タグ:西新 ( 3 ) タグの人気記事   

ブログをさぼってたら、すっかり春!   

 
c0219595_11202796.jpg
 (桜の写真はむつかしいね~。)
月曜日、出勤したら、駐車場の横の桜が見事に咲いていました。そうか~。もうそういう時期か~。私はため息をつきます。

 昔は、いつも、誰かに送り出してもらってました。卒業、入学、就職、結婚、転居・・・。この時期は、人生が、出発地点から遠い方向へ、どんどん進んでいることをつきつけられます。

 毎日同じようなところで足踏みしていると思ったら、なんとまあ、さらに遠くへ来てる・・・そんな感じです。

 でも、いつの頃からか、私は、いつも誰かを送り出す側にいました。いつからなんでしょう・・・・今年も、何ヶ月もかかって矯正を終えた若い方を、遠くの大学へ送り出し、転勤の家族にお別れしたり、あわただしく、別れがやってきました。

 おまけに、今年は、娘が家を出て独立します。

 子どもを育ててみて思うのは、生きる力って、勉強だけさせてても絶対つかないな、ということです。
 自分の暮らしを、自分でしっかり営んでみる。食事を作る、掃除をする。ゴミ出しや、数限りないちょっとした家事や、身の回りの細々したことを、ちゃんと自分でやってみることで、地に足がついた考え方ができるように思います。まわりのこともしっかり見えてくる。

 残念ながら、まったくそのあたりは、娘に教育できてない、とほほの母親です。でも、考えてみれば、私自身も、あの時代ぜんぜんそういうことができてなくて、大学で一人暮らしをして、初めて、ちょっとは大人になったような気がします。
 第一、食費を浮かせるために、あれこれ工夫しているうちに、気がつけば、きらいな物が食べられるようになってました。

 今となっては、すっかり忘れているけれど、あの頃の自分って、どんなんだったんでしょう。今の自分が見たら、おいおい、なんとかしようよ・・・と、目を覆いたくなるものかもしれませんね。

 でも、幸い、すっかり忘れ去ってしまってますから、私は、娘に偉そうな教訓を平気でたれたりしてます。
 誰もが来た道とは思えども、すっかり送る方に回った今では、少しでも、上手に通ってほしい、と思わずにはいられません。
 そして、この年になると、そんなこんなしているうちに、やがて最後は、自分もこの世から、送られて去る身になるちっぽけな人間であるということに、ふと寂しさを覚えます。
 散る時を惜しむ桜、桜の薄紅色は、毎年毎年、心を揺らしますね~。

by urakawasika | 2018-03-28 11:12 | 季節 | Comments(0)

「ありがとう」「すみません」言おう、キャンペーン希望   

昔より、ありがとうとか、すみませんとか、言ってもらえる回数が減った気がします。
立て続けにこんなことを体験します。

ある日、前を歩く高校生が落とし物をしたので、すかさず拾ってさしあげたら、
「あ」
と、言って行ってしまいました。

ある人に、たのまれていたある物を送って差し上げたら、やっぱり、うんともすんともない。

自転車が後ろから来て、もう少しでぶつかりそうになって、思わずよけました。自転車の彼は、私をじろっと見て通り過ぎていきました。

我が家の前で、接触事故があって、警察がやってきて、我が家の駐車場に何も言わずに車を停めて事故処理をしてました。私、そばにいますけど~・・・

自転車の親子連れのお子さんの自転車が、ころんでしまったので、駆け寄って、おこしてあげたけど、ママは、知らん顔で行ってしまいました。

やれやれ・・・・なんか疲れますね。「ありがとう」も、「すみません」も、言うだけは、ただ! だから、言えばいいのにな~。

前述の高校生の時は、振り向きざまに、きっと「ありがとう」と言うだろうと、疑いもしなかったので、こっちも、満面の笑顔で、
「落としましたよ。」

と声かけました。

私の笑顔だけが、宙を舞って、行き場をなくしていたっけね~。

こういう時って、こっちの気分も、とってもマイナスになって、その後の活動に影を落としたりします。そこで、ちょっと、ありがとう、とか、すみません、とか言って下されば、むしろ、良い気分が心をしめて、
「いやいや、こちらこそ。」
って感じになるんですけどね。

