タグ:福岡市 ( 2 ) タグの人気記事   

断捨離! 苦手です   

  断捨離・・・とても苦手です。あとで使うかも、と思うし、そうそう何でも捨てりゃいいってもんじゃないよな、と思う私です。

それでも、今年の夏休みは、断捨離頑張ろうと思います。
 少しずつやろう、と思い、時間のある時に、場所を決めて、荷物を減らしておりますが、なんかね~、思い出の品が出てくるんですよ。
 若かりし日は、精力的に手芸をしていました。そのため、やれ刺繍だの、ソーイングだの、造花造りだの、たくさん、趣味のお道具が出てきました。

 こういうのって、けっこうたくさん投資もしてしまったし、処分するのに勇気がいります。
 そのうえ、手芸のテキストもたくさんです。作品がたくさん載ってるこういう本は、見ているだけで楽しくて、絶対使わない、とわかっていても、なかなか捨てられません。
うっかりすると、断捨離の時間は、読書タイムになり、何しているのかわからなくなります。

 こんな時、手作りのお洋服を時々着てこられる、患者さんの若いお嬢さんに話を振ったら、子供服の手芸本が欲しい、と言ってくださいました。さっそく、7~8冊まとめてさしあげることができました。
 
 なんか、子猫のもらい先が決まったような気持ち。物といっても、自分の人生の時間を共有してくれたものは、ただの物というわけではなく、自分の過去の時間もその上に乗っかっているんだな、とあらためて感じます。

 私の子猫ちゃんたち、しっかりもらってくださった方が活用してくれたら、なんという幸せ。でも、もし、いらなくなってぽいと捨てられていたとしても、活用してくれてるだろうな、と思えるだけ、なんか幸せ。

 そういえば、昔猫を飼っていました。子供が生まれる前に死んでしまいました。猫がいなくなってみると、また、こんな別れを経験するんだったら、もう飼うのをやめよう、と思って、今にいたります。もちろん、猫を世話する時間的余裕がなくなってしまったのも手伝っていたけれど。

 もう、色々買いこむのはやめよう。そうそう”私の子猫ちゃん”をもらってくださる方は出てこないし・・・探すのも手間だし・・だからといって、捨てるのもかわいそう。

メルカリ・・・? そうですね~。今時の方は、メルカリでしっかり誰かにお譲りするのかもしれませんね。でも、送料、梱包・・考えると・・・これもね~。けっこう手間なんですよ。
 
物がないとこから始まって、何でも欲しかった昭和の時代を経て、断捨離なんて言ってる日本の国民は、ほんとに幸せですよね。断捨離しながら、感謝、感謝、神様に感謝。
結局そういうところにいきつきました。




福岡市早良区西新、百道、百道浜、矯正歯科、歯科、審美歯科 


by urakawasika | 2018-07-18 11:16 | さち先生ブログ | Comments(0)

今時の男子の女子力   

  先日、大学の水泳部の同窓会に行って参りました。
 わが母校は、九州歯科大学体育学部と言われるほど、運動部が熱血で、まるで、中学か高校の運動部のように、どの運動部も、マジに練習してました。
私も、当時、バブル絶頂に達する華やかなりし頃、女子大生ブームの渦中にいる、他大学の同級生を横目に、毎日、真っ黒に日焼けしながら練習の日々を送っていました。ついでに言うと、高校生のようなカリキュラムに実習。あーほんとに、律儀な毎日でしたよね。水泳の練習は、途中から室内プールになったので、真っ黒はさけられたものの、塩素で髪はぼさぼさ、帰ったらばたんキュー。

 でもまあ、おかげで、その後、診療に必要な体力はつけていただきました。
c0219595_11264244.jpg

 さて、OB会の後輩達を見回してみたら、今では、週に3回だけの練習になり、ちょっと同好会ムードになっています。今や歯科大学の半数を占めるに至った、女子学生も、顔が小顔でかわいらしい! 青春してるな~と、ほほえましく感じます。

 さて、彼らを、3次会に、フルーツと決めて、先輩OBが引き連れていったら、かわいい男子生徒も混じっていました。

 ちょこんと円卓を囲む彼は、色白で女子力が高そう。気配りできて、でしゃばらず、やさしくほほえんでいます。たくさん残ったフルーツを、私が

「若いんだもの、焼き肉食べ放題とか行ったら、店をつぶすほど食べるんでしょ!」

なんて言いながら、彼に回してあげたら、
「ぼく、そんなに食べません。」

と上品にのたまう。

 そういえば、次期キャプテンも女性だといってたっけ。

 私たちが現役部員の時代なら、なんか、こうはいかないな~。男の先輩部員は、食べるし飲むし豪傑だらけ。おまけに、お酒が入ると女子部員の前で、平気で脱いだり、どうにかしてくれ~って輩がいっぱい。ほんとに、月日は色んなことをかえてしまうのね。

  思えば、以前うちにいた男の先生方も、女子力が高かったことを思い出します。弁当男子もいました。今では、その女子力をいかして、とっても良いデンティストになって、開業してがんばっておりますが、ちょっとしたカルチャーショックを感じた物です。

 振り返れば、私の若い頃も、すでに男女平等と普通に言われてはいましたが、いま考えれば、今よりぜんぜん雰囲気が違ったのでしょうね。

 ちょっと、元気な女子とけっこう女子力の高い男子が、いっしょに先頭でがんばっていってる。なんだか、そういう図が目に浮かび、隔たった月日を感じてしまいました。
夜になって、家に帰って見回すと、ぜんぜん女子力のないわが夫がおりまして・・・う~ん。我が息子は、是非、女子力を高めたいものだ、と思ってしまうのでした。


 

by urakawasika | 2015-09-12 11:22 | 社会 | Comments(0)