<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

クリスマス、1年間ありがとう   

 クリスマスシーズンになると、毎年のように、あまりに早く過ぎ去った1年を思います。
 ちまたでは、クリスマス商戦まっさかり。近くの大型スーパーは、日曜ともなると、人でごったがえしています。
 クリスマスはプレゼントがつきもの・・・なぜクリスマスにプレゼントを贈るのでしょう。これは聖書にもとづいています。聖書は、この世界を造られた神が、人類への最高のプレゼントとして、世に、キリストを誕生させたということを語っています。知ってると思いますが、クリスマスは、イエスキリストの誕生日です。聖書を信じる人たちは、この神の愛に感謝し、自らも、隣人に贈り物をしました。
 でも、もはや、ちまたのクリスマスは、オリジナルな出来事を知らずして、プレゼントだけ、サンタさんとともに定着してしまいましたね。

 さて、ちなみに、我が家は、昔から、サンタさんは来ません。ささやかにも、クリスチャンホームの我が家は、イエスキリストの生誕をお祝いしますが、サンタさん神話はなくて、ついでに言うと、プレゼントも、あったりなかったりです。
 なんたって、我が家の子に限らず、日本の子ども達は、普段から、色んなところで、物にあふれた生活をしてます。我が家の子ども達も、この恩恵のもと、文房具だって、必要を十分に満たすだけ持っているし、洋服だって、高級品はなくても、何枚も持ってます。何しろ、日本は、安くて良い品にあふれ、親切な友人達は、きれいなお下がりを惜しげもなく下さいます。子どもは、ほしい、と訴える前から、すでに与えられます。親が与えなくても、色んなところで与えていただける環境です。食べ物だって、あふれるほどあるのが当たり前。家になくたって、スーパーに行けば、何でも買えます。

 だから、その上、さらに、クリスマスに何がいるというの??
と、私は思ってしまうのです。我が家は、おもちゃをあまり買い与えないようにしてますが、たまたま、ずっとリクエストされているものが、とりあえず、クリスマスシーズンにかかっていれば、まあ、クリスマスプレゼントという名目がつきますが、そういうものが、この時期なければ、とくに、プレゼントはありません。

 この日は、世の中の、恵まれない大変なところにいる、どこかの隣人のために、何かをしてあげる日、となります。ちょっとした寄付をしたりすることもあるし、特に何かをしなくても日頃、無関心で過ごしてしまった虐げられた人たちに想いをはせて、祈りましょう。

 この時期になると、自分の過ごした一年が神に守られ、色んなことはあったけど、多くの人のおかげで、平安に過ごせたことを感謝します。
 一昔前の日本人は、戦争をしていた時代に生きていた人たちもいるし、食べるものがろくにない暮らしをしいられた先人達も普通にいます。とりあえず、食事が十分にあって、普通に夜が来て、また、朝になり、あたりまえの日常生活が安心して送れていることは、なんという恵みでしょう。

 年明けは、うらかわ歯科医院のレントゲンは、CTが撮れる最新のものにかわります。世界のCTのうち、半分以上が日本にあるのをご存じですか?当たり前と思っている、日本の環境は、世界の常識ではありません。
 我が身を振り返れば、あたりまえ・・・と思って、感謝を忘れていることは、なんと多くあるでしょうか。感謝を忘れると、人は、どんどん変な方向へ突っ走っていきます。クリスマスは、すべての恵みに感謝して、誰かに何かをする日にしたいです。とりあえずは、日頃感謝を伝えそびれている、もっとも身近な人に、「ありがとう」。


☆面白ブログランキング。☆
人気ブログランキングへ

by urakawasika | 2014-12-12 10:55 | 季節 | Comments(0)