子供たちの口呼吸の弊害   

 
子供たちの口呼吸の弊害_c0219595_11583230.jpg

子供さんの診察にあたると、気になることがたくさんです。虫歯や歯肉炎、歯並びといった、直接歯科に関係あることはもちろんですが、それ以外のことも多くあります。

その中でも、最も気になるのは、口の周りの筋肉です。

唇や舌の力が弱いお子さんが多いのです。

 いわゆる”ぽかん顔”のお子さんです。唇は赤ちゃんのようにふっくら、ひきしまっていない、舌は、その開けっぱなしの口からのぞいています。
しかも、舌の力が弱いので、あっかんベーをすると、思いっきり下に下がります。 

そして、そういうお子さんは、間違いなく口呼吸です。

口の周りの筋肉が弱いと、歯並びにも影響しますが、今日は、口呼吸についておしゃべりしてみましょう。

口呼吸をしているお子さんは、体のすみずみまで酸素がいきわたっていないと言われます。

人間の細胞の一つ一つは、酸素を必要とします。そえれをは運ぶのは、血中のヘモグロビンです。ヘモグロビンは、体の色んなところで、細胞に酸素を受け渡します。

ヘモグロビンは、細胞の二酸化炭素が多いとこには、必死で、たくさんの酸素をおいていきます。

つまり、細胞の中の二酸化炭素が少ないところでは、酸素を置き惜しみするというわけです。


さて、口呼吸と細胞中の二酸化炭素というのは、大きく関係しています。
口で息をすると、鼻で息をするより、ちょっとした過呼吸の状態になっているそうです。

口で息をする人は、日常的に過呼吸状態で、細胞の二酸化炭素をどんどん外に捨てているというのです。

その結果、ヘモグロビンは、細胞で酸素を置き惜しみしてしまいます。

口呼吸の子供たちは、(大人もですが)鼻呼吸のお子さんより、体の隅々に酸素が行ってないということになります。集中力がなかったり、すぐに疲れてしまったり、そんな、日常生活でのお困りごとが出てきているかもしれません。

では口呼吸を治すにはどうしたらいいでしょう。答えは一つではありませんが、舌の筋肉の力、顎の位置など、口の周りの筋肉や形態、歯並び、と言ったものも、改善のカギになります。

そういうことを、診療中にお話ししていると、ついつい力が入ってしまいます。

歯科といっても、ずいぶん、奥が深いものだ、と日々感じています。

# by urakawasika | 2021-07-27 20:05 | 医療人ねた

香椎花園がなくなるなんてショックです~。   

新学期が始まりました。
去年の初めての緊急事態宣言が出されて、早1年。新しい年度になりましたが、コロナの収束はなされないまま、どんどん社会が壊されていってます。


テレビで、コロナの数ばかり注意を払っている間、なんと福岡の子供たちが一度は行ったことのある、あの香椎花園が閉園するというニュースが流れてきました。
香椎花園は、子供が小さな頃、しょっちゅう行っていましたから、子供との蜜月がいっぱいつまっています。ショックです。

もし、あの施設を一から作るとなると、何億、いや何十億いるんじゃないでしょうか。壊してしまうのは、なんとももったいない。

市に買ってもらって、子供たちのために、存続できないものでしょうか。これから生まれるかわいい子供さんも、多くの関係者も、多大なる恩恵を被ります。

しかし、今、国は、20年以上にわたる緊縮財政を続けています。私は、給料を出す立場にあるので、この20年間の国の政策のすさまじさを体感しています。毎年のように、会社の負担は増加し、その一方で手取り額は、目減りしていきました。それを何とか補填したいと思えば、会社の負担は増え、経営環境は厳しさを増します。さらに、10年もかからずに、消費税は倍。泣

実は、地方財政も同じです。地方というのは、住民税のほかに、国からの地方交付金というもので住民サービスを運営していますが、それも、どんどんと切られて行きました。
本来地方に分配すべきお金を渋られてきた結果、公務員の数も減らされ、その結果、コロナ禍でのいろんなサービスの運用が、滞りました。そんな中で香椎花園の存続に寄与しようなんてことは、なかなか気が重いのでしょうかね。

ですから、香椎花園も、すさまじい国の緊縮財政の前に、風前の灯ともいえるかもです。

コロナ禍で、たくさんの変だな、ということが露呈して、最近ネットで調べるようになりました。
ググってみると、ずいぶん前から、正しい情報を発信している人たちがたくさんいるんですね。なるほど~と、納得することが多いです。


京都大学の藤井聡教授や、三橋貴明さん、政治や経済が素人の私でも、ほんとによくわかります。

皆さんも、ぜひ、ググってみてください。びっくりする日本の真実。コロナが終われば、昔にもどる、そう思っている人は、とくにとくに。。。



# by urakawasika | 2021-04-04 17:39 | 社会

コロナ対策チェックしてみましょう!   

 
コロナ対策チェックしてみましょう!_c0219595_23180929.jpg
年末、医療センター感染症主任先生の講義、
今は、ネットで居ながらにして聞けるので、ありがたいです。

 
またまた緊急事態宣言!

