ベストセラー「ザイム真理教」が面白かったです!   

ベストセラー「ザイム真理教」が面白かったです!_c0219595_03211776.jpg
  4月に診療報酬の改定がありました。おかみが決めたら、私たちはそれに従うしかないのですが、毎回驚くような内容です。一般的な歯科治療は、かれこれ、40年以上ほとんど据え置きだったらラッキー。多くは減少。数十円上がるだけでもすごいことです。

 現場は、材料費も何もかも、ドン引きするような高騰ぶりで、消費税は上乗せできない保険診療の消費税は手出しです。
公定価格というものは、原価計算なんてしないんだ、と歯科医師になって知りました。偉い人の胸先三寸で決めるんですよ。そういえば、教科書も100円で作らなきゃならないなんて話を、むか~し聞いたことがあります。

実際ここ数十年、大きな病院から歯科が消えました。診療報酬が安すぎて赤字になるので、経営見直しをするとなくなるのです。

入れ歯などはその代表で、作れば赤字。何時間調整しても、一か月に1000円ちょっとだけ、みたいな金額です。おかげで、保険の入れ歯を作ってくれる技工士さんも消滅し、いつまで保険の入れ歯を作れるかわかりません。

さて、最近アマゾンでベストセラーになっていた、森永卓郎さんの「ザイム真理教」という本がとてもわかりやすくて、おもしろかったです。

国の方針は政治家が中心に作っていると思っていましたが、実は、ザイム省が作っているんだそうです。

 どんなに不景気で、国民が困っていても、増税という政策しかないのは、それが、まるでカルト教団の教義だからだ、と断言していて、ほんとに納得してしまいました。。

 確か昔教科書で習ったのは、不景気になれば、税金を下げ、公共投資をして、民間にお金を刷ってばらまく、そうすると、国内に回るお金が増えるから、購買力があがり、景気が良くなる。

 そして、景気がよくなれば、税金をあげて、市中に出回っているお金を回収して、インフレを抑制する。つまり、税金は、経済の調整弁で、別にそれが財源ではない。財源とは、国が発行するお金。国は、その年の実経済に見合った、お金を用意する。お金とはただの数字。

 でも、カルト教団のザイム省が国のトップに立って、政治家さえ組み敷いているので、今や、どんな時も税金は上げるもの・・・・その1択になってるそうです。

 日本は破たんする、とオオカミ少年のように、国民は何十年も洗脳され続け、増税一択を突っ走ってきたのは、財務省がカルト集団だから・・・
 頭のいい人は、本質をシンプルに表現できるのね。作者の森永さんって、頭いい人だな、とまじまじと作者のプロフィールを見てしまいました。

 医療現場も、このカルト集団がある限り、これからもこんな感じなのか~。(泣)
税金と社会保険料、働いてもぜんぜんお金がたまらない、と怒っている人は、ぜひ読んでみてください。とりあえず、ちょっとすかっとした気分になれます。

うらかわ歯科のホームページへ

# by urakawasika | 2024-04-03 03:28 | 書評

庭の雑草、実は宝の園芸資材?   

庭の雑草、実は宝の園芸資材?_c0219595_20025079.jpg
草むしりはしなくていい?

家庭菜園始める前は、庭の雑草、必死で抜ていました。
しかし、自然農法ユーチューバーの配信を見て、新事実を知りました。

ほとんどの草は、土の直下あたりに成長点というものがあって、土の中に軽く鎌を入れて刈ってやると、もはや伸びてこないようです。
中には、宿根草といって、枯れずに目を出すものもあります。しかし、それも、刈り続けると、弱っていくようです。

さて、雑草は、成長点を刈られて枯れて、根が、微生物の餌となります。
微生物が根っこを分解した後は、根のあったとこは、空気を含む層になるし、地中に栄養分ももたらします。
土は、ふかふかで、水はけのよい、肥えた土に変わっていくのです。

そして、そのサイクルを繰り返した土は、肥料がなくても、野菜を育てる良い土になるそうなので、驚きです。
興味のある方は、「自然農、雑草」、なんてワードで、検索してみてください。

実際、我が家で、草むしりを続けてた、運動場のような固い土の場所がありました。雨になると水たまりになっていました。
ところが、抜かずに刈るようになって、なんと水たまりができなくなったのです。

また、花壇や菜園があるお宅なら、刈った草を土の上にひくといいそうです。土が乾燥しにくく、栄養豊富な土になっていくようです。

雑草は抜くもの、抜いてゴミに出すもの、ではなく、宝の園芸資材なのです。
うらかわ歯科ホームページ

# by urakawasika | 2023-12-04 20:04 | こんなの知ってます?

自然農法はいいな~。家庭菜園初心者です   

自然農法はいいな~。家庭菜園初心者です_c0219595_18531402.png

最近家庭菜園を始めました。

草むしりなんて大嫌いな方で、一生そういうことはやらないんじゃないか、と思っていた私です。

きっかけがあります。コロナで需要が減っていた畜産を、政府は助けるどころか、牛1頭殺したら、15万円補助金出すと決めたそうです。そんな記事を見つけびっくりしたことに始まります。

日本の食料自給率は下がる一方で、今こそ農家や畜産を守るべきなのに、なんで”殺す”、という選択になるの??

