コンカツ(婚活) ~女医さんの場合~   

  コンカツ!いい言葉です。
結婚に対して、がむしゃらに、前向きに活動することは当然のことです! という、堂々たる響きがいいですね。 人生は一人で歩むより、気の合うパートナーと助け合って歩んでいく方がいい、と、宣言してどこが悪いのでしょう、といった響きです。実は、さち先生は、色々な場で、若い素敵な女性歯科医師の後輩たちのコンカツを一生懸命応援しています。

 若い女医さんたちのコンカツは、それはそれで大変です。

 まず、現役でも24才で卒業、歯科医師免許を取ったとはいえ、まだ技術はゼロ点スタート!過酷な労働に耐え、安月給に耐えしのび、一人前になる修行をしなければなりません。
うっかりすると、あっという間に、20代も過去のものになってしまうし、コンカツに力点ばかりおいて、仕事を中途半端にしていると、幸せな結婚生活に無事ゴールしても、熱いうちに打たなきゃいけない鉄は固まってしまい、仕事の熟練は男性ドクターから、とてつもなくおいていかれてしまいます。
 結婚も、仕事も、・・・と、がんばると、それはそれは並大抵のエネルギーではありません。

 最近は、東大生の女性にインタビューしても、夢は「お嫁さん!」という時代ですから、若い女性ドクターも、医療崩壊に瀕する世界でのキャリアアップも、現実はきびしい、ということで、まずは結婚、という人も多くなりました。大学時代からの彼氏とゴールインというパターンはいまだに多いものの、就職してパートナーを見つけるのは、どの世界でも結構至難の業です。
c0219595_0103288.gif


 よく、手に職をもった女性は、そんなに結婚をあせらずとも・・・というようなことを言われますが、実際社会で働くのは、本当にストレスフル。男だって大変なのに、女性だって、ぼろぼろになることも覚悟しなければなりません。とくに、前の記事で書いたように(どうぞ、一つ前の記事を参照してくださいませ)過酷な仕事の私たちは、普通よりもむしろ、甘えられるやさしい胸が必要と思われます。

 私も、色々若い先生に相談されます。私のささやかな経験くらいでも役立てば、と、ない知恵をしぼり、相談にのり、素敵な相手はいないかいつも心にとめている、といった具合なのです。

 おや、そんな時、ラジオから流れてきたこの曲。うわ~!これはすごい! これぞコンカツ究極のエッセンス! 忘れていた何かに響きますよ。 新沼謙治 「嫁に来ないか」   古い歌ですが、癒しの原点ですね!働く女性は、こんないやしにはかないません! 

  あれこれ、条件だの何だの言ってた彼女も、きっと決めちゃうでしょう。 なんか、今となっては、すごすぎる、そんな感じがしますね。彼も、この歌も。



クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
うらかわ歯科のホームページ

ブランチアンドリーフ
妻に贈るシルバークレージュエリーブランチアンドリーフ 

# by urakawasika | 2010-02-02 00:16 | Comments(2)

「三流になった日本の医療」 当直明け日勤、これ常識!   

c0219595_025993.gif 
また先日も、患者さんたらいまわしニュースが流れました。私は、は~とため息。キャスターは、一刀両断に、病院を非難。でも、悪いのは本当に病院なの?
 昔、さち先生は、山口大学の口腔外科に勤めていたので、内情がよくわかります。20年近く前の状況もひどかったけど、さらに、最近はひどくなったようです。


 現場の医者は、病棟の患者さんを担当していると、盆も正月もありません。夜遅くまでステーションにつめていて、やっと終わったかな、と思う頃に、緊急患者さんが運ばれてきて、当直医のお手伝い。そのまま当直状態に入ることもしばしば。家で寝ている新米ドクターをたたき起こすこともあります。
 労働基準法というのは、医者は除外と書いてあるようです。(はは・・)
 でも、あの頃私の月給は15万円でした。もちろん、ボーナスも退職金もありません。
 助手クラスの先生でも、口腔外科はせいぜい、年収600万前後くらいじゃないかったかな~。

 私が安月給で、休む暇なく働いても、山口大学病院は儲かっていたかというと、答えはノー!毎年1億円の赤字を出して、節約節約です。
なぜか?なぜか???一番の根源は、そう、治療費の価格が考えられないほど安いのです。

 盲腸で入院 2泊3日の場合
サンフランシスコ 2,199,000円 ニューヨーク 1.900.000円
ロンドン       1.330.000円        日本    300.000円
バンコク         352,000円
 物価の安いバンコクより安いとは・・まあ、これでもまだましなほうです。歯科の技術料などは、手作業、高コスト。でも、30分500円とかざらです。ただという作業もありますよ。(泣!)アメリカの20分の一より安かったりするし、歯科女医の時給も中州(博多のネオン街ですが)の姉さんとどっこいかな~・・・(失礼)
c0219595_9472163.gif

 内館牧子さんのドラマで、女医さんが登場して、「昨日当直だったから、今日は非番なの~」
というのがあって、「ありえな~~~い!」とのけぞりました。
 とにかく、現場はぎりぎりです。マスコミが伝えないので、一般の人は知るわけがありません。それでいて、患者さんの医療に対する要求は、右肩上がり。私も人のことは言えません。
さて、ここで、出ましたよ。良書が!「三流になった日本の医療」若倉雅登 PHP
 若倉先生は、眼科医ですが、よくぞ書いてくれた、という本を出しました。(盲腸の比較も実はここからのぱくりです)
もうかなり、崩壊状態ですが、完全に崩壊する前に、なんとかしたほうがいいと思うのです・・だって、これは、病気になったら、明日はわが身にふりかかる危機なんですもの。本当のことを知ったら、もう、ガリ勉して、医者になる人減ると思いますよ~。やってられ~ん、とか言って。