自粛すればいいじゃない、と、あっさり言える人は、それによって、生活の痛手が少ない人かもしれません。自粛によって、生活の基盤を失う人もたくさんいます。(病院だって、安心していられません。)

どの職業の方も、社会の仲間ですから、支えあっていかなければなりません。上手に予防を徹底し、できるだけ、日々の生活スタイルを持続させたいものです。

 歯科医院の私たちは、口の中を触る仕事なので、感染のリスクも大きいと考えられますが、幸いにも、まだ歯科医院からクラスターが出たという報告は、世界中でまだ1例もないそうです。

つまり、徹底した予防によって、なんとか、コロナ感染を防げる可能性が高いと考えていいと思います。

不幸にも感染してしまったと人で、ちゃんと感染予防をしていた、と言っておられる方がいます。聞いている方は不安になりますが、多くは、感染予防をしているようで、けっこう大きな穴があることが多いです。

大きな穴、と思う代表的なもの。マスクのつけかたです。鼻を出していたり、ぶかぶかにつけていたり。そういうつけ方をしていると、マスクのフィルター効果は働かず、マスクなしとあまりかわらなくなります。

また、会食も今まで通りだと、やはり、危険です。

いくら少し離れて食べても、おしゃべりするときに、口を何かで覆っていないと、飛沫は食事空間に飛び散ります。
お箸を持つ手と反対の手で、ぜひ、ハンカチやナプキンを持っておくのがおすすめです。話をするときは、すかさず口を軽く覆いましょう。ぴっちり口を防ぐことができなくても、かざすだけでも、感染の確率は減ります。ハンカチが飛沫を吸い取ってくれたら、空間に飛び散る量はぐっと減ります。
(使ったハンカチは、ビニールに入れて持ち帰る)。

テレビの出演者は、透明のアクリルマスクを使っていることが多いですが、あれは、やらないよりいい、という程度、飛沫の飛散は防げません。もちろん、マスクのようなフィルター効果もありません。

加湿器もぜひ取り入れてほしいアイテムです。
湿度がないと、ウイルスは、空中を舞いやすく、加湿器があると、そのミストが、空中のウイルスをキャッチして、下に落としてくれる効果が期待できます。もちろん、のどをうるおし、免疫も高めるのです。

最後に、口の中がきれいだと、ウイルス撃退に効果があります。口の中に出てくる免疫物質が、口の中の細菌に消費されないので、しっかり働いてくれるのです。

賢い感染対策を抜け目なくしながら、普通の生活を、できるだけ持続する。なんとか、みんなでがんばっていきましょう。

# by urakawasika | 2021-01-02 22:58 | コロナウイルス

自分の体は自分が治す   

 インスタグラムを毎日更新していたら、すっかりブログはお休み~。
スタッフに言われて、3か月もほったらかしていたことにびっくり~。

 最近はまっていること・・・・・中年からの劣化防止・・・・アンチエイジング・・・

なんたって、先日体調が悪いな~と感じていたら、なんと、メニエールになり、同時に高血圧になってしまった。

私的には、突然の高血圧ゆえ、耳の小さな血管にトラブルをきたしたのだろう、と思っている。メニエールでも、幸いふらつきはなく、ある周波数帯に難聴がおこっている。
片方の耳だけなので、仕事には、そう支障はないのが不幸中の幸いだ。

更年期もなく、ここまで来たので、どこかたかをくくっていた。

しかし、私も人の子。やはり、こういう体の劣化からは逃れられない模様だ。

となると、私の興味は、わが体になってしまった。

難聴はなかなかもどらないらしいので、それならば、自分で治そうじゃないの~。とがぜん意欲がわく。高血圧は、なかなかセルフケアは難しいかもしれないけれど、難聴はきっと治せるはず・・・

循環の異常なら、とにかく、血液がスムーズに流れるように、マッサージ。テルミーという昭和のはじめに開発された温灸も取り入れてみた。(これはほんとにおすすめ)大口開けるエクスサイズ、これは、耳のまわりの組織のマッサージ効果もある。

さらに、ヨガポーズで、ゆがんだ体のセルフケアもいいはずだ。

食事も気を付ける。甘いものはもともとあまり食べないけれど、間食をやめ、食べすぎもやめる。

それからメンタル。病は気から、というごとく、前向きなことしか考えるのをやめよう。
とはいえ、イケイケゴーゴーも、やりすぎの年代。なんでも、そこそこ、無理せず、±0より、ちょっと上を定常走行。

それから、呼吸にも注意しましょう。

なんせ、歯科医は、仕事中、ついつい、呼吸止めてがんばっていたりする。7秒かけてゆっくり吐けば、おのずと深く吸えるらしい。

最近では、ユーチューブをググったら、見事な情報がたくさんある。

ググってはやってみる、を繰り返し、ベスト10の動画をスマホに保存。

自分の体で実験してためしたことは、すぐに患者さんにも教えて差し上げられるのが、私たちの仕事のハッピーなところ。

同じような不定愁訴をかかえた患者んさんに、あれこれアドバイスするのが楽しい。みんなで、健康道を歩きましょう。

体は、いたるところにダメージがやってくるけれど、心はいつもハッピーでいると、体もきっとそっちに合わせてくれるはず。前向きにがんばろうね。



# by urakawasika | 2020-10-13 18:05 | 健康,体、病気