そうこうするうちに、K大臣が、コオロギを食べましょう、みたいな宣伝をしています。牛を殺して、コオロギを食べるわけ~? 私、牛肉食べたい! 

日本の食料自給率ですが、米は100%と言います。しかし、それは他に食べるものがたくさんある状態での話。もし日本に、食べ物が入らなくなったら、今の米の収穫量では30%の人しか養えないのです。

当たり前と思っている日々の食事は、いつ食べられなくなってもおかしくない危ういものだと気づきました。

さらに、びっくりしたことに、日本は食品添加物も農薬の使用量も、世界トップだそうです。
日本を旅行する外国人は、旅行代理店で、
「できるだけ、日本では野菜を食べないでください。農薬まみれです。
なんて、指導されることもあるんだとか。

加えて、日本の食品添加物は1500くらい認可されているそうですが、イギリスでは20個くらいらしいです。

もう知れば知るほど、私はくらくらしてきました。

そうだ!ささやかでも、自分で野菜を作ってみよう。しかも自然栽培とやらで・・・
こういう動機で始めた家庭菜園だったのです。

しかし、はまってしまいました。なんだか、土や作物は、すごい癒しのエネルギーをもっていることがわかりました。
また、自然農法では、雑草は緑肥と言って、たい肥のもとになり、根を抜く必要もありません。いわば、畑をバイオトープにするような農法のようです。

つまり、雑草は、敵ではなくて味方。草むしり大嫌いの私に、ほのかな光がさしました。カマで刈るだけのお手入れなんて、素敵です。

さあ、初心者のお野菜! 果たして、食卓に上るところまで行くんでしょうか・・・・・笑



# by urakawasika | 2023-08-01 19:15

映画でライブ   


映画館に時どき足を運びます。
最近、ちょっとかわった志向の映画がありました。チケットは3000円。映画にしては、破格の料金です。
それは、私の世代のミュージシャンの、80年代のライブ映像を、もう一度映画館で流す、というものでした。

80年代、日本が、輝いていた時代。私はまだ若く、自分の問題だけに追われていた時代でした。
伝説のライブに、私は足を運ぶことはなく、ただCDだけ、ヘビーローテーションで聞いていました。

ライブは行ったことないな~・・・、ちょっと高いけど行って見ようかな・・・
と、映画館に足を運んでびっくり。
いつもは、ぱらぱらしか入っていない映画館なのに、結構入っています。
もちろん、同世代に見える人たちばかり・・・

スクリーンの彼も、とても若い!
スクリーンに映る、屋外ステージの周りの人の数といったら。この人たちは、みんな私くらいの年になってるんだな~。
服装も、髪型も、少し昭和かな~・・・!

あの頃を上から俯瞰するみたいに、色んな思いがよぎります。
おもしろいことに、歌う彼の声が、少し青いと感じる。
30代の声は、その後の彼の成熟した声に比べると、まだ尖っている。。

「ほしいものはすべてブラウン管の中・・・」
激しいメロディーに乗せた、野心をむき出しにした詩も、バブル期の勢いを感じます。

そういえば、ちょっと前に
「空っぽのぼくを見てくれ、くずになったぼくを。」
なんて詩の曲がとてもヒットしていたのを思い出します。
とても対照的だな~と思いました。
・・・亜熱帯と亜寒帯くらいの熱量差・・・
これぞ、昭和と令和なのか・・・

映画が終わると、ふと、自分が、タイムマシーンで大変なところに来てしまったかのように感じました。
実はリアルはあっちで、こっちは、夢か悪夢か・・・笑

とても面白い現象でした。80年代の輝く日本が本来だ、と私の脳裏が覚えているのでしょうかね~。

さて、他の人はどんな感じで見たのでしょうね。

彼は、浜田省吾・・・。(^^)/ 若い人は知らない?
コロナ禍を生き抜いてくれた、映画館を応援する、グッドアイデアな企画だと感心しました。
うらかわ歯科のHP

# by urakawasika | 2023-05-09 21:06 | この映画見てみて!