<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

一年間ささえてくれてありがとう!   

   うらかわ歯科医院の窓辺を飾る生花は、開業した当初から、津屋崎の百合農家のH農園から直送してもらっています。もう20年近くHさんのおかげで、お花を絶やさずに患者さんを迎えることができました。

 ちょうど今じぶんは、百合の他にチューリップ、フリージャが混じって送られてきて、毎年春の到来を感じます。
 さて、いつもお願いする日じゃないのに、津屋崎からのお花の宅急便が届きました。
 箱をあけたスタッフが、小さなギフトカードを見つけました。

「1年間、大変な時、ささえてくれてありがとう。感謝の気持ちを込めて、お花を贈ります。N子」
と書いてありました。

 私は、それを受け取って、考え込んでしまいました。N子さん???
 私が、一年間ささえてあげたN子さんなんて、いたっけ???

 私は、記憶のす べてを総動員して、N子さんなる人物・・・しかも、私が1年間彼女の役にたったと思えるN子さんを思い出そうと格闘しました。・・・しかし、どんなに考えても思い起こせません。

 そうこうしているうちに、私は、1年間誰かをささえたり、誰かの人生にささやかでも、かかわり、お役に立ったりしてるかしら・・・という根本的な疑問が、私の脳裏にわいてきました。
 そして、次第に、なんだか恥ずかしくなりました。そんな風に生きてきてないのに、どこかの素敵なN子さんは、ささいなことにでも、感謝する心を持っていて、こんなしゃれたことをしてくれるのかしら・・・?

 とうとう、お花をいつも贈って下さるHさんにお電話しました。するとどうでしょう。
「すみません。シャッフルしてます。お届けがいくつかあったので、先生の所に送るのと、先生の所にあるのが入れ替わっています!」

と、申し訳なさそうな返事が返ってきました。

な~んだ。そうだったのか・・・私は、ほっと胸をなでおろし、あせってしまった自分がおかしくなりました。
しかし、一段落してまた、今まで私の心によぎった気持ちをまた思い出します。

1年間、一番大変な時にささえてくれてありがとう・・・・私は、誰かからそんな風に思われるような日常をすごしているかしら・・・また、逆に時々、大切な人に、そんな風に感謝を伝えることがあるかしら・・・

 そう思うと、なんだか恥ずかしい気持ちになってしまいました。

結局、美しいチューリップは、H農園のミスということで、そのまま、うらかわ歯科の窓辺を飾ることになりました。

 季節は、春。人が別れていく季節でもあります。N子さんは、大変な1年を乗り越えて、お花を贈れるほどに、良い状況となり、美しい春を満喫してるかもしれません。

 チューリップを見ると思い出す思い出が、また一つできてしまったようです。

 

by urakawasika | 2014-03-27 17:18 | Comments(0)

希望の祭典 レーナマリアさんの生歌   

 週末に、レーンマリアさんをはじめとする、クリスチャンアーティストが参加する希望の祭典というショーを見に行きました。普通なら、ソロで、お客さんを呼べるアーティストたちが、少しずつ歌うという贅沢なショーです。
 その中でも、日本で一番有名なのが、スウェーデンのレーナマリアさんです。彼女は、両腕なき愛のゴスペルシンガーと言われ、すばらしい歌声の持ち主です。しかし、彼女は、生まれた時から両腕がなく、足も、左は、長さが半分という、重度の身体障害児です。

 十何年か前に、日本に来日した時に、ニュースステーションや徹子の部屋でも取り上げられたので、知ってる人もいるかもしれません。

 私も、その時を覚えています。なぜ、こんなに、ひどい障害なのに、こんなに明るく、素敵に生きていけるのかしら・・・と感心してしまった一人です。彼女は、シンガーとして活躍してるだけでなく、パラリンピックの水泳メダリストだというのです。すごいな~。この人いったいどうなってるの?
 普通の体なのに、何の取り柄もない自分をふりかえり、やれやれと思ったのを覚えています。
 あれから、彼女のことは、印刷物で見かけることはありましたが、生で、しかも歌まで聴かせていただくのは初めてです。

 さて、彼女がステージに入ってきました。会場がわきました。そして口から、この世のものとは思えないような美しい歌声がこぼれ、会場からは、ため息がもれる。
Raise Me Up
という、彼女のお気に入りの歌が流れました。スクリーンに和訳が写されました。それを読みながら思わず涙。
 
 人生で、苦しみの時、
一人でほんとにつらいとき、私はあなたが、静かにそばに座ってくれるのを待つ。
あなたが来ると、私はやすらぎ、私は、高く上げられる。
山の上にいるように、私は、高く上げられる。

 確か、こんな感じの歌詞だったと思います。
あなたとは、私を創り、どんな時も愛して下さるお方。主。神・・・

 私たちの人生には、時に、どうしようもないくらい敗北を感じたり、孤独を感じたりすることがあります。そんな時でも、「私は、あなたのそばにいるよ。」と言って下さる大いなるお方がいる。
 その方が、レーナさんの上に奇跡をおこしているのでしょうね。

 すばらしいひとときでした。


by urakawasika | 2014-03-17 19:53 | さち先生おすすめナンバー | Comments(0)