「三流になった日本の医療」若倉雅登 PHP
人気ブログランキングへ
うらかわ歯科のホームページ

ブランチアンドリーフ

# by urakawasika | 2010-01-29 00:12 | 医療人ねた | Comments(2)

北海道の寒冷地バディー(冬季うつ病にはご用心)   

 寒いですね~、と患者さんのMさんに話しかけたさち先生は、かなりの寒がり。ヒートテックに高い興味をしめしながらも、デフレの先導者、ユニクロはいかんとか言って、のろのろしているうちに、売切れてしまい、普通のばばシャツで凍えております。
 Mさんいわく、「ちっとも寒くないですよ。家でも暖房なんかあまりつけませんよ。」 失礼ながら、私よりかなり年上のご婦人であるMさん。なんと頑強なのでしょう。へ~、と驚いていると「あたし、北海道出身なんです」
なるほどお。北海道で発育期をむかえると、体が寒冷地仕様になるわけか~。「10度を切ってもちっとも寒く感じませんよ。九州の人は寒い寒い言いますけどね」 うわ~、10度以下、0度に近づくなんて、私なんか、”八甲田山死の行軍”みたいな気持ちになっちゃう。 
 10度以下が続くと、たぶんあたしは、プチ冬季うつ病になって、どんより、げっそりなって、目もうつろ、朝布団から出るのが、その日の最大のビッグイベントになってしまいます。診療室にたどりついても、すみの部屋で、熱いげんまい茶をすすりながら、コモドオオトカゲみたいに、体が温まるのを待って、どろ~んと、その日の診療室デビューになります。
 あたしも、小さい頃、北海道で育ちたかったな~。九州ではほとんど負け知らず。冬でも着込んで、墓標(ぼひょう)のようになることもなく、おしゃれを楽しんだり余裕かまして・・・。
 Mさんの頭の後ろで、私の心は、遠く北海道に飛び、(あくまでも春秋限定北海道)パッチワークのようなラベンダー畑や、釧路湿原の霧の中に蛇行する水流のダイナミックな景色にうっとり!・・・・。
 でもね~。やっぱり北海道といえば、六花亭のマルセイバターサンドだな!   ということで無事しめくくりました。
 はいはい。お口を開けてください。
でも、最後にMさんの弱点をつかんでしまいました。夏は、たおれそうになるくらい苦手なんだそうです。
 うらやましいバディーも冬季限定のご様子のようです。
c0219595_163012.jpg

うらかわ歯科のホームページ

ブランチアンドリーフ

# by urakawasika | 2010-01-27 01:10 | Comments(2)

受験のシーズンです! ☆ 珍問題  ☆   

 受験のシーズンです。うらかわ歯科は、西南大、西南小中高、それから修猷館高校と、優秀な学校に取り囲まれています。早朝からすごい人出・・・と思ったら、入試のゴングが鳴っていました。
 私が最後に受験生だった頃、いつだったっけ・・・センター試験がまだ共通一次と呼ばれた時代です。
 
 ま、それはいいとして、歯科医師国家試験を含めて、たいがいの数、試験を受けて来ましたが、意外と、どんな問題を解いたか、印象にのこってません。不覚にも・・ でも、たった一つだけ、完璧に覚えている問題というのがありますよ。

 それは、中学時代に出された美術の問題です。たぶん美術の試験だから、ルネッサンスとか印象派とかそういうのを扱っていたのでしょうか。今となってはさっぱり思い出せません。しかし、闇の中にくっきり浮かび上がる明星のように、その問題は、私の記憶の混沌のなかに輝いています。他の先生方とははっきりと一線を隔していた、芸術家風の美術のA先生が出した問題です。

 問い 「美術の教科書の7ページの左下に載っている絵画は誰のなんという作品でしょうか?」

?!さすがにまだまだお子ちゃまだった私だって、ちょっと度肝を抜かれました。7ページって言われたってあなた・・・・。絵を見せてこれは誰のなんて言う作品?  と聞かれるのなら、いざ知らず・・・”7ページ” はないでしょう。
 しばらくして、答案が返ってきてまたびっくり。その欄は丸!えーーー! 私は適当に「モネの睡蓮」と書いたのでした。(たぶんひらがなで) あわてて教科書を開いたら、まぎれもなく、7ページはモネの睡蓮。あの水面に蓮のモネの代表作です。
 あんまり荒唐無稽なので、試験のあとに確かめる気力さえなかったのです。
c0219595_113099.jpg
 問題も問題だけど、当たるあたしもあたしです・・・・なんと言っていいのやら・・・

 あの問題はどういうつもりで出されたんだろう?先生の怠慢なのか、それとも、美術の教科書をページ数すら覚えるほどに、日々眺めろ、という教訓だったのか。未だに深い謎です。

 かのA先生は、風のうわさに退職されて、故郷の町で絵画教室をされていらっしゃると聞きました。いつかたずねて行って、是非聞いてみたいと思いながら、まだ果たせずにいます。
珍問題、でも、あたしの心に一生焼きついた、すごい問題です。「芸術とは爆発だ! 岡本太郎」わかる気がします。
うらかわ歯科のホームページ

ブランチアンドリーフ

# by urakawasika | 2010-01-24 00:43 | 受験ネタ | Comments(0)