CEOの年俸   

 かの孫正義が、後継者のアローラ氏に165億円支払った。
そんなニュースが流れていましたね。
 なんだか、こういうニュースって、私はすご~くいやな気分になります。日産のカルロスゴーンの年俸を聞いたときもそうだったけど。
 もし、なにかの運命で、(ありえないけど)私が日産のCEOに就任し、何十億の年俸をもらったとしたら、それを還元して、できるだけ、リストラせずに、みんなの生活が立ちゆくように考えると思うなあ・・・
 何十億もあれば、下請けの会社に、こぎることなく労働に見合った報酬を支払うこともできるし。

 ソフトバンクだって、私なんぞは、後継者一人に国家予算なみの金額を払うんじゃなくて、派遣さんを正社員として雇い、顧客に対しては、たくさんオペレーターをおいて、苦情対応やサービスに対応するための予算を組む。そっちの方が、どれだけ、人様の役にたつか、って思っちゃいます。
 なんたって、以前、身に覚えのない支払請求がヤフーから毎月送られて来たことがあって、電話しても、誰にもつながらず、ひたすら、機械のメッセージ案内だけで、困ったことがありました。結局、今までは、ただのサービスになっていたのが、いきなり課金サービスに変わったということらしく、友達に教えてもらって、ネットの設定をかえて事なきを得ました。
まあ、何というか、自分でネットで調べて、勝手にやれ・・・と、言われたみたいで、いやな気持ちを味わいました。

 私が若い頃に、”今からは、日本もアメリカみたいな社会になっていくんだろうね。”とよく母が言ってました。それは、どうも、アメリカの良い面を言ってるのではなく、悪い側面を言ってるようなニュアンスだったので、ふ~ん、そうかな~と、何気に聞いていました。今更ながら、こういうことだったのかしら、なんて、最近よく思います。なんせ、アメリカは、数パーセントの大金持ちが、国家の富の大半を所有する国だそうです。

 そして、人生の成功は、いかに、他人から搾取する側に回るか。現代の成功者達の多くが、後輩に伝えます。言い方の問題で、少なくとも、私にはそう聞こえます
 孫正義氏の記事を検索すれば、彼が、いかに何にでも、一番をとることにこだわり、ずっと勝ち続けたというようなことが書いてありました。一番イコール成功。多くの富イコール成功・・・へ~・・・と言うしかない、さち先生です。(なんせ、一番なんて、あんまりなったことないもんね~・・・)

 その成功の哲学を、若い人にレクチャーしてる様子を見て、気持ち悪いと感じるのは私だけでしょうか。
 
その昔、人間の社会は奴隷がいて、王様がいる。そんな社会が普通で、みんながもっと平等になるようにと、革命をおこし、闘争してきた歴史の連続だと、学校で習った気がしたのだけど、民主主義と呼ばれる、昔よりは、少しはましな社会ができたと思っていたら、新たなる奴隷制度に逆戻りのような、なんだか変な社会になってきたな、と、最近私は気持ち悪くてしかたないです。

 一人が、何十億ももらう会社、しかも、創業者でもないのに・・・こういうのが、普通になってくると、必ず、一部の人が国の法律までも、権力とお金を使い、自分に良いようにかえてしまって、まるで、人間の歴史を逆行するようなことが起きてくるんだろうな、と思います。彼らはきっとそのうち、不老不死とか言い始めるに違いない・・・

 我が子や、若い人には、本当の人生の成功とは何か、洗脳されることなく、自分の頭で考えて、捜して見つけ出してほしい、と思わずにいられない今日この頃です。
 

# by urakawasika | 2015-07-04 13:41 | 社会 | Comments(0)

SL山口、前庭感覚を刺激しましょう!   

c0219595_17255121.jpg

 オフは、おうちで、ごにょごにょと遊んでいるのが好きなので、私は、あまり旅行はしないんですが、子どもをたまにはどこかに連れて行ってやらないと可愛そうかな~、と思って、先日、津和野に行きました。在来線に乗り、新幹線に乗り、新山口からは、ローカル線のディーゼルに乗って、何時間もかかって津和野につきました。

