最初の患者さん・・・春近し!   

 開業して20年以上がたちます。
先日Aさんという中国人の患者さんが来られました。大きなお子さんを連れて、懐かしそうに言われます。
「先生、私をおぼえていますか?私は、先生の一番初めの患者です!」
お~~・・・そうだった。
当時のことをありありと思い出します。うらかわ歯科を開業したものの、初日は、患者さんはだれも来ませんでした。今どきは、開業に際して内覧会などを行うようですが、うらかわ歯科がオープンした時は、そんな知恵もなく、ひっそりとオープンして、身内の患者も、初日は来れなくて、すっかり出鼻をくじかれていました。歯で困っている多くの人の助けになりたい、と、志は立てたものの、患者さんが来てくれなかったオープン初日
 オープニングスタッフに慰められながら、翌日になり、有線の音楽だけが、やたら響く診療室で、身内患者の母が治療に来るので、それをたよりに待っていたら、玄関が開いて、見知らぬ家族が入ってこられました。
そうです。それがAさんでした。小学生の男の子を連れて、さらさらのロングヘアーに、優しい微笑みを浮かべ、片言の日本語で、問診に答えたAさんは、中国から、ご主人のお仕事で福岡に来てまもないようでした。ご主人に通訳されながら、問診に答えてくださいました。

 今となっては、おぼろげな記憶の中に、彼女の素敵な笑顔だけが、印象的に浮かんできます。

「まあ!Aさん。覚えてますとも!」
再会した時に、いっしょに来ていた、高校生くらいのお子さんは、かつてはまだいなかった、下のお子さんだそうです。Aさんの日本語は、もうばりばりになっていて、ちょっと、貫禄もついていました。
あれから、福岡を離れ、20年近くたって、また福岡にもどってこられたのだとか。

決してうらかわ歯科の近くに住んでいるわけではないのに、わざわざ、覚えてくださって、来てくださったなんて、歯医者冥利につきるというものです。

ご主人も、日本と中国をまたにかけ、大活躍のご様子。それもなんだか、うれしい。
人は、あるとき出会って、人生が次のステップに進んだら、それぞれまた、離れていく。うらかわ歯科は、ずっと同じところにあって、ある時、止まり木のようにとどまって、また、飛び立っていく。

まあ、歯の治療をするところですから、そんなに大袈裟なことではない、と思うかもしれませんが、止まり木のように、動かない方からすると、感慨深い。

「先生もちっともかわらない・・」
Aさんは、そう言ってくれましたが、ずいぶん、お互いかわっているんでしょうね~。人と接する仕事は、時に、大変なこともあるけれど、こういう瞬間は、ほんとにほのぼのします。

私も、あれから、ずいぶん年をとったものだな~と思います。春はそこまで、また新しい出会いと別れが、めぐります。





by urakawasika | 2019-02-25 16:21 | うらかわ歯科エピソード | Comments(0)

<< 中学生ショック 2019年 平成が終わりました~ >>