タグ:マスコミ ( 1 ) タグの人気記事   

賃金格差 日曜の政治番組   

 日曜の政治番組を忍耐強く見れる人は、たぶん、素直な人だと思います。昔は私もそうでした。マスコミの言う論調を信じ、いつも同じ顔ぶれのコメンテーターを信頼し、自分の投票権は正しく行使せねばと、せっせと、日曜の朝、当然のように、政治番組にチャンネルをあわせていました。
 
 いつからだったでしょう。すっかり見なくなったのは。医療問題がとりあげられるたびに、常に、現場とは完全に乖離(かいり)したことが延々と述べられ、私ごときでも、マスコミって、まったく信用ならないわ!と思い始めたのです。開業医なんて、皆さんは儲かるくらいにお考えでしょうが、政府フランチャイズ店長みたいなもので、先進国一安い診療報酬で、ありとあらゆる義務を課せられています(またこれは別の機会に書くとして)

 今朝は、名古屋市長になられた河村たかしさんが出ていたので、つい、そのまま政治番組を見てしまいました。彼も、市長になったものの、既得権益にまみれた議員が構成する議会の抵抗に、なかなか思うような改革が進まないようで、大変なんだな~。

 河村さんが終わって、そのあと、賃金格差のことが話されていて、日本は、男女の賃金格差が大、正規社員と非正規社員の格差も大、それを是正しようと労働組合ががんばっていました。
c0219595_23105369.jpg

 なるほど、それは、正論です。同じ労働をしても、賃金がまったく違うというのでは、安い方にしてみたら、かないませんわね。当然闘争しますよね。

 でも、なんかしっくり来ないのは、現在のように、デフレで、痛々しいほどにすべてが安く買い叩かれ、小さな企業が利益を出すことが、本当に難しい時代に、そこだけ言っても始まらないんじゃないかな、って感じるからです。(でっかい企業は、政治に守られたりもしてるみたいなのでわかりませんけど。)毎年値上げありきの社会保険料、税金・・・それにもかかわらず、正社員の待遇は、法律でどんどん良いほうに定められていく。ひたすら、経営者は義務のみ課せら続けば、どっかにひずみもいくでしょう

 だから、そのひずみであると思う賃金格差の部分を改善するには、まず、社会保険料を安くしたり、政府が事業者に課してきた重たいハードルを何とかしないといけないと思うんですけど。すべてきっちり守って、収支バランスもちゃんとできて・・・、みたいなことはそう簡単に民間企業では難しいと思います。法律で色んな規制を作っても、おおもとの経営が立ち行かなくなると、またたくさんの失業者があふれます。インプットがかなり厳しい分、政府が何かしら手を打たないと、賃金格差もなくならないのでは、と思うのです。収支バランスが破綻しますからね。

例によって、まったく、そういうことは、微塵も議論に出てきません。

 風が吹けば桶屋が儲かるって、すべては、複雑に入り組んで、原因と結果があるわけですから、もう少し全体を俯瞰(ふかん)して、大人の論議してほしいな、とため息。そこだけ決まりでしばっても、また、他のところにひずみが出るだけでは?
 
 やっぱ、見るんじゃなかったわ。精神衛生上悪いね。単純にAだったらBみたいな論議なら、偉い人がわざわざ出てくることないじゃん。

 今日は曇り。気を取り直して、山とたまっている家事にいそしみましょう。あーあ!


面白ブログランキング。投票クリックよろしく
人気ブログランキングへ


うらかわ歯科のホームページ
シルバークレーの贈り物ブランチアンドリーフ
 

by urakawasika | 2010-03-14 23:20 | 社会 | Comments(0)