タグ:天才の好み ( 1 ) タグの人気記事   

定説、天才たちの好み ~春樹と龍一~   

 先日イスラエルの文学賞を取ったりした、かの有名な作家の村上春樹さんですが、何を隠そう、さち先生は大ファンなのでした。遅咲きのファンで、5~6年前から読み出して、一気にハルキ中毒となってしまいました。「ノルーウェイの森」から、最近の「1Q84」 、世界中でメガヒット連発。天才の名をほしいままにしています。・・・

c0219595_12352994.jpg
 あまりにおもしろくて、彼の大作をすぐに読みつくして、次が出るのが待てないさち先生・・・、しかたないので、翻訳家としても活躍している彼が、情熱を傾けて、日本の読者に読んでほしい、といって、翻訳した作品に手をつけました。
  ところがです。私にはさっぱりわかりません。えっと、どこが面白いのだろう・・・、すみません、解説して~・・・状態。大好きなハルキ先生と同じ感性がない、ということにかなり、ショックを受けて、もんもんとしているところに、大いなる発見をしました。
 ある日、爆笑問題のお二人が司会する、とある番組に世界の音楽家、坂本龍一さんが出演しておられました。そして、サザンオールスター、いわゆるサザンのことを、「どこがいいのかわからないんだよね」・・・・とのたまい、それだけではなく、みんなが好き、といっている人気アーチストのことごとくをさして、「わからないんだよね~」の連発。司会の太田と田中の二人は、ちょっとむっとして、「じゃあどんなのがお好きなんですか?」と坂本さんにつめよりました。すると、坂本さんは、誰も知ることのないような、マニアックなジャンルのものを出してきて、司会の二人は、怪訝な顔・・・とうとう、番組の最後まで、天才坂本と、爆笑問題は平行線のまんまでした。

 c0219595_12362648.jpg私はそれを見てやっと理解しました。
天才の趣味はまったく凡人とは違うのだということを・・・天才は大衆の多くをひきつける作品をバンバン作っちゃうのですが、その作品のいしづえにあるのは、大衆にはちょっと理解できない深いなぞめいたコンテンツ。趣味があまりにマニアック。天才の好みは、私たちとはかけ離れているのです。

 これは、もしかしたら、世の”定説”原理原則ではないのだろうか。 ・・・
だから、凡人の私が、ハルキ先生の趣味をまったく理解できなくても、当然の摂理、何の問題もないのです!ふむふむ・・・

自分の理解力を棚に上げ、新しい、定説を発見して、あっという間に立ち直ってしまったわたくしでございました。。めでたしめでたし!


うらかわ歯科のホームページ

ブランチアンドリーフ

by urakawasika | 2009-11-09 12:14 | Comments(0)