 朝思い立って、昼頃から出かけたので、初日は、列車に乗っただけ、という状況です。

 翌日、津和野の町をちょこっと散歩して、昼過ぎには、もう岐路につきました。

 なんせ、新山口行きのローカル線の特急は2時間に1本。本数が多い鹿児島本線の電車に慣れている私は、ちょっとくらくらしながら、帰りの特急の時間をチェックしました。3時台、もっとも、乗りたい時間の特急は、SLです。
 やれやれ、予約もせずに、連休、SLに乗れるはずもないよな~。次は5時台か、と思ったら、
「乗れますよ。」
と、あっさり駅員さんに言われました。
 
 お~・・・実は、私は、SL大好き。旅行はそう好きでもない、と言いながら、するんだったら、日本全国SLめぐりがしたい、と思うほど、愛着を感じます。

 それにしても、連休というのに、津和野は人も多くなかったし、SLもいきなり乗れるなんて、ここの観光は大丈夫? 少し心配になります。でも、なんて感激でしょう。SLの旅も満喫しました。
 ちなみに、SLの席は、旅行代理店が、パック旅行のために、行きの片道だけおさえるらしくて、案外、帰路はすいてるらしいです。

なかなか素敵な旅でした。また行きたいです。

 ふと、考えると、私は津和野に行きたいというより、列車に乗っていたい、と思っている自分に気付きます。快適な鹿児島本線の快速電車、新幹線、 SL山口・・・・う~ん。こりゃいいわ。と思います。

 でも、なぜ、電車ってこんなに心地よいのでしょうね~。私は、前庭感覚という感覚に秘密があると思っています。
 前庭感覚とは、耳の奥にある平衡感覚をつかさどる小さな器官で感じる感覚です。重力や回転、加速、傾き、揺れなどを感じる感覚です。

 この感覚は、人の心や体の状態に大きな影響をおよぼすことが知られてます。軽いゆっくりとしたした反復する前庭感覚の刺激は、人体を心地よくさせ、同時に覚醒した状態から、少しぼ~っとした状態に移します。興奮気味の人は、落ち着きをとりもどし、ちょっと癒される効果があるわけです。

 しかも、田舎を旅する電車の旅は、風景も絶品です。日頃、近くの物ばかり見てる現代人は、目の前の広々とした空間に、目も癒されます。

 田舎巡りの電車の旅は、生物学的におすすめです。日頃の拘束を解かれて、揺らされ、運ばれ、心も体も癒される。なんて素晴らしい!

 そんなことを言いまくっていたら、母が、1日中電車に乗る”九州一周電車の旅”というパックを教えてくれました。目的は、ひたすら電車に乗る・・・・う~ん。やってみようかな~。

# by urakawasika | 2015-05-02 17:25 | さち先生ブログ | Comments(0)

便利なネットが、なんだか怖い!   

 移動中でも、ユーチューブの色んな講演動画を聞くことができるな、と思いついて、小さなタブレットパソコンを買いました。
 さっそく使ってみると、二万円くらいにしては、目からうろこの使い心地です。グーグルのIDを入力すると、自宅で使ってる環境で、あっというまにユーチューブの動画が見れました。

 そして、それから、うらかわ歯科に、CTレントゲンの端末として、マイクロソフトが出した進化型のタブレットパソコンが入りました。
 どちらも、ほんとに、便利です。ちょっと前のパソコンと比べても、短い期間で、こんなにかわってるなんて。私は、ちょっとしたカルチャーショックを受けました。

 しばらくいじくりまわしていたのですが、驚くと同時に、今度は、だんだん薄気味の悪い感触がわきあがってきました。。

 それというのも、カメラを使用しようと思って、ボタンを押すと、位置情報を伝えます。というようなメッセージが出てきました。は?何で?位置情報をGPSで伝える必要があるの???写真写すくらいで・・・
 さらに、最初からタブレットに搭載されているアプリを使用しようと思うと、いちいちログインをしなければなりません。マイクロソフトやグーグルに個人情報をもらしたくない、と思ったら、せっかくのタブレットの機能の多くは使えない感じです。

 自分が、密かに個人的に検索したり動画を見たりしてる、と思っていても、次の回に、ネットにつなぐと、「あなたにおすすめの動画はこれです~」と、頼みもしないのに、私の過去の閲覧記録を解析して、おせっかいな情報を画面でどんどん提供してきます。

 誰が、私のことを、こんなに調べるのでしょう! 

