診療室の背が伸びるチューリップ   

 
c0219595_15164697.jpg

う~、寒! と久々の寒い冬に、おののきながら暮らしている、超寒がりのさち先生です。でも、春の花チューリップが農家から届けられました。
 
 開業当初から、津屋崎のユリ農家のHさんから、直にお花を送ってもらって早18年になります。カサブランカだけではない、多種多様なユリを毎月送っていただいて、たぶん、診療室にはいつも百合の花がある、と気づいておられる方もあるかもしれません。

 でも、唯一、今時分になると、ユリに混じって堅いつぼみのチューリップが届きます。チューリップが届くと、毎年、ああ、もうしばらくすると春が来るんだな、と思います。そして、あーまた一年が過ぎたのね、とも思います。

 今年もかわいいチューリップ。

 そういえば、昔うちにいたスタッフに
「水切りして、お花を花瓶にさしておいてくれない。」
と頼んだら、
「水切りってなんですかあ?」
とかえってきたことがありました。えー水切りも知らないのお? とびっくりしました。水切りは、水につけた状態で、茎を少し切って、花もちをよくすることです。そういうのは、今では常識のうちに入らないのでしょうかねえ?・・・それからというもの、時々スタッフ面接の席で、

「ところで、あなた、”水きり”って知ってる?」

なんて聞いてしまいます。とうぜん ”はい知ってます”、って、元気な声が返ってくると思うのだけれど、これが、けっこうそうでもないので、ちょっとため息をつきます。

 ま、それで、即不採用ということはないんですが、水切りくらいは、おさえておこうよ。なんてね。
c0219595_15182376.jpg

 美しいチューリップ。
 暖かい部屋ではあまり持ちませんが、花瓶に挿しておくと、数日で、茎の長さがあっというまに5センチくらい伸びます。

 水切りは知っていても、切ってから、チューリップの”たけ”がのびるなんて、花農家のHさんに教えてもらうまで全然知りませんでした。花瓶の中で、チューリップの茎が、にょきっと言う感じで長くなるなんて考えもしませんでした。
 花農家のHさんにしてみれば、私だって、ぜんぜん常識がないのかもしれませんね。 
 


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科のホームページ
福岡市早良区の矯正歯科

by urakawasika | 2011-01-21 15:19 | うらかわ歯科エピソード | Comments(5)

Commented by けい at 2011-01-21 22:20 x
わははは><笑ってしまいました なんかツボで・・^^
先日うちの女の子(23歳)と花の話になって
「私が買ってくるお花 必ず枯れるんですよぉ・・」
と言われてよくよく話を聞いたら
なんと鉢植えの話じゃなく「切花」のことでしたョ!
根っこ切ってるんだからそりゃ枯れるよ・・
だから毎週とか買うんだべ~~。
びっくりしたけど、おもしろかったです^^

お花を部屋に飾ったりするのは
やる人 やらない人両極端ですよね
私も結婚して自分でやるようになる前は知らなかったですよ~~
親元にいる間はきっと知らないことがたくさんありますね。
何事も自分で経験しないとわからないですね^^
Commented by urakawasika at 2011-01-22 00:33
つぼにはまってうれしい!
切花が、鉢植えの花みたいに思っていた同僚さんのボケは、あまりに遠くに行き過ぎてますね。ここまで来ると、今日のお笑い大賞をだしましょう。
 私の記憶では、小学校の頃、母にお花を持たされて、教室にかざるように言われ、そのとき、水切りの技をならいました。たぶん、小学校の低学年です。
 ということは、今では、学校にお花を持っていったりしないのかしら。うちの娘には持たせましたが、まさか、娘は知らないかも・・・
 灯台もとくらし。娘よ、おまえもか。かも、
 明日チェックです!
Commented by ゆりしゃん at 2011-01-27 20:18 x
お花はいいですよね。チューリップ私も大好きです。黄色は元気で明るくなるし、ピンクは優しい気持ちになります。アロマセラピー、フラワーセラピー、カラーセラピー、色々な癒しがありますね。  歯医者さんとか病院ってあまり喜んで行く場所ではないですが、ほんのちょっとお花があるだけでも違う気がします。 
Commented by ゆりしゃん at 2011-01-30 02:32 x
祝!!!!日本優勝!!!! 
Commented by urakawasika at 2011-01-31 19:54
わ、見ておられたんですか?すごい。
でも、やっぱりうれしいですよね。ばんざい!

<< あなたに抱かれて私は蝶になる クルム伊達 きつい練習も”楽しい” >>