最近は、こういう気分の悪い対応は、もはやあたりまえ、と思うくらいにしてないと、こっちまで、気分的にまきこまれてしまいます。

昔も、こういうことはあったけど、確実に確率が上がってる。昔は、何も言わない、というのが、時々。今は、「ありがとう」、「すみません」、を言われるのが、時々。になってしまったようです。

 なんか、疲れますけど、自分は、ちゃんと言おう、子どもはちゃんと言える子にしつけよう。・・・スタッフも、言えない子が入ったら、ちゃんと言えるようにアドバイスしよう。
と思います。
ありがとう、すみません。心のこもった言葉は不思議です。それだけに終わりません。言葉は、花束のように、もらった人はとてもうきうき活力をもらいます。生きていく限り、言葉の花束をたくさんの人にさしあげたい、と思います。

交通安全キャンペーンみたいに、「ありがとう」「すみません」を言おうキャンペーン、国をあげてしたらどうなか~と思います。もはや、あたりまえとはいかなくなってる世の中です。



by urakawasika | 2017-06-17 15:54 | 社会 | Comments(2)

サザエさん通りにあるうらかわ歯科   

  うらかわ歯科医院があったあたりは、まさにサザエさんの作者、長谷川まち子さんが暮らしていたところだそうです。
うらかわ歯科の眼下には、いつの頃か、サザエさんの碑なるものができ、この頃、うらかわ歯科を囲むストリートは「サザエさん通り」と名前を変えたようです。

 うらかわ歯科医院は、「サザエさんの碑」をめざして来ていただくといいというわけです。いや、まだ、そこまで認知度が高くないかな~・・・

 さて、サザエさんは、さち先生の子どもの頃からずっと続くアニメ番組です。日曜日の7時くらいから、30分放送されていました。(たぶん今もそのあたり?)だいたい日曜の夕食を囲むあたりの時間帯で、そろそろ、明日の学校や仕事を意識しなければならない精神状態になっている頃です。

 もちろん、さち先生も、あ、また学校だ~、とか、ある時はかなりブルーな思いで見ていたのを覚えています。

 でも、これは、私だけじゃなかったようで、そういう心情を「サザエさん症候群」と銘打った人がいて、いたく感心したものです。

 それに比べると、土曜日は地獄から天国。私が子どもの頃は、土曜日の夜は、家族で「8時だよ全員集合」という、伝説番組があっていて、志村ケンさんをはじめ、ドリフターズのメンバーが、子どもが喜びそうなお笑いを提供していました。それを見る楽しさといったらなかったです。なんせ、明日は日曜日、寝坊し放題、学校に行かなくてもいい・・・そういう開放感が、番組のおもしろさとあいまって、「8時だよ全員集合」には、幸せな記憶がはりつけられています。

 とは言っても、もう、ドリフターズのメンバーも多くが亡くなって、その話を若いスタッフにしても、「??」となるだけになりました。

 でも、先のサザエさんは、アニメなので、メンバーの交代もなく、すさまじい長寿番組として、みんな知っています。内容は微妙に変遷すれども、番組の底にある色みたいなものは、かえないで、作者亡き後も、まるで、永遠に続くかのごとく毎週日曜日のゴールデンタイムに、日本中に流れます。時代がココまで変わると、気づかれないように、そっとそっと変化させていってる制作者の苦労が伝わってきますが。

 いその家のメンバーはみんな海産物の名前がついています。でも、あまりにも、サザエさん一家が定着してしまったので、時々海産物の名前とは別に、れっきとしたキャラクター名に昇格してしまって、もとの海産物を忘れてしまいます。未だに着物ですごしてるお母さんは、もう絶滅してしまった人種ですが、アニメを見てると、なんだか、まわりにいそうな気がしてきます。
 日曜日、明日は仕事だ~、とプレッシャーがかかりながら、それでも、平和な日常がいとおしい・・・サザエさんは、平和な日常のシンボルでもあるのでしょう。

 先日いただいたサザエさんグッズに、しばし、ぼーっと、サザエさんを一考してしまいました。

 


☆面白ブログランキング。投票クリックよろしく☆
人気ブログランキングへ

うらかわ歯科 小児歯科

by urakawasika | 2012-06-29 16:03 | 福岡散歩 | Comments(0)