もちろん、そうです。無味乾燥な検索エンジンが、きわめて無機質にやっています。

でも、検索エンジンが無機質にやってると思えば、許せるような気になるものの、もし、誰かが、私の使用してるパソコンを、オンタイムでのぞいてやってると仮定したらどうでしょう。とっても、気持ち悪いです。

 そして、このシステムは、誰かが作っているわけですから、意図すれば、無味乾燥な検索エンジンの向こうに、誰かの意思が働くことは、簡単な事だと思います。実際、そういう手法で、テロ対策をしてる、と聞いたこともあります。
昔なら、スパイを総動員して調べ上げたデータは、ものの数分で、ネット上で吸い上げてくることができます。

なんだか、昔では考えられなかった時代を迎えてる・・・どこでどう、自分の生活が監視されているかもしれない世界。
便利さの裏に潜む、気持ちのわる~い感覚を覚えるのは、私だけでしょうか。


# by urakawasika | 2015-03-13 20:17 | 社会 | Comments(0)

うらかわ歯科の新人君。CTレントゲン   

c0219595_12588.jpg

  うらかわ歯科の今年の一大ニュースは、年頭に、レントゲンシステムが最新のものになったことです。 
CTが撮れるデジタル機に入れ替えました。多大なる出費です。やれやれ。
 でも、入ってしまうと、もうあとには戻れません。すさまじい恩恵にあやかっています。CTなどは、ただ一言すごい!につきます。
IT技術で、骨格、歯もろとも、三次元に組み直して、目の前で、立体化して見せてくれます。今のドクターは、卒業したてで、こういうのが、あって当たり前になるのだから、ハッピーと言っていいのかもしれません。

だいたい、小さな一診療所がCTを持つなんてこと、世界広しと言えども、一部の先進国にしかありません。なんたって、世界のCTの半分以上は日本にあるそうで、私たちの常識は、世界の非常識と言われてもしかたありません。

 うらかわ歯科に以前あったアナログのレントゲン機は、業者に引き取られていきました。日本国にあっては、古い機械かもしれませんが、これも、後進国に持って行くと、現役ばりばりに活躍して、患者さんのためにたくさん貢献します。
 それに、後進国に持って行くんだったら、デジタル機器より、こういう昔からあるアナログ機器の方が、ずっと現実的です。パソコンの不調が少しでもあれば、まったく使えない代物になる繊細なデジタル機器は、日本にあってこそ、活躍できます。

 業者さんが、長年つれそった、うちのレントゲンを撤去して持っていく時に、こっそり、私は、レントゲンに手をおいて祈りました。
どうぞ、我が家のこのレントゲン君が、まだまだどこかで、たくさんの人の役にたつように。できれば、遠い国で、見ず知らずの人の病を治すお手伝いができるように。

 今頃、彼は、どこでどうしていることやら。
 まだまだ使えたあのロートルは、すっかり、うらかわ歯科医院では忘れ去られてしまいましたが、どこかの国で、今も大活躍してくれていたらいいな~と思います。

 しかし、素晴らしい機能のCTも、まだまだちょっと完璧に操作できてない私です。患者さんをセッティングしながら、
「え~っと、この設定で良かった~?」
とか、マスターの早い若いスタッフの手をとっております。

 時々、連携するパソコンがフリーズしたりして・・・サポートセンターに電話したり。機器の癖をつかむのにもちょっと手間がかかります。

 たぶん、皆さんが、定期検診においでになられるときは、スムーズになっていると信じましょう。(笑)
 でもね~。こんなベストな機器で治療をするのが、当たり前になってる日本人のドクターが、医療後進国に派遣されたら、たぶん、切り替えに随分時間がかかることでしょうね~。

# by urakawasika | 2015-02-09 12:06 | うらかわ歯科エピソード | Comments(0)