<   2019年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

令和元年 おめでとう!   


c0219595_00360133.jpg
 とうとう、令和元年になってしまいましたよ~。

 昭和、平成、令和・・・私も三代をまたぐことになりました。笑
令和って名、個人的に言うと、気に入らないです。(すみません。)どうせなら、礼儀の礼で、”礼和”がいいんじゃないかな~、と思うわけですよ。令なんて、命令の令だから、自由のない硬直感があって、もしかしたら、朝鮮半島や中国大陸に、命令されて小さくなっちゃう日本にならないといいけどな~、なんて、思っちゃうわけです。周りの国同士、礼儀をもって、愛をもって行こう! やっぱり、礼なんじゃないかって・・・

名前って大切ですよ。不思議なことに、名前ってつけると、なんとなくそのようになっちゃうようなことって感じたことありませんか? 私の名前も自分の性格や人生と、どこかリンクしているような気がしますし、家族のみんな、どこかしらそんな感じがあります。

まあ、つけてしまったからには、どうぞ、命令されて、大変なことになりませんように・・・と、願う私です。 まあ、出典は、万葉集のおめでたい言葉らしいので、笑われるかもしれないけれど。

 平成元年は、山口大学の口腔外科で迎えました。天皇陛下が一面の、平成の文字がどかんと踊る新聞をかかえて、医局の先生と記念写真を撮りました。それで、今回も、同じようにスタッフとみんなで写真を撮りました。あの平成の写真の私は若かったよな~・・・令和の記念撮影は、ずいぶん年とったものです。こんな年になるなんて・・・人の一生は駆け抜けるようなスピードなんですね。

 うちの患者さんで、昭和元年生まれのご婦人がおられます。素敵にお元気な彼女は、確か93歳。彼女は、戦争をリアルに知る世代です。空襲でやられた、死臭のする街を逃げまどった経験を持っているのです。でも、彼女のような生き証人は、やがて一人もいなくなる時がきます。人類の歴史を見ると、自分の社会からすべての戦争体験者がいなくなった時から、どうも黒いタイマーは動き出していくようです。どうしても人間は、過ちを繰り返す。

 平成生まれが社会の中枢を担い始め、令和の若者が闊歩するころ、日本はどうなっているのでしょうか。屈託のない平成生まれの若いスタッフの笑顔を見ながら、人間の光と影を思います。どうぞ、光がさんさんと日本を照らしますように。人生が進むごとに、人は心配性になるのかも。人間は捨てたものではない。せめて、そう信じることにしましょう!

by urakawasika | 2019-05-07 00:36 | 社会 | Comments(0)