

 さて、大学になって、こんなことではいけないと、私は水泳部に入部しました。私が、体育の時間追試を受けなかったのは、ゆいいつ、水泳だけ。おそろしく遅かったけれど、とりあえず、50メートル泳ぐことができたので、水泳ならできるかもと入部させていただきました。

 大学で水泳部員になったとき、あるきっかけで、血液検査をすることになりました。そして、私は、すごい事実を知りました。なんと、私は、鉄欠乏性貧血だったのです。血液中のヘモグロビンの値は、正常値を激しく下回っています。これじゃあ、ジョギングなんて走れるわけもありません。先生は、鉄剤を処方してくださいまいました。

 なんと、それから、走っても今までのようにきつくないではないですか。私は根性がない、とか、体力がないとか、ずっと悩んでいたことが、本当にあほらしく思えました。同時に、何で、親も、体育の先生もそういう疑いを持ってくれなかったのだろう、とうらめしくなりました。鉄剤飲んでたら、私の体育人生ももっとましだったろうにな~。

 それからの私は、まったくかわりました。運動することがとっても楽しくなって、大学では、毎日2キロ以上泳ぐことも難なくこなすことができ、2~3キロのジョギングならそうつらくない、というスポーツ少女に変身しました。
 今でも、どんくさいのはあんまりかわってないけど、運動することが大好きです。
 
 まあ、運動音痴だった私のトラウマと、日本屈指のアスリートたちのトラウマと、重ねること自体、お笑いなんだけど、なんか、高校の体育教官と監督がちょっとかぶって、心の琴線にふれます。

  あ、それから、世のお母さん方、思春期の娘さんは、鉄欠乏性貧血を患いやすいので十分注意してくださいね。

 


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科 小児歯科

by urakawasika | 2013-02-09 16:55 | 社会 | Comments(0)