タグ:医療崩壊 ( 2 ) タグの人気記事   

診療報酬改定、官僚の奴隷のような私たち!   

 「歯科は、値上げされたんでしょう!よかったね。少し経営が楽になるね。」

と、3月の終わりに、一部上場企業のOLをしている友人から電話をいただきました。
私は、はーっとため息。
彼女は、たいした休みのひとつもとれない歯科業界の現状を,かねがね私から聞かされているので、こういう電話をしてくれたのでしょうけど、
実は、歯科の一般の診療所の診療報酬は下がりました。

歯科医になって、真っ先に驚いたのは、私たちの技術に対する国が定めた値段があまりに安いこと。

 抜歯はどうでしょう。説明から、止血、リスクに対する責任。すべて込みで2500円(窓口料金はもっと安いですよね)
麻酔注射は歯科医院持ち出し。所要時間は、ぜ~んぶ込みで40分くらいでしょうか。もっとかかることもありますよ。エステなら、これって、おためし価格になりませんか。

銀歯の型をとるような治療も、麻酔や説明はこちらの持ち出しで、虫歯を削って、深いところを高い材料で保護して、銀歯がひずまないようなうまい形に削っていくところまでが、1200円。これは30年間普遍。(卵より物価の優等生・・とほほ)・・・型とり、かみ合わせの記録、賞味740円
あとは、歯に仮の詰め物をして、とった型にうまく、石膏を流して、それが固まったら、型から石膏をはずして、模型をきれいに処理して、技工士さんにどういうものを作ってほしいか、書類をつくりってお願いする。

この一連の付属する作業はただ。全部入れると一時間はかかるのではないでしょうか・・・。

 私たちは、どんなに赤字になろうが、官僚が、胸先三寸で決めた料金しかいただけません。もちろん、経済アナリスト的なところがやるような、原価計算などされようはずもなく、官僚が、適当に決めているみたいです。

 そして、このたびも、このしょっちゅう日々行われる治療は、何十年も据え置き。何かが、10円あがったとか、下がったとか、適当な数字いじりをして、結局また現場は減収でした。

 そして、2年ごとにころころかわるルールに、診療のほかに、さまざまな事務仕事は膨大になり、仕事が終わると、もうみんなくたくたです。

 みなさん、誰かの歯を2500円で一時間かけて抜歯したいですか?
治療に使う専用の椅子は400万円、器具は事前にすべて滅菌・・・・抜歯はなかなか高度な技術ですよ。
前出の友達が、「あたし、そんなばからしいことやりたくないなあ!」
と言いました。

 おかげで、歯科医療にかかわっている人の多くは、社会保険もなく、退職金もなく、週休二日でもなく、過酷な条件で働いています。もちろん、勤務医の給与などは、400万円あればいとこですね。

 でも、知られてないんです。マスコミが、政府が診療報酬が上がった、と言えば、翌日、上がった、とニュースで流すだけなので、どんなに、下がっても、その事実は伝えられません。今回は下がった、という年などは、医療を、素うどんの値段かなんかと間違ってるんでは?みたいな、世界になります。小泉さんの時代に、やれば、こちらが手出し、みたいな治療が、どれだけふえたことか・・・

 当医院も、残念ながら、保険診療は赤字です。
 患者さんもスタッフも幸せになれるように、一生懸命みんなで努力して、保険診療のレベルも落とさずに、スタッフには、何とか社会保険にも入って、退職金もつみたてて・・・とない知恵しぼっておりますが、診療報酬に反比例して、社会保険料は右肩上がり・・歯科医療に携わっている人たちは、責任のある仕事の割りに、どうなんでしょうか。仕事自体はとってもすきなんですが・・・

 アメリカ政府はあるとき、こんな宣伝をしました。
軍隊の死亡率は、一般社会より低い・・・・
これは、死亡率の低い若者の集団と、老人が含まれる一般の集団を比べて、上手に数字をはじき出したのです。
 歯科医になって、政府というか、官僚たちのやり口の限りを見てきているので、私は政府発表の数字などはあまり信じません。こういう数字を出してきて、今度は国民をどういう方向へ向かわせたいのかな?と思います。

 私たち国民はというと、高い保険料を払って、まともな医療が保険では受けられなくなる方向に、どんどん向かっています。
 医者はもうかっている神話の裏で、本当に、国民の医療をめちゃくちゃにする政策がどんどん進行していることを、本当に憂いています。

 ☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ


うらかわ歯科のホームページ
シルバークレイの贈り物、大切な人へのプレゼントブランチアンドリーフ
 

by urakawasika | 2010-04-02 00:14 | 医療人ねた | Comments(11)

「三流になった日本の医療」 当直明け日勤、これ常識!   

c0219595_025993.gif 
また先日も、患者さんたらいまわしニュースが流れました。私は、は~とため息。キャスターは、一刀両断に、病院を非難。でも、悪いのは本当に病院なの?
 昔、さち先生は、山口大学の口腔外科に勤めていたので、内情がよくわかります。20年近く前の状況もひどかったけど、さらに、最近はひどくなったようです。


 現場の医者は、病棟の患者さんを担当していると、盆も正月もありません。夜遅くまでステーションにつめていて、やっと終わったかな、と思う頃に、緊急患者さんが運ばれてきて、当直医のお手伝い。そのまま当直状態に入ることもしばしば。家で寝ている新米ドクターをたたき起こすこともあります。
 労働基準法というのは、医者は除外と書いてあるようです。(はは・・)
 でも、あの頃私の月給は15万円でした。もちろん、ボーナスも退職金もありません。
 助手クラスの先生でも、口腔外科はせいぜい、年収600万前後くらいじゃないかったかな~。

 私が安月給で、休む暇なく働いても、山口大学病院は儲かっていたかというと、答えはノー!毎年1億円の赤字を出して、節約節約です。
なぜか?なぜか???一番の根源は、そう、治療費の価格が考えられないほど安いのです。

 盲腸で入院 2泊3日の場合
サンフランシスコ 2,199,000円 ニューヨーク 1.900.000円
ロンドン       1.330.000円        日本    300.000円
バンコク         352,000円
 物価の安いバンコクより安いとは・・まあ、これでもまだましなほうです。歯科の技術料などは、手作業、高コスト。でも、30分500円とかざらです。ただという作業もありますよ。(泣!)アメリカの20分の一より安かったりするし、歯科女医の時給も中州(博多のネオン街ですが)の姉さんとどっこいかな~・・・(失礼)
c0219595_9472163.gif

 内館牧子さんのドラマで、女医さんが登場して、「昨日当直だったから、今日は非番なの~」
というのがあって、「ありえな~~~い!」とのけぞりました。
 とにかく、現場はぎりぎりです。マスコミが伝えないので、一般の人は知るわけがありません。それでいて、患者さんの医療に対する要求は、右肩上がり。私も人のことは言えません。
さて、ここで、出ましたよ。良書が!「三流になった日本の医療」若倉雅登 PHP
 若倉先生は、眼科医ですが、よくぞ書いてくれた、という本を出しました。(盲腸の比較も実はここからのぱくりです)
もうかなり、崩壊状態ですが、完全に崩壊する前に、なんとかしたほうがいいと思うのです・・だって、これは、病気になったら、明日はわが身にふりかかる危機なんですもの。本当のことを知ったら、もう、ガリ勉して、医者になる人減ると思いますよ~。やってられ~ん、とか言って。

「三流になった日本の医療」若倉雅登 PHP
人気ブログランキングへ
うらかわ歯科のホームページ

ブランチアンドリーフ

by urakawasika | 2010-01-29 00:12 | 医療人ねた | Comments(2)